<   2014年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

2014年 01月 30日
新しい傘
a0137643_1324837.jpg
我が社にCRMのシステムを導入しようというPJTで、
最近いろいろな会社の営業の方にご来社いただき、絶賛検討中です。

今日も2件、社外の方との打ち合わせが。
単なる庶務の私にしてはこんなこと珍しいので、
敢えて時間に追われたフリをし、
「・・・ふぅ・・・」なんて具合に遠い目で空を見上げてみたいところです。
a0137643_1325111.jpg
午前と午後の打ち合わせの合間を縫って、
会社の近所の定食屋でランチをしました。
脂ノリノリの鮭が肉厚で大変美味しゅうございました。

大徳 : 港区新橋3丁目9−6


ばたばたと一日を終えて新宿でお買物。

去年の暮れにマクドナルドで紛失してしまった傘(→blog)を、
また購入すべくいろいろ探し歩きます。

あの赤い傘をすごく気に入っていたので、
もう一度同じものを買いたいぐらいでしたが、
伊勢丹や丸井やルミネや小田急や京王や高島屋を巡ってみたところで、
まったく同じものには出会えませんでした。

がーん。

それでも少し似た感じの傘を見つけて買いました。
帰りに甘い甘いタルトを食べて、自分を甘やかしました。
a0137643_1325315.jpg
ル・ブラン : 新宿区新宿3丁目30-11
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-01-30 13:02 | 日記
2014年 01月 29日
ひとりごはん
a0137643_12461393.jpg
作ったご飯の画像などをたまにFBにUPしていたら、
「私、料理がんばってます」アピール、男はヒクわー、
みたいなことを友達に言われて、

いや、言い方はそんなに酷くなかったのですが、
内容はまあこんなニュアンスで。

世の中にはいろんなひとがいるものだ、と思い、
以来あんまり「ご飯作りました」的な投稿はしなくなりました。

それこそ、プロ並みに美しいお料理ならまだしも、
確かに私のお料理なんてネット上に晒すほどのアレでもないわけだし。ぶつぶつ。
でもブログならまあいいか、と思い今日はご飯の話です。

今夜はヒロの帰りが遅くてひとりで夕飯だったので、
ちゃちゃーっと作って食べたのですが、
このキンピラがもう久々のヒット過ぎて!

豚汁の余りで小分けにして冷凍しておいたゴボウと人参を、
同じく冷凍してあったひき肉と共に炒めただけなのですが、
予想を遥かに上回る美味しさだったのでここに記しておきます。

お砂糖の代わりにハチミツを入れてみたのが勝因かと。自画自賛。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-01-29 12:44 | 日記
2014年 01月 28日
練習とご飯とちょっとしたもやもや
a0137643_12124990.jpg
最近欲しいものと、
最近食べたもの。
a0137643_12124539.jpg

a0137643_12125155.jpg

a0137643_12125493.jpg
そういえばここ最近ブログを書いていて、
書きたいことが書きたい通りに書けないことがあります。
語彙と、文章力の著しい低下を実感します。
伝えたいことはあるのに、
書いてみたらうまく言葉に出来なくて結局丸々削除してしまうこともあります。

その、うまく言葉に出来ない感じが、以前あったような、
言葉では言い尽くせない程の大きな感動、
というような類のものじゃなくて、
単純に、説明がわかりづらかったり、読み返したら疲れてしまったり、
平たく言えば、文を書くのが下手になったんだなあ、ということです。


思い当たることがあって、そういえば最近全然本を読んでいません。
携帯でコラムを読んだり誰かのブログを読むことはありますが、
紙の本をもう随分手に取っていないのです。


私は国語の得意な子供でした。
他の科目は体育も図工も含めたいして出来なかったけれど、
学校で、国語だけはいつも必ず褒められました。

それは私が小さな頃から本を大好きだったからだと思います。

漫画もたくさん読みましたが、小説も同じくらいたくさん読みました。
図書館が本当に好きで、いつでも何かを借りていたし、
一時期は友達と遊ぶよりも読書の方が好きだった程です。
それで私は自分で文章を書くのも好きになったし、
書いた作文はたまに賞を頂き、確かそれで地元のテレビにも出ました。


私は、あの頃自分が培った大事なものを、
今はただ食いつぶしているんだと感じます。

もう滅多に本も読まないで、ネットで短い文章を打って、
昔の自分が磨いた、大袈裟に言えば感性みたいなものを、
どんどんすり減らしているように感じます。

例えば学生時代に運動部で筋肉を培った人が、
大人になって知らないうちに贅肉に戻してしまうように。
それでも20代のうちはまだいいけど、
そのまま放置して30代に突入したら昔の栄光が見る影もない、みたいな。


何が言いたいのかというと、
今猛烈に本を読みたいのです。
図書館へ行って鞄の取っ手がちぎれそうなくらい本を借りて、
ソファの脇に積み上げて、ただただ読書をしたいのです。

さあまずは、新しい家の近所で、
図書館のカードを作ろう。

以前は引越しをしたらすぐに必ず図書館カードを作りに行ったのに、
それがまるで、住民票を移すとか、転居届けを出すだとかと同じく、
引越しに付随する必須事項かのように、そうしていたのに。

この家に引っ越して早8ヶ月。
それでまだ図書館カードを持っていないっていう時点で、もうね。
あー、ダメダメ。

たくさん本を読みたい。
a0137643_12125615.jpg

a0137643_12125965.jpg
WINE BAR MARUGO 2 : 新宿区新宿3-9-4 増蔵ビル 1階
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-01-28 12:09 | 日記
2014年 01月 27日
今日も寒いから豚汁
a0137643_211953.jpg
そういや昨日竹下通りで、
芦田まなちゃんみたいな小さな女のコが、
「わー!マリリンマンソンのTシャツ、欲しすぎるー」
とか叫んでてスーパー可愛いかったです。

思わずガン見してしまいました。
10歳ぐらいの美少女でした。

ロリ声のあどけない喋り方と、マリリンマンソンのギャップが、なんかもう!
a0137643_21264663.jpg
芦田まなちゃんといえば、養護施設を舞台にしたドラマに今出演中です。
私はドラマ『Mother』の時の彼女が好きだったので、
今回のも興味があって見ているのですが、
世間でいろいろ物議を醸しているようで、
んー、どうなるんだろー、このドラマ・・・という感じです。

内容が内容なので、施設関係者の方々の非難はまぁ尤もだ、と思うと同時に、
とは言ってもスポンサーが降りたり打ち切りの要請なんかするのは大袈裟な気もします。

でも扱う題材が非常にデリケートなわりには、
安易で低俗なエンターテイメント感が随所に見受けられ、
キャラクターの設定や演出がヒド過ぎる、と思うこともしばしば。
まだ数話しか放送されていないので正しい評価は出来ないものの、
私もきっと、まなちゃんが出ていなかったらこのドラマは見てないです。

まあいいや、まなちゃん可愛いからもう少しだけ見よう。
それでもしかしたらこの後予想外の展開があったりして、
最終的に物凄く感動したらもうけもの、
ぐらいの気持ちで、今週もきっと、テレビの前にいます。
a0137643_21264857.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-01-27 21:19 | 日記
2014年 01月 26日
ショートボブ
a0137643_22551466.jpg
ただただボサボサに伸びた髪の毛をどうにかしたくて、
久しぶりに原宿へ。
いつものヘアサロンティタイムにて、
あーでもないこーでもないと相談しながらカットしてもらいました。

こざっぱり。

だいぶアダルトな雰囲気(?)になりました。

ここ数年、世間では、
“20代に見える30代”、みたいなのが持て囃されておりますが、
私の目標は“年相応に綺麗な大人”になること、です。

「わー、全然30歳には見えなーい!」
とかいうのはもういいのです。
なんだかそんなの、前髪つくるとか、選ぶ服とか話し方ひとつで、
どんなふうにでも印象操作できるような気がするのです(←経験済みw)

私は今年35歳になるので、
別に今更、20代に見られたい!とも、見られる努力をしようとも思いません。

35歳は35歳なりの綺麗を探すことにしてみます。

あーー。頭が軽くて気持ちが良いです。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-01-26 22:54 | 日記
2014年 01月 25日
びいどろ
a0137643_22471185.jpg
今日の練習にはとってもエライ先生がいらっしゃって、
ただでさえ落ちこぼれな私はいつも以上に“恐る恐る”ビオラを弾いていたのですが、
「ビオラ、もっと音を出して!」
やら、
「ビオラだけ聞こえないよ」
やら、練習中に何度か受けたお言葉に背中を押され、

・・・よしっ!

と思い切って大きな音で弾いてみたら自分も楽しかったうえ、
「うん、今、少しだけよくなったよ」
と、先生からにっこり言っていただいて嬉しかったのでした。

小学生の書く日記みたいに単純ですが、
ビオラを弾いた、楽しかった、
本当にただそれだけの、だけど大事な感動に包まれた一日でした。
a0137643_22484438.jpg
練習後、今度の演奏会のちらしを置いて貰える楽器屋さんなどを探して渋谷へ。

そして久しぶりに、スペイン坂でスペイン料理をたいらげました。
Está delicioso!
a0137643_224765.jpg

a0137643_22471424.jpg

a0137643_2247834.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-01-25 22:41 | 日記
2014年 01月 25日
a0137643_13195231.jpg
うちの角田さんに花が咲きました。

角田さんというのはお正月に伊豆で買ったサボテン達の名前で、
毎日挨拶を欠かさず溺愛しております(→blog)。
角田さんが我が家に来た当初、小さなツボミがついているのを発見し、
しばらくはそれが花開くのを心待ちにしていたのですが、
よく調べると今の時期は休眠期とのことで、
いくらツボミがついていても咲くまでには至らないのかも、と諦めていたところでした。


その角田さんが、こんなに可愛らしいピンクの花を・・・
朝起きてそれを見つけた時には早起きのヒロは既に出勤をしており、
私はひとりだったのですが声をあげて喜びました。

そして撮影会。子を持つ親の気持ちか。親馬鹿。

接写をしていたら角田さんの表面に水滴がついているのが見えました。
なんだろうこれ?
霧吹きで水をあげたのは何日も前だというのに。
まあいいや。ああ水滴さえも美しい。可愛い角田さん。
a0137643_1320548.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-01-25 13:19 | 日記
2014年 01月 24日
実験と練習
a0137643_2116738.jpg
ベートーベンの交響曲第三番『英雄』を3月に演奏するので、
仕事を終えていつもより早く家に帰れた日は、もっぱら練習に励んでおります。


英雄は、交響曲界(?)の傑作の1つと扱われることが多いようで、
その曲想はド素人の私が聴いてもなるほど身震いするほど雄大だし、
まさに『英雄』という単語がふさわしい派手派手しさ、
それでもってそれがこれでもかこれでもかと展開していく構成の素晴らしさ、
いきなりの葬送行進曲に、当時としては異例なスケルツォ・・・、
確かに、評価されるべき交響曲に違いありません。

しかし一方で正反対の意見もまた多くあるらしく、
駄作と揶揄する人さえいます。
そんないろんな批評の中から、
たまに指導者の方が練習中に面白い話をしてくださいます。

曰くこの曲は、ベートーベンおじさんの挑戦なのだ。
後期の彼はもっと楽器の使い方も楽譜の書き方も上手くなり、
無理なく演奏できるための工夫がされているような部分でも、
このエロイカではそんなのはお構いなしで、
「なんでこんな場所でいきなりこんな技巧を奏者に求めるのか」
と言いたくなるような箇所がたくさん見受けられるのだそうです。

それはベートーベンおじさんが楽器陣に挑戦しているようでもあるし、
いろんな実験をこの交響曲の中で行っているとも言える。
だからすごく弾きにくいところや、吹きにくいところも出てくるけれど、
みんな、彼の実験に付き合ってあげるわ、って気持ちで演奏して下さい。


私は音楽史にもベートーベンにも詳しくないので、
それがどのくらい的を射た話なのか、
あるいは素人にも興味が湧くように“盛られた”話なのか、わかりません。

でもそういう風に考えると、
かの偉大なベートーベン様の傑作と名高い交響曲を弾くのにも、
なんだか面白みが出てくるから不思議です。

毎週土曜にオーケストラの練習に行き、
弾けなかったところが弾けるようになったり、
みんなでひとつの音楽を創っていくことが楽しいのはもちろんですが、
今まで知らなかった、音楽家や楽曲に纏わるエピソードを聞いたり、
自分では到底思いつかないような解釈を聞いたりするのもとても楽しいです。


そしてこの時代のベートーベンを演奏するのに大事な情報がもうひとつ。

だんだん耳が聞こえなくなり、いらいらし、脅え、絶望し、
彼が遺書までしたためたというのがちょうどこの時期なんだそうです。

音楽家として聴力を失うということがどれほどの恐怖か。
彼がそれと闘いながらエロイカという交響曲を書き上げたこと。
この情報を知らずにただ何気なくエロイカを聴いた時には味わうことのなかった気持ちが、
彼の恐怖を想像し、彼の絶望を想像し、その上でエロイカを聴く時、
私の中に沸き起こってきたのでした。

別に同情じゃなくて。
すごいねすごいね、えらかったね、みたいなのでもなくて。

かっけーなー!と思うのです。

いろいろ言う人もいるけど、
やっぱりベートーベンはカッコイイ。


華の金曜日。

今日は家で練習するんだ!!
と飲み会やご飯の誘惑に打ち勝ち、さっさと帰宅して、
いつもそうするようにYoutubeでどこかのプロの楽団の演奏に合わせながら、
何度も何度も一楽章の最初のフレーズを弾いておりました。

楽譜のいたるところに書きなぐったメモを見て、
土曜の練習の時にして貰ったいろんな話を思い出します。
演奏の細かい注意点よりも、作曲家本人の人間臭い話を。

ベートーベンがどんなことを考えながらこの曲を書いたのか、
もちろん、真実を知っている人はどこにもいません。
でも、楽譜を読み解いて、彼の気持ちを推し量ろうとする人々が世界中にいて、
そういう話も頭の片隅で思い出しながら演奏するのって本当に楽しいんです。
練習頑張ろう。もっともっと頑張ろう。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-01-24 21:14 | 日記
2014年 01月 23日
ペンディング
a0137643_0125677.jpg
今日は前々職の友達と新年会のはずが、メンバーの体調不良のため延期。
残念、そして心配です。早くよくなりますように。


ここのところ、周りでインフルやらノロやら発熱やら胃腸炎やら、
ほんっとーーうに、よく聞きます。
自分も年を取ったぶん周囲の年令も上がって、
体調を崩しがちな年代に突入してしまったのかもしれませんが、
それにしてもね。


いろんな健康法や薬やグッズがあるけれど、
つまるところ一番大事なのは食事と睡眠です。

って田舎のおばあちゃんみたいなことを最近は心底思う私なのでした。
よく食べ、よく眠りましょう。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-01-23 00:11 | 日記
2014年 01月 22日
仲良く元気にやりぬく子
a0137643_215321100.jpg
寒い日恒例のグラタン。

母から連絡がありました。「今年だね、タイムカプセルあけるの!」

10歳の時の11月に小学校が100周年を迎え、
校庭にみんなでタイムカプセルを埋めました。
それを25年後に掘り起こすことになっています。

学校の校庭には立派なユーカリの木がありました。
あの木の肌の良い匂いは今でもちゃんと思い出せます。

だけど当時の私がカプセルに何を入れたのかは、まったく思い出せません。
だから余計に楽しみです。

あの頃、25年後の自分は結婚して可愛い子供がいるんだろう、
と一片の疑いもなく考えていました。
そのくせ「母」になった自分が想像できず、
125周年の時はどんな髪型で行けばいいんだろ?
35歳ってどんな髪型が似合うんだろ?
と、とにかく髪型についてものすごく悩んだことを覚えています。
a0137643_21532332.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-01-22 21:53 | 日記