<   2011年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2011年 11月 30日
ゆだねる
a0137643_1494083.jpg
仕事帰りにヨガ教室に行って、
思わず眠りに落ちました。

部屋を暗くして、ポーズをとったまま5分くらいホールドしていたときのこと。

私は時々、寝るか寝ないかの瞬間に、
「あ」 とか変な声が出てしまうことがあるのですが、
今日はまさにその 「あ」 が口から漏れて、
自分の声で正気に戻りました。

ヨガ後ならまだしも、ポーズの途中で寝るって・・・
リラックスし過ぎなのかもしれませんが、あのまま朝まで眠れたら最高でした。

ちなみに今夜やったのはリストラクティブヨガです。
ストレスフルで忙しい現代人のために生まれた、比較的新しいヨガなんだとか。

ふっと力の抜ける感じがたまりません。


最先端のファッションを求め、刺激を求め、スリルを求め、
常にアップデートを続ける都会の人間が、
でもそのことによって力を抜ける場所を失ってがんじがらめになり、
そこから開放されること、最終的にまた無になることを目的とするようになる。

なんだか永遠に続く足し算のような気もしないでもありません。

なにかが過剰なことに疲れてなにかをマイナスするのじゃなくて、
リストラクティブヨガ、という新しい方法を作り出すという足し算。
まぁ確かにリストラクティブヨガは気持ちがよかったのだけど、
その思考回路がもう、現代人の疲労の原因になってるんじゃないかしらと、
なんとなーく思いました。
うまく言えてないかもしれないけど。


リラックスといえば、そのために例えば大麻を吸ったりする人は、
ヨガをやったらいいのでは!と今夜思いました。

大麻が合法な国もあるじゃないか、とか、
ケミカルではないから身体に害がない、
という次元の話ではなくて、

日本ではソレが違法だと決まっているから、
という単純な理由で私は大麻に反対です。

非常に退屈な理由なのかもしれないけど、
日本は法治国家であり、
私達は法律に守られているので、私達も法律を守るべきである。
思考を停止して決められたことに何でも従えというんじゃなくて、
法律に異議があるならそれを申し立て、法律を変える行動を起こすべきである。
それをしないならやっぱり法律に従うべきです。
ドラッグや大麻に限らず。


ちょっと前に友達と話していてこの話題が出たので、
今日ヨガをやりながら思い出して、また考えてしまいました。
話が大幅に逸れたところで、ではオヤスミナサイ。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-11-30 14:04 | 日記
2011年 11月 29日
欧州帰り
a0137643_0184120.jpg
オランダからのドイツ、ポーランド、チェコスロバキアを巡る8日間の旅を終え、
本日無事に帰ってきたヒロ。おかえりなさい。

タイトなスケジュールで疲れていたことと思いますが、
お土産を持って遊びにきてくれました。

OPAVIA 社の Kolonada というお菓子は、
保育園の頃によく食べたとんがり菓子そっくりの味がしました。
三角錐の中に甘くて白い砂糖菓子が詰まってるやつ。
あの懐かしい味を、ヨーロッパ土産として味わうとは驚きです。
a0137643_0303692.jpg
それからモグラのハンドクリームをもらいました。

でもほんとはこうして無事に帰ってきてくれただけで、
お土産なんていらないくらい嬉しいです。

飛行機が墜落することなく、乗った列車は事故に遭わず、
車に轢かれず、病気にならず、暴漢に襲われもせずに、
こうして再び会えたことを感謝せねば!ぐらい思ってしまうのです。オーバーでしょ。


ところでこのモグラ、日本でもPLAZA とかでたまに見かけますが、
チェコ出身だったとは知りませんでした。
チェコで人気のアニメキャラクター、その名もクルテク君。
a0137643_018454.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-11-29 00:00 | 日記
2011年 11月 28日
ウルトラマン天使
a0137643_235912.jpg
寒いと思って厚着してったらオフィスが暑くて仕事中頭がボーっとしてました。

だから、というわけでもなんでもありませんが、仕事を手短に終えて退社。
そのまま武蔵小金井の友人夫婦宅へ向かいます。

昨日は立川で3ヶ月前に生まれたばかりの赤ちゃんに、
日頃の疲れを癒してもらったばかりですが、
今日は今日とて、天使2人にメロメロになってきました。
a0137643_23593066.jpg

a0137643_23592227.jpg
テレビで 『ラピュタ』 を垂れ流しながらの自由すぎる夜。

カレーと唐揚げをほおばって、
ドーナツドーナツとはしゃいで、
プリンを夢中で口に運んでもらって、
部屋の中でシャボン玉を飛ばして。

子供たちの仕種にいちいちときめき、興奮し、身もだえし、
久しぶりに会えたミキチャン&スティーブンとのお喋りに和む。
このご夫婦の会話、可愛くてすごく好きなのです。


また鮫に乗ったウルトラマンで遊ぼうねー。
a0137643_23591170.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-11-28 23:56 | 日記
2011年 11月 27日
坦々鍋‏
a0137643_2311496.jpg
通っているヨガ教室には10人くらいのインストラクターがいて、
どういう規則性でクラスを担当しているのか知らないけど、
なかなか同じ人に当たりません。

で、それぞれレッスンに個性を感じるのですが、
今日やっと、今までで一番好きな先生に再び巡り会うことができました。
地味に嬉しい。


ヨガの種類自体は、よく参加する初心者向けのハタヨガやボディメイクと比べ、
やや上級者向けのフローというものでしたが、
この先生の声に合わせて身体を動かすのはとても心地良いのです。

そういうのも才能のうちなんだろな。
a0137643_2311924.jpg
お夕飯は、友人夫婦宅でお鍋をご馳走になりました。

意外にも電車で20分程度の距離だったのでこれからちょくちょく行こう、へへへ。


生まれたての可愛い可愛いご子息を抱っこさせてもらいましたが、
緊張しているのか、私の腕の中で固まってしまいました。

いきなり知らない人に抱かれたせいで、
声を出すこともままならない程に恐怖を感じているのではなかろうか・・・
と、心配になるぐらいのおとなしさでした。

あの静寂の15分間 (いや、もっとだったかな?) が、
しんちゃんのストレスになっていないことを切に願います。
a0137643_23111461.jpg
長居するのも悪いから、と思っていたのに結局お喋りし過ぎて、
その上ちゃっかり酔っ払って顔を赤くし、ぎりぎり終電で帰りました。
エリコン、やじ、(&ののちゃんパパ笑)、
楽しい時間をありがとう!


生後3ヶ月のおいしそうなあんよ。
a0137643_2317331.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-11-27 23:07 | 日記
2011年 11月 26日
ソーシャルネットワーク
a0137643_22164965.jpg
派手に脇が裂けてびりびりになったパーカを縫い直したり、
まだ冬でもないけど既にストーブを点けて、
今日は家から出ずそういう地味な1日を過しました。

お酒に弱いくせに水木金と3日連続で飲んだので、
ゆっくり身体を休めるためにもね。


で、裁縫したり、料理したり、2ch眺めたり、
少しだけ英語の勉強したりしながら、
(12月にカナダから友達が遊びに来るので、英語を思い出さねばならないのです)
FB をつけっぱなしにしてコメントをリアルタイムで交わし、
しかも珍しくチャットもON のままにしていたら、
意外と久しぶりの友達から連絡がきたりして楽しかったです。

メキシコの友達、カナダの友達、フランスの友達、東京の友達、故郷の友達。

たまにはこーゆーのも楽しいー!


こないだ飲み会でFB とかの話になって、
SNS が嫌い、そういうのに依存しすぎなんだよ、みんな、
なんて言っていた友達もいたんだけども、

適度に利用して楽しむのと、“依存” の境界ってどこでしょう?

常にアクティブだったわけじゃないにしろ、
1日中ログインしたままっていうのは依存だったのでしょうか。
ははは。


でも SNS がなかったら、
バンクーバーでたったの3ヶ月一緒に学校に通った友達とか、
どこぞのパーティで出会った飲み友達とか、
高校卒業後もう十年以上音信不通だった同級生とか、
こうして改めて繋がることもなかっただろうなって思います。

だから私は、「最近みんなFB、FBって踊らされすぎ。何が楽しいの?」
という反対意見があるのも理解はするけど、
(ちなみにtwitterに関して私も同意見・・・笑)
いやでも便利だし~、と今日改めて思いました。


夜はのんびり、『蝶々さん』 を観ました。
いつも通勤途中の新宿駅に貼ってある大きなポスターを見て、
ぐはー、めちゃめちゃ可愛いなぁ蝶々さん、と、気になっていたのです。
a0137643_2314832.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-11-26 22:16 | 日記
2011年 11月 25日
マーヴェラス
a0137643_19445626.jpg
渋谷で飲んだけど、今夜はちゃんと終電を逃さずに帰って来ました。


忙しい金曜日にも最近はちょっと慣れてきて、
いつもよりやや早めに出勤する&お昼休みを取らない、
ということによってどうにか乗り越えられるようになりました。

金曜の夜にこうして友達とお酒を飲めることに喜びを感じます。いえーい。
(少し前まで私にとって、金曜=終わらない業務、という感じだったので)


仕事に追われてお弁当を食べたのが夕方の4時近かったため、
あまりお腹は空いておらず。
まずはPARCO のレストランでちょこっと食べ、ちょこっと飲み、
場所を移して二軒目Hub でもちょこっと食べ、ちょこっと飲み。
女3人集まればもちろん恋の話に花が咲くわけですが、
相変わらず三種三様な私達でした。
a0137643_1945084.jpg
ところで今、村上龍の 『歌うクジラ 上』 を読んでいるところですが、
ものすごく疲れるというか、読むことにストレスを感じます。
ストレスというのは良い意味も悪い意味も含み、
村上龍らしくいろんな意味で too much なので、
通勤電車で読むのに向かないのかもしれません。


私の年齢、置かれている状況、欲しているもの、必要なもの、
という点から考えてみると、
別に今読むべき本じゃないのかな?と思いつつ、
でも同時に、途中でやめられないナニカも感じる小説です。


こういう作品は、出会うタイミングが非常に重要なのだ、と思いました。

現時点で自分が大好きな本のことを考えてみても、
他の作品と比べて内容や展開あるいは文章が優れている、というよりは、
ソレを読んだタイミングの自分にとって必要な要素がつまっていた、
という理由によって、忘れられない一作になっているような気がします。

岡崎京子の 『PINK』 を2011年の自分が初めて読んだとしたら、
大友克洋の 『AKIRA』 を2011年の自分が初めて読んだとしたら、
ヘルマンヘッセの 『シッダールタ』 を2011年の自分が初めて読んだとしたら、
坂口安吾や村上春樹や夏目漱石を2011年の自分が初めて読んだとしたら、

今自分がそれらの作品を、“人生で出会った最も素晴らしい作品のひとつ”
と感じているように感動することができたでしょうか。
あんなに何度も読み返したり、
フレーズを暗記してしまったり、
影響を強く受けたりしたでしょうか。


逆に言うと、
最近読んですごく退屈だと感じたいくつかの作品も、
読むタイミングが違えば、つまり中学生の頃に出会っていたり、
ものすごく落ち込んでいる時に出会っていたり、
変化を求めている瞬間に出会っていたりしたら、
まったく違う評価を下していたかもしれません。

こんなに素晴らしい本があったのかー!とか言ってみんなにオススメしていたかもしれません。


やっぱ人生、タイミングですね、と、
そういえばこのことは、
今日お酒を飲みながらしていたお喋りの中でも、
繰り返し出たフレーズでした。んー。
a0137643_2102864.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-11-25 19:44 | 日記
2011年 11月 25日
真夜中を走る
a0137643_19274635.jpg
わたしはいま・・・
って書き始めたら今井美樹の名曲 『プライド』 が脳みそで再生されました。

わたしはいま
南のひとつ星を
見上げて ちかった


しかし実際には何が起こっているかというと私は今、
終電を逃して深夜バスに揺られる駄目大人なのです。

仕事帰りにマリチャンと一杯ひっかけてたら時間を忘れるほど楽しくて、
終電1分前にハッと現実に戻りいきなり慌てて店を飛び出し、
マフラーも忘れて夜中の新橋をかけぬけたものの乗るべき電車は既に出発していました。

京王線が遅延している可能性に望みを託し、
とりあえず新宿までは。
でも奇跡が起こることはありませんでした。

そしたら駅員さんが、深夜バスという便利なものの存在を教えてくれまして、
このまま順調に行けば深夜2時にはタダイマーとなるはずです。
1900円なーりー。

でも終電なくなる!って時のあのヒヤ~っとする感覚はたまりません。
もちろん悪い意味で。

ほんとにもっと気をつけて生きなくては。


ただ、そんな時でも、
携帯電話ってやつは人に勇気と元気を与えてくれるのです。

物理的に頼れないくらい遠くに住んでる友達であっても、メールで心配してくれるだけで心強いし、
新宿界隈に住む友達に連絡も取れたし(泊まってもいいと言ってくれた優しいマユ、まじ感謝)、
終電逃したむねフェイスブックでつぶやいたらなぜか 「いいね!」 を押されて思わず笑ったし、

これが携帯充電切れたとかでほんとの一人ぼっちだったら、
かなりアワアワしたことでしょう。

誰かと繋がってる感覚っていいよね、
実際には一人で路頭に迷ってるんだとしてもさ。


そんなわけでまだまだ我が家は遠いのですが、
明日は業務が立て込む金曜日ですから、
そろそろ仮眠を取ろうかなと思います、
バスの揺れに身を任せて・・・オヤスミナサイ。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-11-25 01:48 | 日記
2011年 11月 23日
空腹の22時
a0137643_20482037.jpg
代々木公園を出る時に私はたぶん実際に微笑んでいました。
気持ち悪いよね。

浸りたい放題感傷に浸ったらすっかり気分が良くなり、
そのままぶらーっとハンズへ。
朝早くに行動を開始したおかげで公園でゆっくりしてもまだなお午前中で、
いつだって人間だらけの忙しい渋谷も心もち歩きやすかったです。

ハンズが今の地球上では一番、ドラえもんのポケットに近いものだと思う。

特に渋谷のハンズに来るとそう思います。
だって本当にいろいろ便利なものだらけだから。

ゆっくり歩き回って、どこかの誰かのものすごいアイデアに脱帽したり、
綺麗に陳列された色とりどりのナニカを眺めて楽しくなったりします。
今日特に、「よく考えるなー!」と感激した商品を2つ選びました。

a0137643_21104651.jpg1つ目は、ゴミ袋ちりとりです。
スティックのようなものに市販のゴミ袋をセットするだけで、
ちりとりに早変わり!!です。わお。
a0137643_21105078.gif
そして2つ目は、お洗濯物を干す時にいちいちしゃがまなくてOkという、
その名もカンガルーエプロンです。わお。
なんなのこの姿。
他にもひとりでたくさんの 「わお」 を堪能し満足してから、
お風呂にバイオが繁殖するやつと、
じゃがいもやごぼうを洗うスポンジを購入しました。
あまりインパクトのない普通のアイテムですが、
欲しい欲しいと思っていたのです。


それから以前ブックファーストがあった場所にいつだかオープンした H&M へ。

ちょうど私が渋谷に住んでいた頃にブックファーストが出来て、
そんなに大きな本屋さんなんて初めて見たものだから、
浮かれてしょっちゅうしょっちゅう立ち寄っていました。

なにがなんだか、「ブッファー」 などという愛称をつけて、
「ちょっとブッファー行って来るわー」 とか言って、
でもすごく呼びにくかったです。


ところで渋谷の H&M では友達が働いているはずなので、
どこだどこだ?と思いながら4階建てのフロアを行ったり来たりしました。

なんだ会えないぞ、今日はお休みかな?と考えてフと、
彼女が働いてるのは渋谷ではなくて原宿だった、そういえば。
と、思い至った時にはもう店内を2往復していました。

あー、こういうミス多い。
プライベートではまだしも、仕事でやると笑えない。

原宿勤務の友達に渋谷店で会えるはずもなく、
その後はせっかくだからお買い物に専念しようと思いましたが、
どうせ最近会社には部屋着で行っているのだからと思い直して、
財布の口を固く閉ざしました。

そう、今の会社の良いところは、部屋着で会社に行けるところです。

会社帰りに友達と遊ぶ予定のある日に限り、
ちゃんとスカートなどを履きます。
そんなわけで、突然友達からお誘いがかかると、
「こんな格好でごめんね、てへ」
と、相手にとってはどうでもいいことでしょうが謝罪するしまつです。


可愛いと思った花柄のニットも、もふもふしたパーカもなんにも買わず、
最後に駅前の薬局で必要なものをいくつか手に入れて、
それから家に帰ってパンを焼いて食べました。
a0137643_20482880.jpg
ちなみに最近コーヒーに入れてよく飲むのがこちらの商品です。

牛乳に入れるリキュールなのですが味の種類が豊富で、
私はチャイフレーバーを、コーヒーや紅茶にミルクを入れてから少し垂らすのが好きです。

遅めの昼ご飯だか早い夕飯だかわからない時間に食べたベーコンエッグ。
かぼちゃのコンソメ煮と、鷹の爪で和えたいんげん。

おかげで今、変な時間にお腹が空いてきました。
どうしよう。今から何か作るの面倒くさいなー!ぶつぶつ・・・
a0137643_20482424.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-11-23 21:48 | 日記
2011年 11月 23日
渋谷ノスタルジー
a0137643_19451181.jpg
勤労感謝の日、寒くもなく暑くもない好きな天気。

朝6時ぐらいに一度目が覚めたら二日酔いみたいに頭が痛くて、
昨日飲みすぎたかな?(と言ってもレモンサワー2杯だけど)とズキズキする頭で考えてたら再び眠りに落ち、
次に起きたら時計は9時で、頭の痛いのは治まっていました。

よかった、 ので、 ドラ焼きを持って渋谷へ。

代々木公園に無性に行きたくなりました。
a0137643_19451348.jpg
綺麗に紅葉を始めた木々を、
あの色のまんま写真に写すことが出来なくて今日も残念です。
a0137643_19451732.jpg
代々木公園で何がやっているか調べずフラリと来てしまいましたが、
野外音楽堂に近づくに連れてズンズン心臓に響く音が聞えてくるではありませんか。

まさかまさか?とさらに近づいて行くと、
ステージには懐かしのDJブースが。

もう7年も8年も前にここでよくやっていた、
エレクトロとかトランスのイベントを思い出しました。
あのイベント、本当に楽しくて毎回踊りに行ったのです。
友達もたくさん、民族楽器なんかを抱えて踊りに来てました。

でも場所が渋谷なだけに客層がだんだんギャルっぽくなり、
雰囲気変わってきたな?と思ってたらいつしかイベント自体がなくなっていました。
a0137643_19455161.jpg
まだ時間が早すぎて主催者みたいな人たちしか踊っていなかったけれど、
その音に浸ってしばらくそこにいました。


そして昨日の夜お酒を飲みながら誰かが言った言葉を、
また思い出して反芻しました。

彼が言ったその意味は、本当は私が受け取った意味とは違うかもしれなくて、
でも 「わかる、わかる」 と私は相槌を打ち、
つい最近自分自身がまさにそういうことを考えていたんだよ、
とも心の中で思いました。

私は今32歳で、東京に出てきてから14年も経ち、
時々自分にとって過去ってなんだろうと考えます。
間違いなく過去が私を造ってきました。
じゃあ今の私は、未来の私を造っているだろうか?
過去の私がしてきたように?


この14年間にはいろんな出来事がぎゅぅっと詰まっています。
いろんな人に出会い、いろんな場所へ行き、いろんなことを体験した、
普通の人よりもたくさん、なんて具合にソレをを誰かと比べることは出来ませんが、
でも本当に自分が、私の人生ってこんなものだろう、と昔想像していた以上に、
遠い遠い遠い場所まで自分を連れてきたのが、この14年間の自分です。

私は過去の自分に感謝します。

過去の自分の、馬鹿げた好奇心や、嘘みたいな大胆さや、
物怖じしない図々しさや、幸運や前向きさやひとつひとつの選択に感謝します。

そして今は、
今の自分はどうだろう?
未来の自分に感謝されるような自分でいるだろうか?

ちょっと首をかしげて、も少し「ちゃんと」しようと思ったりします。


ほら、日本がさ、
高度経済成長期にそれこそ死に物狂いで頑張って今の日本になって、
でもある時期からはやっと手に入れたその地位にあぐらをかいて、
過去の栄光を食い潰しているだけである、みたいな。
あとは堕ちて行くだけである、みたいな。

そうやって言われてるようなことが、
個人レベルで私にも起こってるような気がしたり、しなかったり。

なんかもやもやしながら渋谷に来て、
ちょっとだけ、「あ、やっぱり・・・」なんて思い当たることがあって、
だけど自覚したら元気も出て、
代々木公園を後にしたのでした。
a0137643_19455715.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-11-23 19:00 | 日記
2011年 11月 22日
マジック
a0137643_18255486.jpg
会社帰りに今日は表参道ヒルズでご飯のはずでしたが、
友達の体調がのきなみ優れず延期となりました。
どうぞお大事にしてください。

で、そういえばちょうど今夜は日本橋で、
別の友達の主催する飲み会があったはずだと思い出しました。
客船のシェフとして世界を一周半して帰ってきた彼の “お帰りなさい会” に、
せっかくの祝日前だし参加しようかな?
と考えて連絡を取っているとまた別の友達からメールが届きました。

今、中目黒で飲んでいるとのこと。

その友達とはバンクーバーに行く直前に会ったきり2年近くは音信不通で、
あまりにも久しぶりだったので顔を出すことを即決しました。

場所はあの目黒川沿いの角にある有名な大衆居酒屋。
役者をしている彼らは稽古場が近所なので、
夕方からずっと飲んでいたそうです。(最終的には6時間ほど居座っていました)

カナダどうだったー?
という話題が自分の中では既に懐かしいものになっており、
髪が伸びたとか、グリズリーベアがどうのこうのとか、オーケンとかステカセキングとか、
こんな書き方じゃあさすがに全然伝わらないだろうけど、
まぁとにかく楽しかったのです。


私が到着した時点で結構酔っ払っていましたが、
なぜか途中から手品の披露大会みたいになって、
タバコ、ライター、割り箸などを駆使した、
まさに宴会芸!!
という感じの様々な手品が繰り出されて笑いの時間はあっという間に過ぎたのでした。

私も今度どこかであの手品をお披露目します。
(かなり練習しました)
どなたか忘れずにリクエストして下さい。
a0137643_18574493.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2011-11-22 18:25 | 日記