<   2012年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 30日
うさぎ眼
a0137643_2338833.jpg
目が痒い痒いと思い始めてから3日目の朝、
“痒い” は “痛い” に変わってゴロゴロと地味に私を苦しめます。

眼科に行ったら眼球が傷だらけとのこと。
目薬2種類と軟膏(!)を処方されて、
右目には眼帯をするハメになりました。

念願と言えば念願の 「片目のウィリー」 なのだけど、
PC眺めてるだけで疲れるし、頭も重くなるし、ちっともクールじゃありません。
a0137643_2338082.jpg
ちなみに初診だったため視力検査をされましたが、
相変わらず0.1なのでした。

だんだん小さくなる平仮名や記号を読むタイプの古い視力検査で、
看護師さん 「じゃあ真ん中の、“に く” の列を、下まで読み上げてください」
私 「に・・・・く・・・?」

一番大きい文字しか読めない私に気がづいて、
苦笑いの看護師さんが 「あら、答を言っちゃってごめんなさいね」
と慌てたように見えました。


さて、待合室でぼんやり張り紙なんかを読んでいたら、
気になる記事を発見しました。
『ウイルス性の炎症』、という項目で、
赤く痒くなるが、数日経つと生活に支障がなくなるため、
治ったと自己判断してしまい大変危険である、
・・・その後ガクッと視力が落ちたり、黒目が濁ったりすると書かれていました。

数年前、思い当たることがあったのです。

そもそも私は27歳くらいまでは毎年の健康診断で、
視力1.2から1.5をさまよっている状態でした。
それがある年に突然 0.4になり、
あとはあれよあれよと悪くなって33歳の今、0.1なわけです。

働いていたレストランを辞めPCを使う事務職に転職したのが、
ちょうどそのタイミングだったため、
そのせいかなぁと考えていたのですが、
でもあの急激な転落は、
当時の目の痛みに関係あったのかもしれません。うーん。

最初あんまり片目だけが赤いものだから、
携帯で写真を撮ったヤツが残っています。
ほら。これが2008年。まだ視力は悪くなかった・・・。

この時が運命の別れ道だったのかしら。
いきなり片目が赤くなり、その後両目とも真っ赤になりました。

やっぱり病院て大事!どんどん行こう!
a0137643_2328324.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-05-30 23:08 | 日記
2012年 05月 29日
ゆ め を み た の
a0137643_23562768.jpg
子供の頃から好きで何十回も観た映画は1本や2本じゃなくて、
クラシカルなミュージカルだったりB級の冒険鐔だったりそれはいろいろなんだけど、
AKIRAも私にとって大事な作品のひとつです。

初めて観た時のあの衝撃。

原作の漫画も何度か読み勿論感銘を受けましたが、
映画版のあの動き、音、音楽、光の迫力が、今なお私の胸を捕えて離しません。

で、AKIRAに出てくる金田君のバイクにまたがれる日が私にもやってきました。
a0137643_23562384.jpg
乗りたいか、鉄雄!俺用に改造したバイクだぜ。
ピーキーすぎてお前には無理だよ。

しかもジャケット・革の手袋・ゴーグルつきです。
a0137643_23562963.jpg
千代田アーツ3331で開催された大友克洋展ですが、
大量の原画が陳列されていて圧巻でした。

大友さんの頭の中ってどうなっているのかな。これこそまさに才能だと思いました。
アキラの頃は基本アシスタント2人、たまに3人、という少数精鋭で描き上げていたそうです。
芸術です。
a0137643_23563240.jpg

a0137643_2356372.jpg
偶然イラストレーターの友人に会いました。
彼女はどんな視点でこのイラストたちを眺めるのかしら。


同じ部屋に、童夢のズン壁もありました。
a0137643_23564821.jpg
基本のズン!バージョンも撮りましたが、
なんかよくわからないキックのポーズでもう一枚。

えい!
a0137643_23564617.jpg
最後の大きな壁は寄せ書きスペースになっており、
話によると著名な漫画家のメッセージがいくつも紛れているそうです。
最終日間近に行った私にはもう何がなんだかわかりませんでしたが、
無理矢理すき間を見つけて私もひとこと。
a0137643_23562146.jpg

a0137643_23564117.jpg
大好きな金田になりきって、子供の時分から何度真似たかしれないあの名場面を。
a0137643_23564368.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-05-29 23:55 | 日記
2012年 05月 28日
おばあちゃん土産
a0137643_2327049.jpg
昨日、静岡からはるばるスカイツリー見物にやってきたおばあちゃんが、
ちびまる子ちゃんのお菓子をくれました。

私と、姪とに、こっそりくれました。

もっと正確に言えば 「おばあちゃんからお土産があるみたいだからもらってきなさい」
と、お母さんに促されたのですが、
ほぼ寝たきりで車椅子を利用しているおばあちゃんが、
お菓子を一人で買いに行けるはずもなく、
きっとお母さんがコレを用意して、私と姪にくれたのです。

それはハローキティの大きめのビニールバッグで、
他にもポッキーだのなんだのいろんなお菓子が詰め込まれていました。

一緒になぜか、ダニ取りグッズがそっと入れられており、
気管支喘息の私には嬉しいものでした。


私はもう大人で大きいけれど、
おばあちゃんの孫でよかったし、
お母さんの娘でよかったです。


ちゃんとご飯を食べなさい!と言って大量のお菓子を渡され、
「帰りの電車わかる?大丈夫?彩子(姉)、駅まで一緒に行ってあげなさい。」と、
最後まで私は堀井家の、ちょっと危なっかしい次女だったのでした、
あの人たちの前では。

ありがとう。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-05-28 23:26 | 日記
2012年 05月 27日
トーキョーの空
a0137643_22563056.jpg
いま東京でいちばん予約が取れない場所!

と、仕事中つけっぱなしのラジオから流れてくるのはスカイツリーの話題。

オープンしてしばらくはすごい騒ぎが続きそうだし、
夏休みが完全に終わった頃のんびり行くのが賢明だわと思っていたら、
チケットが当選したから全員集合よと実家からメールが届きました。


静岡に住む両親と弟と祖母、千葉に住む姉一家、
そして東京の西側から私も勇んで足を運び、
姉の結婚式以来、珍しく一族総出のお出かけです。なんか嬉しい!
a0137643_22553155.jpg
大人になると、昔は想像も出来なかったことが突然現実になったりする。

東京タワーよりもずぅっと高い建物が完成したり、
お世辞にも仲良し一家とは言えなかったうちの家族が、
こうして楽しそうに笑って日曜日を過ごしたり。
a0137643_22553462.jpg

a0137643_22554896.jpg
まぁとにかくすごい人で、
完全予約制でありながら、チケットを持っていても尚、
各エレベーター前で1時間、2時間待ちとのアナウンス。

ところが我が家のおばあちゃんが車椅子を利用しているため、
特別に、まったく待たずに案内していただきました。
膝の悪い母や、5歳の姪も一緒だったので、
本当に本当にありがたい配慮でした。スタッフの皆様に感謝します。

こちらは展望台のチケットです。
珍しく家父長らしく率先して全員にチケットを配る父。
そんな姿、初めて見たかもしれません・・・
a0137643_2256129.jpg

a0137643_22561639.jpg
さて、スカイツリーには2つの展望台がありまして、
こちらが350M。
a0137643_2256564.jpg
さらに上昇して、こちらは450Mです。
a0137643_22563240.jpg
東京が、ほんもののおもちゃみたいに見えました。

「え?もっと上?宇宙?宇宙に行くの?」
と、大興奮の姪。
a0137643_225610100.jpg
高さの感覚が麻痺してよくわからなかったけど、
目の高さにヘリコプターが見えて、
「ああ、高いんだなぁ、ここ」
と思わず感心しました。
a0137643_22563948.jpg
ちなみに怖がりの姪ですが、
生まれた時からマンションの18階に住んでいるせいなのか、
高いところは一向に平気な様子でした。

こちら、床がガラスになっていた一角。
a0137643_22562090.jpg
高い空から見下ろしたその風景には、
私の大好きなものがぎっしり詰まっていました。


大好きなもの。

長い間通いつめた夢の国のお城だとか、
その隣駅の大きな大きな観覧車、
視線を移すとかっこよくそびえる電波塔、
ビルの真ん中で森みたいになっているのがきっと代々木公園、
じゃあ近くの太い道路は自転車でぶんぶん走ったあの道、
ということはあの丸く曲がった道路の下にはスーパーマーケットがある、
あっちのドームの横には何度も乗ったジェットコースターがあって、
向こうの駅には早く着きすぎて待ちぼうけした思い出が落っこちていて、
左側にあるはずのラーメン屋さんには夜中にすすった優しいお茶の記憶が落っこちていて。


私の視力0.1の裸眼ではハッキリ見えるものはなんにもないのに、
私にはそういうバラバラ散らかった自分の、
東京で過ごした10年ちょっとの思い出がとてもよく見えました。

よく見える、よく見える、あの子があの看板の近くのマンションに住んでいる、
友達は恋人と一緒にあのホテルのカフェで、頼んだオムレツを待っている。


私の目は、スカイツリーからいろいろなものを見たよ、大事にしよう。
a0137643_22562661.jpg

帰りにソラマチという併設された商業施設でハイヒールを買いました。

5歳の姪と一緒になって試着をしていたら、
大きくなったらヨウチャンみたいな大人になりたいと言われて、
早く姪が年頃のお嬢さんになり、
二人でお洒落してお茶でも飲めたら素敵だなと思いました。
a0137643_22562451.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-05-27 22:54 | 日記
2012年 05月 26日
のんのん、びりびり
a0137643_2154434.jpg
今日は予定を入れずのんびりしようの土曜日です。

先々週、競馬場の駐輪場でパンクしていた愛車を近所の自転車屋さんで修理してもらい、
家に帰って勢いで部屋の大掃除を始め、
ベッドなどをあっちこっちに動かしていたらいつの間にか自分で元に戻せなくなっておりました。

どうしてこうなった。

まぁ最終的にはどうにか納まったのですが。
a0137643_2155149.jpg
今日の私はどこへも繰り出さず、
とにかくのんびりするんだ!と決めたのでなんだか自由です。
久しぶりに一人を満喫する土曜日です。

玄関からベランダまでせっせと掃き清めて、
古い洋服を雑巾にしてママチャリも洗車、
シリアルを山ほど買い込み、シャワーヘッドを付け替え、シーツ達を洗濯、
コレクションのマリオグッズを1つ1つ磨きました。


それから来週のお弁当用におかずをどっさりこしらえて冷凍し、
夕ご飯には旬のアサリを安くたくさん買ってきました。
a0137643_2154064.jpg
お料理は得意でもなんでもないけれど、
やり出すと楽しいな、と思います。好きです。

ただしお料理よりも楽しいものが私にはたくさんあって、
なかなか順番が回ってこない、というのが現実なのです。
音楽でしょ、イベントでしょ、それから海と飲み会とお祭と任天堂と旅行と漫画と・・・

そういう諸々のやっと次、ぐらいにお料理が好きです。


エビとアサリのパエリヤが夜遅く、
美味しそうに炊き上がりました。

昔はエビが苦手で大人になってから食べるようになった私は、
小さい頃にエビの食べ方のレクチャーを受けることもなかったためか、
エビは殻ごと食べるのが普通だと勘違いをしておりました。

脚だのなんだのついたままガリガリ食べていたら注意されたこと、
とても充実した良い土曜日だったけれども、
それが本日の、失敗といえばまぁ失敗でした。
a0137643_215469.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-05-26 21:04 | 日記
2012年 05月 25日
スナオの旅
a0137643_20463967.jpg
銀座のパセラでお誕生日会をしました。

たまにブログに登場する、前々職でお世話になった皆様方。
いつもは普通にお酒を飲んで、
お酒を飲むと歌いたくなって、
カラオケ行きたい!けどもう時間がない、じゃ、次回はカラオケで!
みたいな流れで、
この度ついにカラオケを予約したはずだったのですが。

結局2時間半のうち半分以上は、
ご飯を食べながらずっとお喋りをしていました。
これなら居酒屋でもよかったかも?っていう・・・笑

1ヶ月か2ヶ月に1回会うというペースなので、
話すことがいっぱいたまっているのです。


喋って、歌って、お誕生日を祝って、
この大切な友人たちの明日が幸せでありますようにと心から思いました。

あなたが自分の感情や欲望に素直になれますように。
大切なことを大切な人に伝えることができますように。

そして長い1日のおしまいに、
拍子抜けするぐらい穏やかな幸福であなたが満たされ、
ずっと日なたに干されてたお布団みたいにふくふくと笑っていますように。
a0137643_20464179.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-05-25 20:46 | 日記
2012年 05月 20日
ジャマフェス
a0137643_2333264.jpg
今日は朝から幸せな良い気分で、
浮かれたまんま出かける支度をしたら浮かれた格好になりました。

おかしなフルーツ柄の短パンに麦藁帽子で向かう場所は大好きな代々木公園、
会う友達は大好きなせっちゃんとあーちゃん。

ジャマイカンフェスでみんなではしゃごうという算段です。
a0137643_23334133.jpg
すごい人!
a0137643_23332483.jpg

a0137643_23334625.jpg

a0137643_23335347.jpg

a0137643_23333989.jpg
ビールとマンゴージュース、ジャークチキンにココナッツ味のご飯を片手にステージ前へ。
気持ち良いジャマイカンミュージックはそこにいる全員を笑顔にしてくれます。
a0137643_23335950.jpg

a0137643_23335515.jpg
友達も大勢きていて、
偶然会ったり、会えなかったけど同じ写真をFBにポストしていて微笑ましかったり。
a0137643_23332018.jpg

a0137643_23333424.jpg

a0137643_23333268.jpg
夕方コーヒーでも飲もうと原宿まで歩いて、
1時間ぐらいお喋りをしてまたきゃぴきゃぴして解散しました。
a0137643_23334429.jpg
私はもう一度公園に戻り、
ゆーこカップルと挨拶、
なおみ夫妻と乾杯、丸くなってしばし歓談、
また出店のあたりをウィンドウ(?)ショッピング、
a0137643_23333619.jpg

a0137643_23335064.jpg
ピザとモヒートを調達し、
美容院仲間に合流して8時までジャマイカンフェスを堪能しました。
帰り道にバハマ出身のイズマと、なぜか新宿までお喋りしながら帰ったのでした。

夏みたいな一日でした。
a0137643_23332920.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-05-20 23:33 | 日記
2012年 05月 19日
初任給
a0137643_20205269.jpg
サラダバーのデザートコーナーで、
ソフトクリームを欲張ってぼとぼと垂らす33歳。

さて今夜はシズラーで晩ご飯です。

この4月から社会人になったヒロが、
記念すべき初任給でご飯を食べに連れて行ってくれました。
a0137643_20204681.jpg

a0137643_20204821.jpg
なんでシズラーかと言いますと、
うちから歩いて行けるっていうのと、
私はシズラーのパンプディングがやたらめったら好きなのです。

“OOホテルの最上階のラウンジで~”、
なんていう気取ったのじゃなくって、
私たちはとても私たちらしく、心地よくご飯を食べました。


お肉をもぐもぐ頬張ったり、
シュークリームを積み上げたり、
帰り道にドンキホーテに寄って牛乳を買ったり、

「お腹苦しいー!!」と言って笑いながら、
フラフラ歩いたりしました。

ご馳走様でした。
いつも幸せにしてくれてどうもありがとう。
a0137643_20204348.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-05-19 23:20 | 日記
2012年 05月 19日
モッズ!モッズ!モッズ!
a0137643_2384274.jpg
モッドのお祭り、東京モッズメイデーです。

毎年、旧渋谷公会堂前にベスパが集まってそこからみんなで川崎に向かい、
チッタで朝までライブ観ながら酒を飲んでダンスするという、
(ものすごく簡単に表面的に説明すると)、そんなイベントがあります。
a0137643_2385361.jpg

a0137643_2385113.jpg

a0137643_239163.jpg

a0137643_2385976.jpg

a0137643_2385725.jpg
ご存知の通り私はまったくモデットではございませんが、
心優しい友人のツテで念願の60's風ドレスを手に入れ駅のトイレで着替えて、
何食わぬ顔でいそいそと集合場所へ向かいます。

ほんとのほんとは、モッズとは・・・みたいな難しいことはわかんないし、
ただただ毎年モッズメーデーの写真とか見て、
うはぁ、かっこいい!って思ってただけの女ですけども。

でもそこは、60’s なワンピースを着てその気になれば、
細かいことは気にならないタチなので。
a0137643_2392692.jpg
旧い友達にも遭遇しました。
やったー!完全アウェイだったので妙に嬉しい再会でした。
a0137643_2391824.jpg
くらくらしちゃうような青空の下、かっこつけたベスパ乗りたちは、
老若男女、日本人も外国人もみんな最高にカッコイイ。
a0137643_239881.jpg

a0137643_2391197.jpg

a0137643_239699.jpg
思うんだけど、いつもいつもかっこつけてばかりいると疲れるし、
それって逆にたいしてクールじゃなくて、
でも時々、ここぞ!という日にこうして思い思いにめかし込み、
それを心から楽しんでる人々が私は好きです。


2時間ぐらいで全員が集まり、いよいよ出発。
a0137643_239237.jpg

a0137643_2391617.jpg

a0137643_2391329.jpg
出発の瞬間は最高なんだとスペインから来たマリアに教えてもらい、
わくわくしてエンジンの音を待っていると、
確かにそれは身体がぶるぶる震えるみたいなすごいカッコ良さでした。
a0137643_2392197.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-05-19 23:07 | 日記
2012年 05月 18日
目指す光の先にあるもの
a0137643_22391945.jpg
仕事が終わってからてくてく歩いて日比谷公園へ。
そこはオクトーバーフェストの真っ最中です。

会社から日比谷公園がこんなに近いなんて知りませんでした。
a0137643_22392810.jpg
15分くらい歩くとザワザワが近づいてきて、
「目指す光の先にあるもの もしくはパラダイス」
という松本大洋の書いた小説のようなもののタイトルを呟いてぐんぐん進みました。
原文はカタカナだったかと思いますが。

松本大洋の漫画が好きで、
活字の本もあるのか読んでみよう、と思って読んだものの、
見事に内容は覚えておりません。
内容は覚えていないのだけどタイトルだけはきっちり覚えており、
生きていて時々、こうして遠くに明かりが見えた時なんかに、
ふと呟きたくなるお気に入りの呪文です。
a0137643_22392118.jpg

a0137643_22392472.jpg
先に1杯目を飲み干していたリミチャン、リカチャンと合流し、
バニラのビールを購入しました。

甘くて苦い、フレーバーシロップ入りのエスプレッソみたいなビールでした

それから陽気な音楽の聞えるステージ前へ。
a0137643_22392636.jpg

a0137643_2239093.jpg
うわーい。
5月の公園、夜の風、ビールと音楽、
大好きな友達のばか笑い。
a0137643_2239172.jpg
そもそも阿波踊り仲間の彼女、
私がバンクーバーにワーホリに行くことになった時、
彼女も高校の時にバンクーバーに留学していたことが発覚しさらに仲良しに。

そして帰国してからは一緒に競馬を見に行くこと数回、
若かりし頃から競馬をたしなむ彼女は先日ものすごい三連単を当て、
競馬場で騒いでいるだけの私からすれば大師匠なわけですが、
まぁそれはさておきとにかくお喋りはつきません。

この夏の計画を立て、楽しく酔っ払い、
そうこうしてるうちに日比谷公園のオクトーバーフェストも終了のお時間とあいなりました。
a0137643_2239254.jpg
帰りはまた新橋まで歩き、
途中で見かけた看板で悪ふざけ。
a0137643_22391251.jpg

a0137643_223944.jpg
最後の最後まで良い気分で、
サルサをやっているリカチャンも含め、
3人で一番カッコイイ踊りのポーズを撮ろう、ということに。

これがカッコイイかどうかは個人の判断に委ねるとして笑、
楽しいことは素晴らしいことだ。
私は人生を楽しんでる人が好きなのだ。
と、今夜もそんなことを、シンプルに思った夜でした。
a0137643_22391481.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-05-18 22:38 | 日記