<   2010年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 31日
Καλυψώ
a0137643_304585.jpg
3月が終わるということは、
もうすぐ2月が終わって1ヶ月経つということだけど、
なんだかそのことが信じられません。
時間の経ち方ってどうしてこんなに不思議なんだろ。


今日はロブソンストリートにあるギリシャ料理屋さんでディナー。
a0137643_331338.jpg
Kalypso ; 200-1025 Robson Street, Vancouver
a0137643_371752.jpg
a0137643_332584.jpg
ディナーです。ディナー。
でもサマータイムでおもてが明る過ぎるせいでちっとも夕飯気分になりません。
おかげでここのところ、お腹の空き具合がいつも中途半端です。
女の子4人、アペタイザーを幾つか注文してつつき合いました。

どうやら私たちの食欲は、
自分らで自覚している以上に太陽に左右されているのだと思いました。
a0137643_372968.jpg
よく行くグリークレストランに比べるとお値段が高めです。I prefer Stepho's!!


店を出てテクテク30分くらいイングリッシュベイまでお散歩しました。

途中休憩。
a0137643_3161739.jpg

そして到着。
a0137643_31641100.jpg
ビーチの手前に見慣れぬ像たちを発見しました。
聞けば去年末あたりからいるらしいです。
a0137643_3184445.jpg
Yue Minjun というアーティストの作品で、タイトルは "A-maze-ing Laughter" 。
彼らの笑顔・・・どこかで見覚えが・・・。

もしかして去年、香港帰りに彼が買ってきたあのポスターと同じ作者でしょうか?
ほら、同じほがらかさです。
a0137643_327924.jpg
しばし彼らと戯れて、
我々のテンションも右肩上がりでした。
思うに、楽しそうに笑っている人々と一緒にいると人はつられて幸福になるのです。
幸福になるということは案外たやすいことなのです。
a0137643_3393978.jpg
a0137643_339509.jpg
ロマンチックを求めて砂浜に腰掛けているカップル達に恐らく迷惑がられつつ、
暮れてゆく日に照らされてはしゃぎ散らかして来ました。
a0137643_3454295.jpg
 
a0137643_346955.jpg
a0137643_3523281.jpg


宣誓。何歳になろうとも、私たちはきっとこのままです。
ごめんなさい。
a0137643_3455736.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-03-31 00:00 | 日記
2010年 03月 29日
Jai Guru De Va Om
a0137643_12322043.jpg
植物につけられた名前って時々不思議だったり時々かわいらしかったりしますが、
いったい誰がどんな風に思いついているのでしょーか。
キャットニップだとか、くじゃくサボテンだとか、キツネノマゴだとか。
ちなみに“モンキーパズルツリー” はこちら。↓
a0137643_1236631.jpg

ここのところあまりお天気が良くないけれど、
放課後少しだけ晴れ間が見えた隙に、クイーンエリザベスパークへ連れてってもらいました。
栗鼠をたくさん見かけました。
a0137643_14582139.jpg
a0137643_1243453.jpg
こないだ来た時は日本に帰ってしまう友達と一緒で、
あれはオリンピックが終わりかけてた頃のことでした。

2月は本当にいろんな出来事があって、いろんな出会いがあって、
とても幸せな月でした。
こののんびりとしたバンクーバーに人が溢れ返っていたし、
ダウンタウンのどこを歩いていてもまるでパレードの真っ只中でした。


まだ1ヶ月ぐらいしか経ってないのに遠い昔みたいに感じます。



お腹がとても空いたのでバーナビーまで行き Fish and Chips を食べることにしました。
『COCKENY KING』 ; 6500 Hastings St. Burnaby
a0137643_139874.jpg
Fish & Chips で有名なお店というだけあって他のメニューがありません。
月火水曜日は "All you can eat" です。店内は古き良きイギリスな雰囲気。
a0137643_1313439.jpg
a0137643_13131431.jpg
Fish & Chips なんてどこも同じでしょ、
と思う方も多いかもしれませんが全然そうではありません。

衣がさくさくだし、お魚はジューシーだし、
なんなんだこれは!!!!という感じでした。
そんじょそこらの Fish & Chips を食べることはもう出来ないような気すらします。どうしよう。


すっかり空腹が満たされた幸福な私達はそのままエリックの家に帰り、
その英国名物 Fish & Chips の影響かどうか、
DVD 『Across The Universe』 を観賞したのでした。
a0137643_1521043.jpg
ビートルズの楽曲を33曲使ったジュークボックスミュージカル映画です。

ヒッピームーブメント、ベトナム戦争、1960年代のニューヨーク、
それからボーイミーツガールと友情と青春と芸術がごったがえしたセンスの良い映画でした。
映画と言うよりは、ミュージッククリップ集みたいだったかな?
a0137643_15285147.jpg
a0137643_1529696.jpg
a0137643_1529338.jpg
a0137643_1529481.jpg
a0137643_1530230.jpg
a0137643_15303232.jpg
a0137643_15305787.jpg
a0137643_15311248.jpg
ビートルズにはそんなに詳しくない私でも思わずニヤリとなるような小ネタが散りばめられていて、
「ああこの台詞ってあの歌詞だよね?」
「この展開ってもしかしてあのエピソード?」
って、気づくとなんだか嬉しいです。

それから今さらだけどやっぱり素晴らしい曲がたくさんあるなぁ、ということに、
シンプルに感動を覚えます。


映画の後でエリックがビートルズをおもむろに口ずさみ始めました。

1曲目、「あ、私もその曲好きー」みたいな感じで楽しく聴く。
2曲目、「その曲も知ってる知ってる」と、とりあえず聴き続ける。
そして3曲、4曲、ノドを震わせての熱唱が止まない友人。

まさか・・・と思いつつ邪魔せず聴くこと数分。

結局、彼が空で歌えるビートルズの歌を全部歌い切る、
というわけのわからないリサイタルにいつの間にか付き合っていました。

途中 「もし歌詞知ってるなら一緒に歌っていいんだよ。」
というこれまたわけのわからない許可をもらったのですが、
歌詞カードを見ずに歌えるような曲はほんの2曲しかないし、
そんな歌に限ってエリックは歌わないし。

まぁいいか。
ビートルズ曰く 「愛こそはすべて。」 なのです。

Limitless, undying love
Which shines around me like a million suns
And calls me on and on
Across the universe
a0137643_15555753.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-03-29 00:00 | 映画
2010年 03月 28日
Baileys in coffee
a0137643_10511340.jpg
バンクーバーに冬が戻ってきたようで最近はちょっと寒いです。
2月のあの暖かさはなんだったのかしらいったい。

ところでヤムフライってどうして日本で売っていないんでしょう。

ヤムってオレンジ色をしていてちょっとサツマイモみたいに甘い芋なのですが、
これを揚げた “ヤムフライ” なるものが私は大好きです。
ファーストフード店でもスポーツバーでもカフェでもパブでもよく目にします。
でも日本にはなんでないんだろう。
日本で売ったら絶対にヒットすると思いますが、気候や土壌の関係でヤムが育ちにくいのでしょうか。
a0137643_10573129.jpg
a0137643_10574084.jpg
今朝も頑張って早起きをしてちょっとした用事を片付け、
ブランチにはヤムフライを山盛り食べました。
食べ切れなかった友達の分まで食べました。

ジョニーに会う時はいつも寝不足のため、Sleepy girl と呼ばれています。
喋りながらいつの間にかうたた寝してました。



いったん家に帰って宿題を片付け、夕方はもうすぐバンフに旅立つ友達とカフェへ。
Coo Coo Coffee ; 477 Davie Street, Vancouver
a0137643_1165037.jpg
こないだ私の働くレストランにお客さんで来てくれた女の子の働くカフェでした。
アップルパイがものすごーーーーーーく美味しくて本当に感激しました。
しかもそのくせ、お店で一番の人気はチーズケーキらしいです。

私が行ったのが夕方だったので既に売り切れていましたが、
あんなに美味しいアップルパイを差し置いて一番人気のチーズケーキなんて、とても気になります・・・。
a0137643_11111887.jpg
a0137643_11112780.jpg
カフェモカにはチョコ味のホイップがもりもりです。



7時を過ぎてもまだ明るい夜の中イエールタウンまで足を伸ばし、
The Yaletown Brewing Company へ。
a0137643_11142985.jpg
1116 Hamilton street, Vancouver

ピザが美味しいパブレストランです。
広い店内のキッチン前は言葉に出来ないぐらい良い匂いが漂っています。うっとり!
イエールタウンは小洒落て高いお店が多いイメージですが、
毎週日曜日のみ、どのピザも$8で食べれるのでかなりオススメです。(通常は$15前後)
a0137643_1118348.jpg
もちろんピザ以外のメニューもオススメ。
今夜私達が注文したのは、BLT salad と DUCK pizza, SHRIMP pizza です。
アルコールの種類も豊富なのでお酒に強い人ならきっと楽しいと思います。

お酒に弱い私も、この夜は少し酔っ払ってとても良い気分でした。

どうしてかと言うとこの日たまたま頼んだドリンクの味が、
日本にいた頃に時々恋人が作ってくれたコーヒーの味とそっくりだったからです。
懐かしかった。

ただ名前が可愛かったからなんとなく注文したお酒。
“A FEW OF MY FAVORITE THINGS' COFFEE”
a0137643_11501961.jpg
a0137643_11245249.jpg
a0137643_1125711.jpg
嗅覚や味覚の記憶している思い出って、
本当に見事に人を過去に連れていくといつも感心します。
望んでも、望まなくても。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-03-28 00:00 | 日記
2010年 03月 27日
KEEP - EATING WEEKEND
a0137643_9505336.jpg
早起きは三文のトクという諺がありますが、
『得』 『徳』 どちらが正しいか皆様ご存知でしょーか。

なんだかいろんな説があるようで、
調べた限りどちらが正解でどちらが間違いと一概には言えないみたいです。
私はと言うと両方の解説にそれぞれ納得できてしまうので、
個人レベルで言えばまぁどちらでも構いません。


そんなわけで深夜までのバイト明け、
早起きをして飲茶を食べに行って来ました。
a0137643_9534198.jpg
a0137643_954462.jpg
以前も行った、『富大鮮酒家』 ; 400-180 Keefer St. Vancouver
a0137643_9562065.jpg
ここのレストランは朝11時までに頂いたお料理は すべて半額 になります。

お得だし美味しいので友達が友達を連れて来たりして新しい友達が出来たり、
そうやって大勢でわいわい食べる朝の飲茶がすごく好きです。

家からレストランまで2キロちょっとの道のりを、
朝からジョギングして気持ちが良くなりました。
a0137643_1003674.jpg
満腹になったところで 憧れのCOSTCO へ。
605 Expo Boulevard, Vancouver

私は日本のコストコにも行ったことがないので、
もう木曜日ぐらいからわくわくしてました。ははは。
a0137643_1022938.jpg
a0137643_1023937.jpg
a0137643_1024822.jpg
天井が高くて商品がそびえてたり、なにもかもが巨大だったり、
可愛い赤ちゃんがたくさんいたり、アイスキャンディがトロピカルだったり、
そんなことでテンションが上がりつつ地味にシリアルを一箱だけ購入しました。
いつも素敵な場所に連れて来てくれるジョニーに感謝します。
a0137643_1041727.jpg
コストコでは会員証がないとお買い物が出来ないそうです。
(その代わり例えば日本のコストコの会員証を持っていれば世界中で使えます。)


さて、1.1キロのシリアルを小脇に抱えたままジョニーにお礼を告げて別れ、
次に向かうは友達の待つ BREAD GARDEN ; 812 Bute St. Vancouver
a0137643_157055.jpg
Bute 店は私がバンクーバーに来たばかりの頃にどきどきしながらマフィンを食べたカフェなので、
ダウンタウンに何店舗かある BG の中でもとりわけ思い入れがある場所なのですが、
聞くところによればカナディアンからの評判は実はあまり良くないようです。

フルーツを使ったスイーツの味が人工的だ、というのがその主な理由でした。
私はここの、駄菓子みたいな味のイチゴのスムージーが結構気に入ってますけど。


さらには今日はたまたまバイトの賄いも豪華だったし、
バイトが終わってから朝の4時過ぎまで “ミーティング” を近所のDenny's で行い、
深夜にコーラをがぶがぶ飲んだりしていたのでした。

なんて満腹ないちにち。
a0137643_10331387.jpg
a0137643_1033463.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-03-27 00:00 | 日記
2010年 03月 25日
ティアラ
a0137643_16225670.jpg
今日は学校が終わってとっとと宿題を片付け、
友達とStepho's Greek Taverna へ行きパーティをしてもらいました。
a0137643_1443998.jpg
a0137643_16245813.jpg
1124 Davie St. Vancouver

いつもはラムのスブラキを注文するのですが、たまには違うものをと思いラザニア。
大正解でした。そしてやはり量が多くて半分はお持ち帰り用に包んでもらいました。

今日集まってくれたみんなは、
バンクーバーに到着してから最初の2週間を共に過ごした大切な仲間です。
学校や仕事でそれぞれ忙しい中、ちょう久し振りに会えて本当に嬉しかったです。
どうもありがとう。
a0137643_16292454.jpg
a0137643_16293365.jpg
a0137643_16294155.jpg
バンクーバーに着いて間もない日々のことを思い出して、不思議な気持ちになりました。
あの頃よりはずっとずっとスムーズに、
お料理をオーダーしたりチップを払ったり出来るようになったね、
ちょっとは成長してるよね笑

試行錯誤だった毎日が懐かしいです。


今年もたくさんの「おめでとう」を、ありがとうございました。
特に今回の誕生日は、韓国やメキシコからもたくさんお祝いをもらっていっぱい感激しました。

秋の初めにここで出会って、しばらくして自分の国に帰ってしまった何十人もの友達。
ああでもまだあの人は私のことを覚えていてくれたんだ、
そんでもって誕生日におめでとうって言ってくれるんだ、

て、そんなことで「春の熊」みたいな気持ちになったり。
「君が大好きだよ、ミドリ」
「どれくらい好き?」
「春の熊くらい好きだよ」
「春の熊?」と緑がまた顔を上げた。「それ何よ、春の熊って?」
「春の野原を君が一人で歩いているとね、
向うからビロードみたいな毛なみの目のくりっとした可愛い子熊がやってくるんだ。
そして君にこう言うんだよ。『今日は、お嬢さん、僕と一緒に転がりっこしませんか』って言うんだ。
そして君と子熊で抱きあってクローバーの茂った丘の斜面をころころと転がって一日中遊ぶんだ」

村上春樹『ノルウェイの森 下』
a0137643_16433526.jpg
そしてもちろん、日本の友達からの「おめでとう」に、
元気や勇気やなんやかやをたっぷりと頂きました。

多謝!
[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-03-25 00:00 | 日記
2010年 03月 24日
Confection : 砂糖菓子
a0137643_15312029.jpg
レストランやカフェが立ち並んでいるデンマンストリート。

女子3人でケーキ屋さんに足を運び、
甘い甘い甘ーーい話に花を咲かせてきました。わいわい。
次から次へいろんな出来事が起こるのでいっこうに話題が尽きず、
話しても話しても足りないような気がします。
a0137643_15333721.jpg
a0137643_15334833.jpg
True Confections ; 866 Denman st. Vancouver

大きな窓辺の席に座っていたその数時間、
時々友達が前を通りかかって窓をばんばん叩いたり、叩かれたり。
そんな風にしていると、
自分もずいぶんこの街に馴染んできたもんだなぁなどと思えてきます。
もうすぐバンクーバーに来て7ヶ月。

本当にすごい早さです。
a0137643_155435.jpg
やっと日が傾きかけた頃に2人と別れていったん家に帰り、
今度はキツラノに住む友達の家へ夕飯をご馳走になりに行きました。

キツラノというのはダウンタウンからバスで10分くらい走ったところにあるエリアで、
観光客と語学学生ばかりのダウンタウンとは打って変わって、
地元民の集まるカフェやら雑貨屋さんやらが軒を連ねる素敵な場所です。

おしゃれーい。

で、キッツにある友達のお家で美味しいすき焼きを頂いたのでした。
調理っぷりを見る限り醤油も砂糖もすごい目分量だったけど、
あれでどうしてあんなに美味しくできたのでしょうか。

食べて食べてお腹いっぱいになって、
ごろごろしながら数独を解いたり猫のFONZY と戯れたりして夜が更けました。
a0137643_1625639.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-03-24 00:00 | 日記
2010年 03月 23日
THE OLD SPAGHETTI FACTORY
a0137643_10344038.jpg
ガスタウンにあるスパゲティファクトリーで、
今日はなんと全メニュー$2以下というイベントが。
a0137643_1036638.jpg
お店の前には行列が長く長く伸びていましたが、
友人が早くから並んでくれていたおかげであまり待たずに席に着くことが出来ました。
a0137643_10431913.jpg
a0137643_10432982.jpg
a0137643_10433892.jpg
53 Water Street,Vancouver

正直言ってお料理の味はそこまで好きではないのですが、
デザートのアイスはいつも美味しいです。
それからお店の雰囲気は居心地が良いです。

この日のスペシャルプライスの理由をホストの方が説明してくれたものの、
いまいちわからぬままとりあえず満腹になりました。
どうやらお店の記念日のようですが定かではありません。(英語の勉強頑張らなくては。)
サラダとコーヒーとデザートもセットで$2です。素敵です。
a0137643_1048070.jpg
a0137643_1048992.jpg
その代わりと言ってはなんだけどもし良ければドネーションしてってね。
とのことだったので、チップとドネーションも含めてとりあえず1人$5払ってお店を出ました。

帰り道、せっかくスチームクロックの前を通りかかったので記念撮影。
a0137643_10482390.jpg
それから最終バスの午前3時まで、今日はいろんなお喋りをしたのでした。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-03-23 00:00
2010年 03月 21日
Spring Equinox Day : 春分の日
a0137643_9144580.jpg
暦の上ではもう春です。
春がきた
春がきた

バンクーバーの春は、太陽がいつまでも沈みません。
夜の8時でもまだやっと夕暮れ時みたいに空が明るくて、
夕飯を食べるタイミングがつかめません。
お腹が空いたのか空いてないのか自分でもよくわからなくなります。


ところで去年の今日は私にとって大事件でした。

大きくて、深くて、果てがなくて、真っ暗だったし真っ白でした。
こんな下手クソな謎々みたいな表現しか思いつかなくてもどかしいけれど、
ほんとうにそうでした。

去年の今日、私は巨大な穴の中に落っこちた。

それで今はカナダにひとりでいます。
あの日の出来事はなぜか知らないけどとても怖い記憶として残っています。
思い出すとまだ今でも怖いし苦しいぐらいです。
でももう1年たったんだ。1年たったのです。1年。1年かー。



泣くのは嫌だ 
笑っちゃお 

進め
a0137643_10147.jpg
a0137643_1011386.jpg
EBIS on Robson : 827 Bute St. Vancouver
a0137643_1012278.jpg
a0137643_1013965.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-03-21 00:00 | 日記
2010年 03月 18日
Paralympic Games
a0137643_732547.jpg
せっかくバンクーバーにいるので、
パラリンピックの車椅子カーリングというやつを観戦しに行きました。
a0137643_7333994.jpg
a0137643_7335532.jpg
オリンピックでは自分自身が働いていたため、
試合を楽しむ機会を作れずに終わってしまいました・・・が、
パラリンピックの場合はチケットを手に入れるのも比較的簡単なので、
放課後突如思い立ってチケットボックスに行き、そのままスタジアムへ。 
a0137643_7411767.jpg
a0137643_7371489.jpg
「にっぽんチャチャチャ」やってきましたよー。
a0137643_7412754.jpg
どのユニフォームが日本チームなのかいまいちわからず、
ルール自体も実はいまいちわからず、
でもそんな状態だったけれど最終的にはとても満たされた気持ちになっていました。
a0137643_7413644.jpg
それは最後の最後、カナダ対イタリアのラストショットの時のことです。

サークルのど真ん中にカナダのストーンがあり、
誰もがカナダの勝利を確信していたと思います。
「LET'S GO CANADA!!!」
のコールと、終わらないウェーブ。

ところがところが。
そんなカナディアンの昂揚ムードの真っ只中で、
イタリアチームがまさかのミラクルショットを放ったのでした。

それまでサークルのど真ん中にあったカナダチームのストーンを押し出して、
イタリアのストーンがそこにすぅっと収まりました。


一瞬あっけに取られる私達。


そして次の瞬間、盛大なスタンディングオベーションが会場全体を包んでいました。

試合の終わる数分前からもう勝ったような嬉しさでラストショットを見守っていたみんなの目の前で、
大逆転が起こったのです。
そこには “我らが” カナダが敗れてしまって残念な気持ちだとか悔しさだとかを遥かに超えて、
感嘆と賞賛があふれかえっていました。ほんとに。
選手の皆さん、素晴らしい体験をさせてくれてどうもありがとう。

うつくしい光景でした。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-03-18 00:00 | 日記
2010年 03月 17日
SHITSHOW
a0137643_653824.jpg
3月17日の夜にはみんなでアイリッシュになってビールを飲みまくろう。
a0137643_6543720.jpg
バーボン @50 W Cordova, Vancouver にて、ライブがあったので行って来ました。

「緑のビールはないんだけど、緑色のカクテルを作ってあげる」
というキュートなバーテンダーさん特製カクテルを片手に、
飲んで踊って叫んで楽しい夜でした。
a0137643_658715.jpg
a0137643_6581836.jpg
a0137643_6582617.jpg
a0137643_6585048.jpg
a0137643_6585867.jpg
a0137643_659660.jpg
a0137643_6591691.jpg
a0137643_6592422.jpg
a0137643_6593277.jpg
平日の夜だというのにすごい人でした。
DJタイムにはアイリッシュパンクでみんなストンプしました。
でもなぜかこの夜一番盛り上がった曲は、THE ISLEY BROTHERS の 『SHOUT』 でした。ははは。
なかなかどうして、あの曲にはかないません。
a0137643_6594046.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-03-17 01:00 | 音楽