<   2011年 10月 ( 40 )   > この月の画像一覧

2011年 10月 31日
10月の読書
読んだ本のことや食べたご飯のことは、
たいがいすぐにその日のブログのネタになるのですが、
たまにいろいろ重なって、もしくは、印象が希薄で、
読んだけれどブログに登場しない本もあります。

でも、ま、いちお。

スキップされた読書感想文のようなものを、備忘録として。

a0137643_11575850.jpg
『半島を出よ 下』 村上龍

上巻に引き続き相当な分厚さではありますが、
調子に乗ってるときの村上龍ってほんとに面白い。ぐいぐいです。

この小説を書くために非常にたくさん取材をしたそうで、
調べて知ったこと、全部書きたかった!という感じの盛りだくさんさ。
メタなレベルから物を申せばなんだか村上龍が可愛らしいです。
いっぱいがんばったんだネ!

この小説が出版された当時は、
いくらなんでも日本政府はこんなに無能じゃないだろうけど、
などと楽観的に考えておりましたが、
3月の大震災以後、復興対策や原発への取り組み方を見ていると、
ほんっとーに、現実の政府もこの小説の政府と同様か、それ以上にアレなのでは?
と、並々ならぬ恐怖を覚えます。

政治や、隣国との関係に対する一般人の関心が高まってきた今、
もう一度ブームになればいいのに、と思う小説です。

a0137643_11575376.jpg
『ジェネラルルージュの凱旋』 海堂 尊

これはいつかドラマを観たことがあって、
興味本位で原作を借りて読みました。

ドラマと小説でキャラ設定がかなり違うため、
これ逆に、原作に思い入れがあって、ドラマを観たら嫌だったろうなぁ、
と思いました。

よく、“原作レイプ”って騒がれてますが、
もう別物と割り切るしかないのでしょうね。
でも別物と割り切るしかないような作り方をするのであれば、
ハナから新しい作品を産み出すぐらいしてみろってんだ、
製作側だってクリエイターで飯食ってんだから。

と私は時々憤ります。

キャラクター、ストーリーの主軸などは変更せずに、
ラストだけオリジナルにするなどして、
「ほう、こういう解釈の仕方もあったか。これはこれで新しいな」
なんて思えたら、ドラマ化や映画化も大いに結構ですが、

なんかね・・・・・(ドラマや映画になって残念だった、大好きな小説や漫画を思い出している)・・・・・




はい。

今回読んだ、チームバチスタシリーズに関して言えば、
最初に観たのがドラマの方だったので、
嫌なギャップを感じることもなく、原作とこんなに違うんだー、ふぅーん、
ぐらいお気楽に楽しめました。


白鳥サンガ酷イケド。

a0137643_123633100.jpg
『性虐待の父に育てられた少女(わたし)』 川平那木

ノンフィクション、ある家族の話です。

何かを本当に乗り越えるということと、
諦めて開き直るということは違うのに、
多くの人はそれらを混同している。

と、昔言っていた人がいました。よく覚えています。
対象が何であれ、それに直面することは簡単ではありません。

諦めたくせに、克服したフリをするなんていやらしいことだけど、
そういうのって無意識にしてしまうんだと思います。

場合によっては、そうした方が表面上平和に暮らせるわけだし、
なにより、問題と直面し乗り越えるのは痛みや苦しみを伴います。
うまくいく保証もどこにもありません。

でもこの本を書いた、川平さんはそれをしています。

彼女の受けた傷の大きさを、
一読者が簡単に 「わかる」 なんて言ってはいけませんが、
彼女の踏み出した尊い一歩に、畏敬の念を抱いてやみません。



他にもなにか、感想を書き留めないうちに図書館に返却してしまった本があった気がするんだけど、
タイトルすら忘れてしまいました。

読書の秋です。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-10-31 11:37 | 日記
2011年 10月 30日
ズツー
a0137643_23452492.jpg
秋の天皇賞を無事に(ただし赤字で)終え、
東京競馬場からのんびり15分くらいかけて歩いて帰って、
夜になると頭痛がひどくなったのでバファリンを飲んで眠り、
カレーの匂いがして起きたら、「ご飯だよー」 という声が聞こえたのでした。

し あ わ せ 。

にんにくたっぷりドライカレーです。
どうもありがとう。
a0137643_23452071.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-10-30 23:45 | 日記
2011年 10月 30日
秋天!
a0137643_23284797.jpg
秋の天皇賞は豪華でした。

ブエナ、ペルーサを筆頭に、ローズキングダムやトゥザグローリーといった、
1年に5回くらいしか競馬場に行かない私でも知っている馬たちが勢ぞろいです。

これはワクワク。
a0137643_23293215.jpg

a0137643_23291545.jpg
「競馬はドラマだ。」

おー、いえー。
a0137643_23291928.jpg
やいのやいのと今日は8人の大所帯で観戦したものの、
誰ひとりとしてトーセンジョーダンをマークしておらず・・・
a0137643_23292717.jpg

a0137643_23292843.jpg
惨敗!
a0137643_23292774.jpg
けど、
行って早々酔っ払って真っ赤な顔して全部のレースでいちお馬券買って、
とにかく1日中お菓子食べまくって楽しかったからいいんだいいんだ。

私はやはりメインレースが始まる前の、
あの皆で新聞紙丸めておおおおおおってなる瞬間が、
ものすごーく好きです。


大入り満員の東京競馬場から。
a0137643_2329718.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-10-30 09:14 | 日記
2011年 10月 29日
そして千駄ヶ谷
a0137643_2310032.jpg
夕焼け。わたしの好きな街。

東京タワーの展望台のガラスは分厚くて薄汚れていて、
ヒルズの夜景なんかと比べたら、同じ景色のはずなのにどうもドン臭い。
でもそこがなんか、和みます。
a0137643_2310246.jpg
耳のキーンとなるエレベーターで下まで降りて31でアイスを食べてたら、
カボチャの着ぐるみカボドンに絡まれました。
ハロウィンのお菓子をもらったよ。
カボドン、ありがと。
a0137643_2310670.jpg

a0137643_23133921.jpg
カボドンは彼氏募集中なんだそうです。
a0137643_23101361.jpg

a0137643_23101097.jpg
それからどんどん夜になって、
私達は千駄ヶ谷に移動しました。

東京体育館で、世界新体操クラブ選手権の準々決勝です。
a0137643_2310259.jpg
大会ホステスのキティちゃん。
a0137643_23101830.jpg
ルールも技も選手の知識もないド素人の私ですが、
とあるロシアの女の子に目が奪われました。
よくわかんないけど、あの子だけ他の子となんかが違う!!

「私あの子、好き~」
とのん気にペチャクチャ言ってたら、断トツの高得点をマークしてました。
やっぱりスゴイヒトだったのか!

新体操初めて見た私がわかるぐらい、
あきらかに他の選手と違うんだからたいしたものです。
彼女のリボンだけ、まるで魔法みたいな動きをしていました。

世界選手権に出場できるくらいなんだから周りの選手もみんな、
もちろんとてもステキだったんだけど。
a0137643_2310295.jpg
感動したらお腹が空いて新宿のマックでセットをたいらげ、
デザートにビアードパパでハロウィンシュークリームをいただきました。

これは濃厚なカボチャ味!

ハッピーハロウィン。
a0137643_23103166.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-10-29 23:08 | 日記
2011年 10月 29日
港区界隈
a0137643_22581850.jpg
ハロウィン直前の週末です。
六本木のパレードに行こう、と思って昨日ネイルを紫に塗ったというのに、
朝起きて着替えながら浮かれて歌ったり踊ったりしてたら出遅れてしまいました。

寝坊したわけでもないのに、なぜか遅刻・・・
愚かのひとことです。
a0137643_22582573.jpg

a0137643_22583231.jpg
いちお魔女の帽子を持ってヒルズに向かったものの、
そこにはパレードを終え、解散した仮装の若者たちの姿が。
a0137643_22584295.jpg

a0137643_22583771.jpg

a0137643_22583567.jpg
最後に、可愛く着飾った子供たちの一団を眺めて、
私の六本木ハロウィンパレードはあっけなく終了したのでした。
a0137643_22583934.jpg
ご飯を食べて、せっかくだから東京タワーまでお散歩することにしました。
どうやら東京タワーでもハロウィンイベントがやっているようです。

夜景もいいけど、青空がよく似合う東京タワー。
a0137643_22585038.jpg

a0137643_22584856.jpg
展望台まで上って、
東京の街を見下ろしました。

ハロウィンチックに飾り付けられた東京タワーで、
他愛もなく笑ったり、ふざけ合う。
a0137643_2259650.jpg

a0137643_2259889.jpg

a0137643_225911100.jpg

a0137643_2259142.jpg

a0137643_22591643.jpg
そんなこんなしていたら、
知らぬうちに太陽は沈みかけていたのでした。

なんだかこういう夕方って、ほっとするよすごく。
a0137643_22592024.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-10-29 22:56 | 未分類
2011年 10月 28日
Belvedere
D4 TOKYO Belvedere : 港区東新橋1-5-2 汐留シティセンタービル41F
a0137643_2281067.gif
今夜は社長令嬢&我が社のアイドル&私の3人で豪華ディナーの約束なのに、
残業残業ちょう残業ですっかりお待たせしてしまい申し訳なかったです。

9時過ぎてやっと合流できました。うえーん。

疲れ果てた私を待っていてくれたのは、
41F からの夜景、柔らかなソファ、
3つ星イタリアンのコース料理とワインでした。仕事の疲れも帳消しです。

さすがに、携帯カメラ構えてパシャ!みたいな雰囲気ではありませんので・・・写真はHPから拝借。
a0137643_22145470.jpg
女3人で気兼ねなくお喋りしてゆったり夜は更けました。

1人は誰もがうらやむゴージャスで妖艶な美女、
1人は10歳年下のお人形さんみたいな美少女、
そして、いたって地味なOLの私。へへへ。
変な組み合わせですが、こういうのもたまにはいいもんだ。

美味しいなー、可愛いなー、キレイだなー、楽しいなー、と、
穏やかに幸せなひとときでした。

ありがとう、ごちそうさまー。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-10-28 22:05 | 日記
2011年 10月 27日
とんちんかん
昨日の日記で、『覘き小平次』 という小説を、
途中まで読んだ感想を書きました。

その小平次をさっき、ついに最後まで読み終えたのですが、
昨日の自分の感想っていったいなんだったんだろう、とんちんかんすぎる、
と思ったのでした。


例えていえばあれではまるで、
桃太郎という鬼退治のお話を読んで、
 「得体の知れぬ桃が流れてきたにも関わらず、
  ソレを家に持ち帰ったばあさんすげー」
とか言うくらい的外れです。

え!そ、そこ???

みたいな・・・。


昨日私が、この小説のクライマックスであろうと感じ感動していたところは、
実は全然そうではありませんでした。


結局ね、最後まで読んでみて思ったのは、
お塚さんがベラボウにかっこいいってことでした。


さて通勤で往復2時間も電車に乗るため、
読み途中の本が残りわずかな時は、もう1冊カバンに入れて家を出ます。

今日は小平次の後で、
『ムーミンパパ海へいく』 を読みました。

ちびのミイは、戸口のところでふりむいていいました。
「あたいは外でねるから、ベッドはいりませんよ。ベッドってつまんないもの」
「いいですよ。雨が降りだしたら中へはいっておいで」
と、ムーミンママはいいました。

このミイとママの関係、何気ないけど最高だなー。
a0137643_2216143.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-10-27 21:53 | 日記
2011年 10月 26日
ふすまのすきま
a0137643_2059544.jpg
今夜は、“代理店&親会社 スタッフ懇談会” がありました。
落語、スペイン、ぼこぼこのタクシー・・・・・・あ~、面白かった!

写真は、〆めの麺。


産休予定の大先輩の後任として、7月に今の会社に入社しました。
これまでずっと全業務の引き継ぎをしてもらっていたのですが、
とうとう11月から先輩がお休みに入るので、私は独り立ちをします。

そんなこんなで、
今後お世話になるであろう(≒迷惑をかけるであろう)方々への、
ご挨拶の意味も込めての飲み会でした。

これからどうなるかほんとにわからないけれど、
頑張るしかないのだ、がんばろう。
a0137643_21172230.jpg
今、 『覘き小平次』 を読んでいます。

私が京極夏彦の作品と出会ったのは10年くらい前、
最初に読んだのが 『ルー・ガルー』 でした。

彼の作品群では異質の一作ではあるものの、
ファースト京極夏彦が 『ルー・ガルー』 だったために、
ふーん、この人ラノベっぽい作風なんだー、
としばらくの間彼に対して誤った認識を抱いておりました。

ラノベっぽいなりに 『ルー・ガルー』 に魅了された私は、
またああいう作品を読みたい!と、
有名どころの 『姑獲鳥の夏』 や 『魍魎の匣』 を手に取ってみたものの、
なんか違う・・・

あれはあれで面白いんだけどさ。

で、またいろいろ図書館で借りて読んでいるうちに、
『どすこい』 という作品を読むに至ったのですが、
これはもう・・・

自分にはユーモアがあると信じて疑わない饒舌な親戚のオジサン
(いや、ありがたいことに実際うちの親族にそんな人はいないのだけど。)
のくだらない話にウッカリ付き合ってしまって自分の不運を呪うしかない、
けっして憎めないんだけど・・・でも・・・、
という気分に陥る小説でした。

さて。

『覘き小平次』 は、最初の半分ぐらいはいったい何が始まるんだかまったくわからず、
コレはこの、独特の雰囲気を堪能するためだけの小説なのかしら???
と足取りも覚束ないまま読み進めておったのですが、
真ん中あたりから俄然引き込まれ、
感動した時にいつもそうなるように、胸が熱くなって目がうるうるしたのでした。

例えば聖闘士星矢やキン肉マンの繰り広げる死闘を貪り読んでいる時に、
「がんばれ、がんばれ」 と手に汗握る読者だったはずが、
いつの間にか自分が主人公に感情移入し過ぎて一緒に戦っている、
みたいな。

そういう熱い感動でした。まだ読み終わってないけど。

死んで哀しくねェ訳がねえよと治平は言った。
「お前はな、悲しみ方が判らなかっただけだ」
「悲しみ方」
ことの序(つい)でに教えてやるよと治平は吹いた。
「哀しい時はな、哀しい哀しいと莫迦みてェに言え。嬉しい時は嬉しいと言え。
口に出さんでもいい。肚の底で思え。そうして自分(おのれ)を騙せ。己で己を騙せ。それしかねェ。 」

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-10-26 20:55 | 日記
2011年 10月 25日
わけあり ちんすこう
a0137643_2162246.jpg
先週末に沖縄に行っていたごみちゃんから、
お土産にちんすこうセットをいただきました。

本日の日記のタイトルに深い意味はありません。
話せば長くなるのですが、
ネットでちんすこうのレシピを検索しようとして 「ちんすこう」 と打ったら、
検索用語の候補として、「わけあり ちんすこう」 と出てきて、
心を惹かれたので日記のタイトルにしただけです。

わけあり ちんすこう。

ところでどうしてちんすこうのレシピが気になっていたかというと、
お昼休みに、ちんすこうは豚の油でできている、
というような話で盛り上がって、なんじゃそりゃ、と思ったしだいです。


今日いただいたちんすこうは、チョコレートにくるまっておりました。
マンゴーとか、カカオ90だとか。
最近はちんすこうにもいろいろあるんですね。

それから可愛いバスバブルまでいただきました。ありがとう。
そういえばこの夏に今の家に引っ越してから、
まだ一度も湯船にお湯をはっていません。

これを機会にお風呂につかろうかな。もうすぐ冬だしね。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-10-25 21:05 | 日記
2011年 10月 23日
mother's day
a0137643_22281966.jpg
母の誕生日です。
おめでとー!!やんややんや。

私ももう32歳ですが、大人になってからというもの、
お母さんがこの年齢の時はもう姉がいて、私が産まれたんだ、
お母さんがこの年齢の時は子供が3人もいて大変だったんだ、
お母さんがこの年齢の時は私が学校をサボりがちで困らせてたんだ、
お母さんがこの年齢の時は私のぜん息がひどくて迷惑かけてたんだ、

なーんてなにかにつけて思います。
そして母を尊敬します。

ありがとうお母さん。


母はすごく早起きですが、
うちの実家は木造の古い建物なので、
冬の朝なんて家の中にいてもまるで外のように寒いのです。
だから、暖かいパジャマをプレゼントしました。

ふわっふわで、もこっもこのやつです。

いつもジャージとかスウェットとか簡単なカッコをしているイメージしかないので、
たまには可愛く、色はピンクにしてみました。
お母さん、お誕生日おめでとう。


さてさて。
卵の黄色は幸せの色だと、PINK のゆみちゃんも確か言っていましたが、
まったくもってその通りであります。
a0137643_22281440.jpg
ブランチに半熟のベーコンエッグを作り、
一緒に昨日のシチューを少しだけ温めていただきました。

それからドラマ 『ドン☆キホーテ』 の続きをひたすら観て、
最後までまったく解明されなかった、魂入れ替わりの謎はさておき、
くだらないけれど愛すべきコメディだったと思います。

特に主役2人の演技が大好き。あの台詞の言い回し~~。
そして脇役の、児童相談所の職員さんや鯖島組の人の演技もすごく良くて、
文句なしに楽しかったです。ガン、ドン、ズドン!!
a0137643_23133217.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-10-23 22:27 | 日記