<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2010年 10月 31日
Buena Vista
a0137643_20142514.jpg
今日は天皇賞(秋) を楽しむために、
東京競馬場 in 府中へ行ってきました。

昔、中山競馬場に何度か行ったことがあるものの、
競馬に関しての知識はほぼゼロ。
お弁当を作って行楽気分でやってきました。
a0137643_20142686.jpg
空は、うす曇。ちょっとだけ肌寒い、10月最後の日曜日です。

ビールとお菓子、新聞を広げて、
なんにもわからないくせに知ったかぶって予想をしてみたり。
ひとの予想にちょこちょこ口出ししてみたり。
a0137643_20143822.jpg

a0137643_20144020.jpg
馬券を買うのは一度、
11Rのみと心に決め、
あとはひたすらぼーっと良い気分で、馬たちを眺めていました。

走る馬。
2000メートルといえば2キロです。
体育の時間に “1キロ走” とかよくやらされたけど、
1キロとさらりと言っても実際には、5分ぐらいかかってひーひー赤い顔をして走ったものです。

それをあの馬たちは!!!
2キロを3分かそこらで駆け抜けるのです。まさに疾風。
a0137643_20144295.jpg
というかレースの日って朝早くから競馬場に人が集まってきて、
夕方まで12レースぐらいあるんだけど、
その1日が天皇賞、なんじゃなくて、11Rだけが天皇賞、
ってことを今日初めて知ってちょっと感動した次第です。
(素人にもほどがある)

さて気づけばお昼の時間になりました。
久しぶりにこしらえたお弁当。
a0137643_20144560.jpg
それからブラスバンドの演奏があったりなんだかんだで、
ふと辺りを見渡せば、ものすごい観客の数でした。
a0137643_20145566.jpg

a0137643_20145871.jpg
そうです。いよいよです。天皇賞です。

一応いろいろ検討して馬券を購入し、
文字通りそれを握り締め、息を飲んでトラックを見つめます。

結果、
a0137643_2015179.jpg


ブエナビスタ、かっこよかったーーーーー!
a0137643_2015320.jpg
今まで全然知らなかったけど、
その存在というか名前すらも知らなかったけど、
でもそんなわたしから見ても、すごく気持ちのイイ走りでした。

ブエナビスタ、スペイン語で、「絶景」。

エポナみたいでした。
a0137643_22434037.jpg
これはわたしの中で、
馬に対する最高の賛辞です。


ところでせっかく競馬を見に行ったのですが、
この日撮った写真を後で確認してみると、肝心の馬の写真がまったくと言って良いほどない。

最後にせめて、看板の馬でも・・・
a0137643_2015575.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-10-31 20:14 | 日記
2010年 10月 30日
DJ ターキーレンジャー
a0137643_2334974.jpg
今日はハロウィンの前夜祭。

エドが高円寺でパーティをするというので、
久しぶりに懐かしの地・高円寺に足を運びました。

ここで暮らしていたのはカナダに行く前の1年間。

たくさんライブに行ったり、お酒を飲んだり、阿波踊りを始めたり、
楽しい思い出のつまった、とても好きな街です。

小さなバーを貸し切ってのエド主催のパーティでは、
奥様とも再会できると思いきや、具合が悪くてダウンしてるんだとか。
会えなくて残念です。お大事に・・・。
a0137643_234043.jpg
彼は、ターキーレンジャーfrom ゴールデンエッグスに扮して、
DJをやっていました。

実は遅ればせながら、この夏わたしは大いに 『ゴールデンエッグス』 にハマっており、
うわー、ターキーレンジャーだ!と、そのコスチュームを大変うらやましく思いました。
ターキーレンジャーは、ゴールデンエッグスの中でもかなり好きなキャラの1人で、
時々決めのポーズを真似しているぐらいです。
a0137643_234341.jpg
a0137643_232272.jpg

a0137643_234885.jpg
もしかしたら知り合いが他にも来てるかな?

と思って辺りを見渡したのですが、
今日のメンバーは知らない人ばかりだったので、
早々に切り上げ、駅前のマクドナルドでサンデーを食べて帰りました。
a0137643_2341199.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-10-30 23:01 | 日記
2010年 10月 24日
幕末維新祭り
a0137643_19135955.jpg
世田谷区の松陰神社参道にある商店街にて行われた、
『第19回幕末維新祭り』 に行って来ました。

10月27日は吉田松陰先生の命日ですが、
毎年秋に松陰先生を偲んでこのお祭りが開催されているようです。
a0137643_1914295.jpg

a0137643_1914257.jpg
小雨が降って寒い中、商店街は人でぎゅうぎゅう、
その中をお神輿がわっさわっさ通り過ぎています。
a0137643_1914466.jpg
道の脇には、お祭りらしいチョコバナナだとか焼きそばだとか見慣れた屋台の代わりに、
商店街のお店がそれぞれ、出店を出していました。

パンの出店、焼き鳥の出店、おばさん服の出店、
長机を並べてのんびりした雰囲気です。

しばらく行くと神社の鳥居が目に入ります。
a0137643_1914824.jpg

a0137643_1914664.jpg
松陰神社には以前も来たことがあるのですが、
あの時は、斬殺された松陰先生のことを考え、長州藩の悲運を考え、
それでも果敢に戦った奇兵隊のことを考え、幕末以降の長州藩士の生き様を考え、
なんだかとってもしんみりしたものでした。

けれども今日はお祭りです。
幕末の松下村塾生たちのあの憤りを、ここに集まった歴史ファンなら皆知っているはずですが、
それでもわいわい和やかな雰囲気のもと、
様々な催し物が開かれています。
a0137643_19141138.jpg

a0137643_19141339.jpg

a0137643_19141559.jpg
道端にしゃがんでお弁当を食べていると、
お祭りのメインイベント、奇兵隊パレードが始まりました。

今日はあいにく小雨が降ってしまった上に、
今住んでいる場所から世田谷までは少し遠いものの、
それでもこのパレードがすっごく見たくて、はるばる来たのです。

まぁ、お客さんの中には北海道から九州、
もちろん山口県から来られた方も大勢いたようだったので、
わたしの「はるばる」 なんて、別にたいしたことはないのですが。
a0137643_19142069.jpg

a0137643_19142245.jpg

a0137643_19142477.jpg
パレードののぼり旗の中には知った名前が見られましたが、
参加しているのは一般募集の普通の歴史ファンの方々なので、
別に風貌が似ているとか、似せているとかではなく、
中には女性もいたりして、(龍馬も女性でしたー)
残念ながら想像していたのとは違いました・・・が、見ることが出来てよかったです。

他には、松下村塾前で行われた幕末野外劇 『約束』 を観たり、
幕末に関する著作が多くある、一坂太郎氏(萩博物館高杉晋作資料室長)の講演を聞いたり、
久々に日本史の中でも大好きな幕末に触れ、楽しい1日でした。
a0137643_19142757.jpg

a0137643_19142958.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-10-24 19:13 | 日記
2010年 10月 23日
コスモスとハンモック
a0137643_17524788.jpg
小金井公園でコスモス祭が行われていました。

公園にコスモスがいっぱい。
穏やかなお天気のもと、コスモスがそよそよ揺れて良い気持ちでした。


この日、初めて見て思わず笑ってしまったのですが、
公園に遊びに来ている家族連れのほぼ8割が、
ソリをキャリーカートのようにして、持っているのです。
荷物やお菓子をソリに載せて運んでいる人々。

なんでソリ?!小金井公園ではキャリーカートの代わりにソリを持つのが流行ってるのか。

その日は何の前知識もなかったので、
あまりの “ ソリ所有率 ” の高さに笑ってしまったのですが、

その後調べたところ、
どうやら『ソリ・ゲレンデ』 なるものがあり、
草の斜面を滑り降りる遊び場がある様子。

そうか、ゲレンデがあったのか。
↓ 楽しそう・・・(写真/おでかけインフォ小金井公園 より。)
a0137643_18103095.jpg
さてさて肝心のコスモスは、
公園に入ってぐんぐん進んで行った広場に咲いています。
約3万本。
a0137643_17525477.jpg

a0137643_17525041.jpg
広場には子供達がわいわい走り回っていて、
凧やらフリスビーやら、いろんなものを飛ばして遊んでいました。


広場の奥、木が生い茂っている方をチラと見ると、
『ハンモックの森』 なる看板が立てかけてあります。
a0137643_17524832.jpg
30分150円でハンモックを借りられるとのこと。
時間は4時までで、この時既に3時半を過ぎていましたが、
1つだけ残っていたハンモックを借りることにしました。


本日覚えた、正しいハンモックの乗り方はコチラです。

まず、お尻から。
a0137643_1753116.jpg
そしてそのまま後ろに倒れこんで、
a0137643_1753320.jpg
静かにゴロンと横になります。
a0137643_1753957.jpg

a0137643_17531197.jpg

a0137643_1753142.jpg
決して、タッタッタッと駆けて行って、
ぼよーんと飛び乗ったり、ゆっさゆっさ揺らしたりしては駄目だし、
ハンモックの上ではお行儀よくしていないといけないんだそうです。

20分ぐらい交代 (大人2人乗り禁止) でハンモックに揺られて、
すっかりハンモックのとりこ。

いつかハンモックのあるお家に住みたいです。
a0137643_18353572.jpg
周りを見ても、みんなとても楽しそうでした。
Hammocks make people happy.
a0137643_1753196.jpg

a0137643_17532140.jpg
もう少し早めにハンモックの森に来て、お昼寝できたら最高でした。

ハンモックに寝転んで見上げた木漏れ日。
a0137643_17525933.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-10-23 17:44 | 日記
2010年 10月 16日
アンナミラーズ
a0137643_23385912.jpg
せっちゃんとアンミラで、帰国記念ランチをしました。


アンミラの制服は生地がどうも安っぽい気がするのですが、
着る子が着たら可愛いので、見るぶんには嫌いじゃないです。

しかしわたしらの隣のテーブルに座っていた中年の白人女性2人は、
制服についてごにょごにょ意見を交わしながらものすごく苦笑していました。
欧米のセクシーと、日本のそれとは、
確かにかなり違うと思います。


それにしても、今日のお喋りには衝撃がいっぱいでした。
私が日本にいなかった1年の間にイロイロありすぎ。
なんだろうこの急展開は。
いや、予想通りと言える気もしなくはないですが。

ああほんとうに、人生ってどたばたです。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-10-16 23:38 | 日記
2010年 10月 14日
冒険とイマジネーションの海
a0137643_22154743.jpg
東京ディズニーシーに行ってきました。

ハロウィンは、1年のうちで1番好きなクリスマスの次に好きなイベントです。

ハロウィンの由来や歴史とはまったく無関係に、
商業主義にまんまと乗っかって、いいように踊らされています。はは。
仮装とか、カボチャとか、お菓子とか、いたずらとか、
“ちょっと怪しい大騒ぎ” みたいなあの雰囲気が大好きです。
a0137643_2216443.jpg
久しぶりのシーは比較的空いており、
ファストパスをうまい具合に活用できたので、
乗りたいアトラクションには全て乗ることができました。

さらにさらに、観たいと思っていたショーも全て観ました。
なんて素晴らしいいちにちなんだ!
a0137643_22154878.jpg
夕暮れてきた頃に姉グループと合流し、
夜のショーを賑やかに堪能しました。
a0137643_22155183.jpg
ミッキーの登場。
ででーん。さすがスーパースターの貫禄。
a0137643_22155566.jpg

a0137643_22155865.jpg
遊びつくした1日の最後に、タワーオブテラーへ。

アトラクションが上から下に落ちるとき一瞬だけ見える外の景色が、
夜だと美しさを増していて、すごく得した気分になります。
a0137643_22155950.jpg
いつ来てもこの場所には笑顔が溢れていて、
その笑顔にたくさん元気をもらいました。
ありがとう。


どんな洗練された大人の中にも、外に出たくてしょうがない小さな子供がいる。 (Walt Disney)
a0137643_2216688.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-10-14 22:14 | 日記
2010年 10月 09日
京葉線仲間
a0137643_217693.jpg
珍しく品川で友達に会いました。


昔おんなじ職場で働き、おんなじ電車で帰っていたヤヤと黒澤。
電車が八丁堀に着くまでの間にその日1日の出来事を話して、
大いに笑い合ったものでした。

わたしはもう毎日その時間が楽しみで仕方なく、

「聞いてよ、今日さー!!」
って、仕事の後で疲れていようが、
いきなり元気になったのを覚えています。

だってあの2人と一緒だと、何を話しても面白おかしいのでした。


3人で電車に乗って過ごしたあの時間を言葉で表すと、
「げらげら」 です。
私たちは、本当にすごく、「げらげら」 していたと思います。

ニコニコとかるんるんとかウキウキとか、
ぺちゃくちゃとかガヤガヤとか、それも近いんだけど微妙に惜しい感じで、
なんだかいつも、「げらげら」 だったのです。


その後みんな職場もバラけ、私はいつの間にかカナダに行き、
帰国したので久しぶりに会えて、
やっぱり 「げらげら」 だったのか、というと実はそうではなく、

同じメンバーで集まって、同じようにお喋りしているはずでも、
もうそれは、「げらげら」 な時間ではなかったのでした。

なんか不思議ー!!

でも結局たくさん近況報告して、また笑い合って、
大満足して別れました。


大人になるって、すごくいいなぁ、

楽しかった記憶や友達は財産です。

そして20歳の時の自分より今の自分の方が、
10年分も多く、その財産を持っているのです。わー。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-10-09 00:00 | 日記
2010年 10月 08日
父・ひろし
a0137643_2354814.jpg
新しい生活を始めるにあたって、
ヒロが大きな荷物を運んでくれたり、
お買い物につき合ってくれたり、
椅子を組み立ててくれたりしました、
ありがとう!!


先日、イトーヨーカ堂からヒロと一緒に帰ってきて、
うちのドアをがちゃっと開けると、
中から、Tシャツにトランクスという間抜けな姿の父が、
「わーっ」 と言って玄関に飛び出して来ました。

どうやら娘が一人で帰宅したと思い込み、
驚かせるつもりだったようです。

しかしわたしは一人ではなく、隣に人がいたもので、
気まずい感じで部屋に消えていった父でした。


わたしは家族の中でも父親とはあんまり話したことがなくて、

今回ひょんなことから父との二人暮しが始まり、
どうなることかと思っていた矢先、

ちょっとそーゆーのが実は嬉しかったです。へへへ。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-10-08 00:00 | 日記
2010年 10月 02日
めいっこ
a0137643_21102694.jpg
姉が3歳になる姪っ子を連れて、
わたしのお部屋に泊りに来てくれました。


姉とわたしは1学年違いで、小さい頃から二段ベッドでよくおしゃべりをしていました。
自分らが特別に仲良し姉妹だと思ったことはないけれど、
考えてみると、仲良し姉妹なのかもしれません。

年の近いお姉ちゃんは時々友達のようで、
性格は正反対なのに、
いろんなことを話せるし、いろんなことで笑えるし、
小さい頃は2人で「合唱団」に所属して、一緒にいつも歌を歌っていました。

姉がいてよかったなぁと思うことはひとつやふたつじゃありません。
10や20よりもっとです。


そうめんをちゅるちゅると食べる姿に、
うちの一族の “血” を感じさせる姪。

しかし夜になると、
知らない家の雰囲気にビビったのか、わんわん泣いておりました。


でもまた来てねー。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2010-10-02 00:00 | 日記