<   2012年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2012年 08月 31日
Once in a blue moon
a0137643_11154280.jpg
ごく稀に、大気のチリの影響で月の光が青く見える現象があるらしく、
これが転じて、「滅多に起きない珍しいこと」 を、
ブルームーンと形容するそうです。

そして本日は、一ヶ月のうち2度目に訪れる満月の夜。
通常満月は一ヶ月に1度なので、これも珍しいことです。

だから今夜はブルームーン。
月が青いわけではないけれど、
珍しい2度目の満月だから、ブルームーンです。


SNS を開くといろんな友達が、
今夜の月の美しさを楽しんでいるようでした。

確かに今夜の月はまったく大きくて明るくて、
誰かが作ったニセモノみたいな美しさでした。

二度目の満月だとかそんなことを知らなくても、
ただその煌々と輝く丸い光に圧倒されてしまうような空です。

いつもより早く仕事が終わって地元の駅に着くと、
ヒロから電話がかかってきて、
彼も今仕事が終わって帰り道とのこと。

金曜日のまだ8時にお互い府中にいるなんて、
ほんとにほんとに珍しいことです。
Once in a blue moon.

じゃあ一緒にご飯を食べようということになって、
待ち合わせをした駅の出口で私は月を見ていました。

綺麗な月に目を奪われて、
その月を見せたいな、とか、
一緒に見たいな、だとか、
そう思える相手がいるのはとても幸せだと考えていました。

前も日記に書いた、夏目漱石の I love you の話

愛という概念がまだ日本人には直接的すぎた明治時代。
I love you を「愛しています」と訳す代わりに、
「月が綺麗ですね」とでもしておきなさい、
と生徒に教えた漱石。
(ちなみに出典は 嵐山光三郎の「文人悪食」なんだそうです)

いま私達日本人は月の美しさを、
例えばフェイスブックやツイッターで、
簡単に全世界へ向けてつぶやきます。


だけどそれでもやっぱり、
ふと空を見上げて、
「ああこの月を、あの人に見せたいな」
と思う気持ちは、
I love you にとても近いと、2012年の私も思いました。
a0137643_20382268.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-08-31 11:13 | 日記
2012年 08月 30日
しろくま
a0137643_1004096.jpg
今まで漫画とかでしか見たことがなかったような、
強烈な営業のおじさんが会社にいます。

風貌は安岡力也っぽくてキャラはバブルで、
たまに仲良しだったり、
たまにわけがわからなかったり、
まぁそんな感じですが、
今日アイスをくれました。

会社で周りの方々からお菓子をいただくことは割りと頻繁にあるのですが、
たまには日記に書いておこうと思って写真を撮りました。


コピー機の辺りをうろうろして自分のデスクに戻ると、
ぶっきらぼうに置いてあったしろくま。
(もし30分ぐらい私がデスクに戻らなかったらどうするつもりだったんだろう・・・)

私が入社して1年と少し経った今日この頃、
「りょうこちゃんと働いたこの1年でオレね、すごく成長したんだよ。ありがとう」
と言われて思いがけずジーンとしてしまったこと。
(私が成長したんじゃなくて、Sさんが成長したんだ笑)

いろいろあるけど、頑張ろう。


もう8月が終わります。
しろくま美味しかったです。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-08-30 10:00 | 日記
2012年 08月 29日
事件未満
a0137643_10425520.jpg
これはいったい夏のせいなのか、
そうだみんな夏のせいにしてしまえ、
最近どうも外食がしたくなるので困っています。

昨日だってちゃんとお弁当を作って持ってきていたのに、
会社の近くの中華料理屋に、冷やし担担麺を食べに行ってしまいました。
美味しかったけれど、
もっともっと辛くてもよかったです。
辛いものが好きです。
これも夏のせい。

今日も辛いものを求めて街に出たいのをグッとこらえて、
会社の冷蔵庫に入れておいた昨日のお弁当を食べたのでした。
a0137643_10425948.jpg
そういえば担担麺の帰り道、
会社の前の通りを歩いていると、
視界に入ったゴミ袋に尋常じゃない違和感を感じました。

ん?

なんと人の頭部が入っているではありませんか。
ってこうして文字で書くとまるでふざけているようだけど、
あの時あの場では心臓がヒヤッとしたものです。


ちょ、ちょっとアレ・・・・


と、一緒に歩いていた同僚を小声で呼び止めると、
「ああ、そこ、床屋さんがあるから」
と優しく教えてくれました。



どうしてちょっと考えればわかることにも、
こんなにビビってしまうのか、
そろそろ真面目に対策を練った方がいいような気がした昼下がり。
a0137643_1043254.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-08-29 10:42 | 日記
2012年 08月 28日
新橋タイマーズ
a0137643_940334.jpg
会社帰りに山手線に乗って、
私がフェイスブックを開いたタイミングで友達が近況をアップデートしました。

「新橋なう」

それはいつも行く美容室の仲間で、
アップされた写真は新橋のSL広場ではありませんか。

普段原宿で会うメンバーが、
私の勤務地にいると知ってなんだか心弾み、
お腹も空いていて夕飯どうしようかなぁとちょうど思っていたので、
すぐさま電車を降りて一駅分、また新橋に引き返しました。
a0137643_9404119.jpg

関西組の会話が面白くて面白くて、
上手いこと突っ込むこともできずに笑い転げた愉快な夜。

これから銀座で遊ぶらしく、
新橋の居酒屋はさくっと出て、
ソニービルまで一緒にお散歩しました。

いつも楽しい美容師さんですが、
やっぱり仕事中の美容室で会うのと、外で会うのは微妙に違います。
最後は美容室の常連仲間とも久しぶりにハグを交わし、
酔っ払ってにやにやしながら帰りました。

時間にすると、ほんとにちょっと飲んだだけだったけど、
いっぱい笑ったら、いっぱい元気をいただいた。感謝です。
a0137643_9404626.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-08-28 09:37 | 日記
2012年 08月 26日
飲む阿呆
a0137643_9192358.jpg
今夜は高円寺で、阿波踊りのお祭りがあります。

数年前、連に入って法被踊りをしていた私、
今はめっきり見る阿呆ですが、
高円寺に行くたびにあの年の夏を思い出し、
また再び踊る阿呆に戻りたくてうずうずと切なくなります。
a0137643_9191511.jpg

a0137643_9193159.jpg
すごい熱気の高円寺。

あちこちで阿波踊りが踊られ、
もっとよく見たいと身を乗り出す人々で埋め尽くされています。
a0137643_92035100.jpg
踊りのない路地にもビール片手の老若男女がごった返して、
町全体が活気づくのです。
a0137643_9194668.jpg

a0137643_9193930.jpg
やっとさー、よいさー。

私は知っています。
彼らは冬の間も練習をかかさないし、
夏が近づけば土日の両方がソレにあてられます。
平日の会社帰りに公園や公民館で特訓をしたり、
夏祭りのシーズンには毎週末どこかで本番があります。

人生を捧げると言ったら大袈裟で陳腐だけれど、
実際にいったん阿波踊りを始めたら、
そんな感じにおのずとなるのです。

だからこそ踊り手さんは輝いてるんだなぁと今日、しみじみ思いました。
a0137643_9195361.jpg
ご無沙汰のユウサンと。


だから見てると、心を打たれるんだ、
感動をどうもありがとう。
昔、一瞬でも彼らの仲間でいられたことを、本当に嬉しく思います。
a0137643_920216.jpg

a0137643_9201413.jpg
お祭は3時間続きました。

高円寺は踊ります。

子供も踊ります。
a0137643_920036.jpg
パンクスも踊ります。
a0137643_920858.jpg
お姉さんたちも踊ります。
a0137643_9204913.jpg

a0137643_9202837.jpg
彼らはこの後、美味しいお酒を飲むでしょう。

夏が終わってしまったみたいな複雑な感傷と、
踊りきった昂揚感で全身をぐったりと床に投げ出して、
手だけ高々と上げ、みんなで乾杯した夏を私も思い出しました。
a0137643_9205670.jpg

a0137643_921345.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-08-26 23:17 | 日記
2012年 08月 26日
ミユ in 原宿
a0137643_22302799.jpg
うちに泊まりに来ている5歳の姪が隣で寝ていたはずなのに、
夜中ふと見ると足と頭が逆になっており、
朝になって気がつくと足元に縦になって寝ていました。

どんな寝相であそこに移動したんだろう、
とぼんやり首をかしげつつ心地良い二度寝を楽しんでいたら結局すぐに姪に起こされて、
一緒にドーナツと牛乳を食べました。
a0137643_22304170.jpg
支度をして、原宿にあるたまごっちタウンに向かいます。

タウンと言っても駅前の小さな2フロアにグッズ販売とカフェがあるだけですが、
スタッフの方との通信でショップ限定のアイテムが手に入るんだそうです。
自分のたまごっちを首からぶら下げて、
姪は照れながら、でもなかなか楽しそうにお店のお兄さんとお姉さんに声をかけておりました。


ランチにオムライスを食べていると姪が鼻血を出しました。
暑さにやられているようです。
a0137643_22303425.jpg
渋谷まで足を延ばそうと思っていたのですが遠出は避けて、
オモハラで遊ぶことにしたら意外に楽しくて帰る時間を少し過ぎてしまった程です。

台詞が吹き出す壁。
怒ったり、恋したり、
いろいろなポーズの要求に健気に応じる弱冠5歳。
あー笑った笑った。
a0137643_22303714.jpg
前回彼と来た時にはオープン直後だったせいもあってか、
撮影待ちのお客さんが多くてゆっくり台詞を選んでいるわけにもいきませんでしたが、
今日の原宿はスーパーよさこい祭で物凄い人出にも関わらず、
この壁に足を止めるお客さんはあまりいなくて、
だいぶ遊べました。

じゃあバイバイ、また遊びに来てね!
[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-08-26 22:26 | 日記
2012年 08月 25日
クマの悪夢
a0137643_21512989.jpg
今夜は可愛い5歳の姪が、
はるばる(でもないけど)千葉から遊びにやって来ます。

到着が5時ぐらいだと言うので、
昼間は新宿にマッサージに行き、
それから伊勢丹に向かいました。
a0137643_21512783.jpg
この日新宿伊勢丹では、
画家をやっている友達兄弟の個展が開催されていたのです。

ライブペイントもあって、
ぐぐっと感動してしまいました。

20代前半、初めて会った頃は、まだ上京したてだったなー・・・
から始まって、
そこで孔雀を描いている彼らを、
観客のひとりとして眺めていたら、
いろんなことを思い出したのです。

好きな絵を真剣に描いている2人は、

フットサルをやっている時とも、
ビールを飲んでいる時とも、
バカな話をして笑っている時とももちろん違う顔をして、
きらきらなアーティストだったのです。

作品は写真に撮れませんでしたが、
とにかくハッピーな動物たちがわいわいしていました。
私もあの動物たちと一緒に遊びたい。
本当に素敵な空間をどうもありがとう。


さてさて、時間になりました。

姪を連れた姉と新宿駅で落ち合って、
そこから電車に揺られ我が家に案内します。
a0137643_21513253.jpg
高級マンションの18階で生まれ育った姪にしてみれば、
一人暮らし用の私の家は、狭くてビックリしたようでした。
おまけにテレビもないし、
オモチャもありません。

一緒に公園に行こうかな?と考えていたのですが姪はすっかりくたびれていて、
私の小さなPCでひたすらYoutube を観ていました。
なんだか現代っ子です。
a0137643_21513569.jpg
夜が近づいたのでスーパーマーケットでお肉を買い、
2人で一緒にハンバーグを作りました。
玉葱を炒めたり、胡椒をふったり、お手伝いをしてくれる姪。

さぁ完成!となったところで、
ご飯をよそうからテーブルで待っててね、
と姪には告げて、こそこそサプライズ。
a0137643_21552660.jpg
ご飯をクマさん風に盛り付けて、
お子様ランチっぽくしてみました。


ところがそれを見た姪は傍目にもわかるほど一気にテンションがガタ落ちで、
もうプレートを見るのも気が進まない様子です。

後からわかったことですが、
最近怖いクマが出てくる映画を観て映画館で号泣し、
夜も悪夢にうなされることがあるらしく、
今の彼女にクマはNGなんだとか。

そんなこと・・・・知るかーっ!!!

伯母さんの心はずたずたです笑

呆然とする私に、ニコリともせず姪がひとこと。
「ミユ、卵かけご飯が食べたいんだけど」

結局ほんとうにただの一口も手をつけず、
このハンバーグプレートは私が一人でたいらげたのでした。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-08-25 21:51 | 日記
2012年 08月 24日
我らがソリョーヌイ
a0137643_21391411.jpg
キンケロシアターという劇場が中目黒にあって、
今夜はそこで、高校の同級生がお芝居をやるとのこと。
同じ高校だったサチと2人でダッシュで駆けつけました。
a0137643_2139997.jpg

a0137643_21391144.jpg
キンケロだなんて変わった名前です。
例えば、「ドイツ語で “希望” と “破壊” いう2つの意味を持つ」
みたいな、ちょっとイイ由来がありそうではないですか。
a0137643_21391837.jpg
けれども。

今夜のお芝居、チェーホフの 『三人姉妹』 は、
演出が愛川欽也さん。この劇場も彼が建てたもの。

つまりキンケロのキンがキンキンで、ケロはケロンパのことだったのでした。

しばらく考えてそれに気づいた瞬間の、
脱力を伴う衝撃ときたら・・・


あー、面白かった。
a0137643_21392046.jpg
終わってから合流して、
目黒川沿いのイタリアンでプチ打ち上げです。
a0137643_21392667.jpg
今日のお芝居のあれやこれやを笑い合って、
まぁ素敵なことばっかりじゃないし、
かっこいいことばっかりでもないのだろうけど、
それでもね、私はやっぱり私の友人を誇りに思うのでした。

選んだ道は平坦ではないでしょうが、
平坦じゃないことを楽しんで進んで下さい。
ぐんぐんと。
a0137643_2139296.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-08-24 21:38 | 日記
2012年 08月 22日
芝公園でビール
a0137643_2133496.jpg
オクトーバーフェストがいま芝公園でやっているよと、
りみちゃんからメールが届きました。

「あーはいはい、あそこね。オーケーオーケー♪」
てな具合で仕事を終わらせて足取りも軽く向かうと、
なんだか公園が暗い。

待ち合わせ時間ピッタリについたと思ったのにソコは、
芝公園ではなくて日比谷公園だったのです。

がーん。

焦って「芝公園駅」というのを見つけて向かったものの、
なんと「芝公園駅」は芝公園の最寄り駅ではないんだそうで、
芝公園へは御成門駅の方が近いです、
と駅に貼紙がしてあるしまつでした。

がーん。

とりあえず東京タワーの近くで今夜もドイツのビールが酌み交わされているはずです。
天高くピカピカとそびえるタワーを目指して迷いながら30分くらい歩き、
最終的には楽しく乾杯することができたのでした。
a0137643_21325493.jpg

a0137643_21325926.jpg
オクトーバーフェストのビールってグラスが大き過ぎて飲み切れません。
150ml くらいで充分なのに・・・

かっとばすりみちゃんが今日も面白くて、
私は酔ってひどく充血した目で、ほのぼの笑いました。
a0137643_21325649.jpg

a0137643_21325220.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-08-22 21:32 | 日記
2012年 08月 19日
海と泡
a0137643_21165377.jpg
昨日に引き続き、半ば勢いで鎌倉へ向かう電車に乗りました。

9連休最後の日、
明日から始まる仕事に備えて家でのんびりしようと思っていたものの、
誘われるがままにチョット顔を出すだけ・・・と片道1時間半。
a0137643_21165572.jpg
昨日は友人夫婦とのんびり海岸でお喋りをして過ごしましたが、
今日はまず、シャンパンで乾杯からスタートしました。

しばらくフレンチフライなんかをつまんでいたのですが、
我々が案内されたテラス席にはパラソルもなく、とにかく暑かったです。
客を効率良く回転させるための陰謀かもしれません。
a0137643_21165750.jpg
QS を後にして、
アガる音楽が聞こえる方向に進むと、
ステージでは綺麗ドコロが踊っていました。
a0137643_2117415.jpg
予期せぬ友達にも会ったので恒例の撮影大会。
a0137643_2117058.jpg
海の家でイベント、というと、
なんとなくDJ風の人が音楽を流していて、
ゆるーく楽しんでいる感じを想像していたのですが、
今日はよくよく見たら「ageHa」系のパーティだったようで、
そりゃもう結構な人でした。
a0137643_2117250.jpg
そして・・・泡。
a0137643_2117637.jpg

a0137643_21171198.jpg

a0137643_211791.jpg
気持ちいいいいい。

そいえばイビサ島の泡パーティが日本上陸!
とかいうニュースを先々月くらいに見ました。
あれは室内のクラブだったので全然魅力を感じませんでしたが、
(だって絶対ぐちょぐちょになって面倒臭そう)
なんせ今日はビーチです。
濡れてもへっちゃらだし、すぐに乾きます。
a0137643_21281764.jpg
ちょっと顔出すだけ、との言葉通り3時間半くらいでビーチを後にし、
また片道1時間半かけて帰途についたのでした。

太陽に当たると楽しいけどでもなんか疲れるのはどうしてでしょう。
明日は久しぶりの会社なので、
今夜は早く眠るとします。
a0137643_21171777.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-08-19 21:16 | 日記