<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2014年 03月 31日
25年度終了
a0137643_22554098.jpg
明日から消費税があがります。
消耗品は先週末に充分買った気でいたけど、
今日駆け込みで、お米と炭酸水をポチっと購入しました。
思い返せばたかだか消費税3%ごときでやいやい言ってた頃が懐かしいな。

ところで仕事が全然終わりません。なんかくたくた。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-03-31 22:54 | 日記
2014年 03月 30日
フットサルのことを思い出した
a0137643_2238521.jpg
フットサルメンバーでお花見&飲み会のはずが、
雨と強風のため飲み会だけやることになりました。

今しれーっと、「お馴染みの・・・」みたいな書き方をしたけど、
いったいフットサルなんていつの間に始めたのか?
そんなキーワード普段は登場しないじゃないか、といいますと、
実は確か、2005年くらいにチームが発足していたんです。
a0137643_22393726.jpg
すっごく古い写真を発掘。
(さらに特筆すべきは、このTシャツ、今なお現役ばりばり)

チームが発足して最初のうちはちょいちょい“賑やかし”で顔を出していたのだけれど、
引越したり忙しかったりで、
2008年辺りを最後に、私がフットサル場に足を運ぶことはなくなっておりました。
a0137643_22382171.jpg

a0137643_22382284.jpg

a0137643_22382479.jpg

a0137643_22382644.jpg
でもありがたいことにメンバーとは繋がっていて、
今日は久々に集いに参加できて大変楽しかったです。

みんな細々とまだ試合をすることもあるらしく、
近いうちにまた昔みたいに賑やかしに行けたらいいなあと思います。
a0137643_22382842.jpg

a0137643_22383221.jpg
今夜大騒ぎをしたこの可愛いカフェでは、初代マネージャーが時々働いているそうです。
ジャガイモのガレットが美味でした。
デザートもどれもこれも好きな味だったので、
今度はシラフでちゃんと味わいたいです。

全員かなり酔って店を出て、
夜桜がどうしたこうしたとまた騒ぎ、
そのまま上機嫌で帰宅しました。
a0137643_22383062.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-03-30 22:37 | 日記
2014年 03月 29日
五分咲き
a0137643_22102115.jpg
タイムズで車を借りて、ヒロと日用品を買い出しに行きました。
なんといっても増税前だし、
そうでなくても普通に、トイレットペーパーやティッシュの残りが少なくなっていました。

せっかく車なんだから、とあれもこれもカゴに放り込んでいたら、
レジで2万円近い数字が叩きだされてドキっとしたのでした。
ははは。
歯磨き粉やカレールーの類を買いに来て、まさかこの金額を見ようとは。

途中の桜並木は半分くらいピンク色をしていて、
それがしばらく続いてトンネルのようでした。

ついつい買物に時間を取られて空腹がピークをむかえ、
帰ってご飯炊いてお料理して・・・なんて余裕もなく、
途中のラーメン屋さんで今日はヒロとラーメンを食べました。

桜並木が満開になる頃、
また一緒にあの道を通りたいな。

つけめんTETSU : 東京都三鷹市下連雀3−46−1
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-03-29 22:10 | 日記
2014年 03月 28日
桜の塩漬け
a0137643_2251783.jpg
年度末の打ち上げが会社でありました。

目標売上高を超えていればめでたく「達成会」となるところですが、
まあ今回は残念ながら単なる飲み会というか・・・
宅配ピザと餃子で乾杯しました。

期末で山積みの仕事がなかなか終わらない私は、
開けていない缶チューハイでひとまず乾杯だけ参加し、
それから自席に戻って地味に仕事を片付けておりました。

途中「良子ちゃん、これ食べて」と、
私のデスクにそっとピザを置きに来てくれた営業さんの優しさに、暖かい気持ちになりました
ピザを一切れ食べたら余計に空腹が刺激されたので、
仕事がやっと一段落したところで宴会場にしている会議室に行って、
餃子をつまみ、ついでに少し談笑しました。

でも今夜はとてもくたびれていて、宴もそこそこに帰宅。
写真はおやつに頂いたおまんじゅうです。
もうすっかり春の味でした。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-03-28 22:05 | 日記
2014年 03月 27日
「座れました!ゴモラの席です!」
a0137643_23291997.jpg
約束の時間に間に合わなかった私に、友達からメールが届きました。
a0137643_23293979.jpg
今夜は期間限定でオープン中の川崎の怪獣酒場で女子怪です。
かなり前から席を予約をするか、1時間半ぐらい並ばないと入れない人気ぶりですが、
私が仕事で待ち合わせに遅れているうちに友達が並んでくれておりました。
a0137643_23292563.jpg
おかげで私は到着と同時に座席へ案内されるというVIP待遇。
本当にどうもありがとう。
a0137643_23292880.jpg
入口ではまず「地球防衛軍じゃないかどうか」のテストがされます。
真実のくち。
a0137643_23293118.jpg
店内にはフィギアやパネルが並び、
壁や天井、床には様々な怪獣の痕跡を見ることができます。
どの席にもコンセプトがあって本当に楽しいです。
a0137643_23294982.jpg

a0137643_2329367.jpg

a0137643_23293489.jpg
怪獣酒場限定のグッズ売場もあります。
a0137643_23295445.jpg

a0137643_23295277.jpg
メニューも凝っていて、
食べ終わるとメッセージが出てきたり、
怪獣の特徴に因んでいたりします。
a0137643_23294199.jpg

a0137643_23294487.jpg

a0137643_23294773.jpg

a0137643_2332747.jpg

a0137643_2332149.jpg
ちなみにこちらは、
打倒地球防衛軍を掲げたパングラタン。
防衛軍の基地を崩すイメージで食します。
a0137643_23315262.jpg

a0137643_23315989.jpg
店員さんがお料理を運んでくるたびにコースターがもらえます。
お土産に持って帰れます。可愛い箸置きも頂きました。

3~5歳ぐらいの男の子たちが、
大きな男の子たち(=お父さん)と一緒に店内をうろうろしています。
瞳が半端なくキラキラしています。
a0137643_2330568.jpg

a0137643_2330763.jpg

a0137643_23303369.jpg

a0137643_23305171.jpg
怪獣の配下の方々(スタッフ)の接客も非常に素晴らしいです。
とにかく、お料理、内装、サービス、どれをとっても、
「あ、ここはちょっとショボいな」とか、「んー、残念!」と思う点がひとつもなく、
スタンダードな居酒屋メニューも美味しいし、
この手のコンセプト居酒屋にしては珍しくお料理の量と値段も妥当だし、
これは人気が出るのも頷けます。
a0137643_23314595.jpg

a0137643_2331264.jpg
お誕生日のお祝いは「基本的にはやっていない」らしいですが、
友達がコッソリ頼んでくれていて、
デザートにメッセージが書いてありました。ただし、黒蜜で。
提供される時点でダラァっと垂れ下がり解読不能w
a0137643_23322276.jpg
でもすごくすごく嬉しかったです。

で、誕生日のお祝いがない代わりに、
誕生月の人だけが入室を許される(誕生日が確認できるものを提示すると入れる)野望の部屋があります。
a0137643_2332556.jpg
私も今年の野望を一筆したためて参りました。

「ビオラをたくさん弾く!」
a0137643_2333681.jpg

a0137643_23331628.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-03-27 00:01 | 日記
2014年 03月 26日
コマーシャル
a0137643_159835.jpg
フェイスブックのメインページのデザインが変わったようで、
「ますます見やすくなりました」みたいな広報がされておりますが、
いやいやいや、広告のスペースが広くなっただけだよね、と、
なんか言いようのないもやもや。見やすくなってないよ別に。

そういえば私はたまにしかログインしなくなってしまったmixiですが、
ユーザー視点の改善と称して足跡機能を無くしたのが改悪と評され、
その後元に戻したところで一度離れたユーザーが帰らず衰退の一途を辿っていると言います。
まあ、悪評すら話題になることがなくなってしまったのでよくわかりませんけども。


とにかく新しいFBの話に戻りますが、
右側に元々あった広告スペースがぐーんと大きくなったばかりか、
普通のニュースフィードにも、友達の投稿に混ざってやたらな頻度で広告が出てきます。

FBに関しては元々、こういった広告表示とは別の部分での批判をよく聞くので、
さらに叩かれる材料を増やしてどうなさるおつもりか、と心配半分がっかり半分です。
私自身は日常的に利用しているので、
末永く存続するツールであって欲しいのですが。

FBの好きなところは、よく遊ぶ仲間とも、離れている友達とも、
大事な情報や、そこまで大事じゃない情報や、気持ちや、写真がシェアできるところです。

FBがなきゃないで手紙だのメールだのをしたためて連絡を取ればいいわけだし、
いちいちそんなこと出来ないよって程度なら、
まあそこまでの間柄なんでしょって話なので、
「あったら便利だけど、なくても生きていくうえで別段困らない」
ぐらいなものですが、
でも、FBにはドラえもんの道具みたいな素敵さを、私は感じているのです。

だってアメリカやカナダや沖縄にいる友達とも、住所不定の友達とも、
仕事が忙しくて遊ぶ時間が捻出できない友達とも、
入院中の友達とも、子育て中の友達とも、少し喧嘩して会うのが気まずくなってしまった友達とも、
なんだかんだで繋がっていられるのです。
ネット上の「つながり」なんてマヤカシだ、
という考え方のひともいるだろうけど(むしろそっちの方が主流かもしれないけど)、
じゃあ古風に文通とかしてたらそれは「本物」なの?
電話で話せば「本物」なの?どこからが本物なの?
わざわざ時間を割いて出かけて直接会うということだけが「本物」のコミュニケーションなの?

誰が何を食べただとか、どんな映画を観ただとか、いちいちUPして、
それを見た方は適当に「いいね!」なんて押して、
そういう行為全般のくだらなさ、不気味さ、面倒臭さを指摘している人は、
いったいあなたが「友達」と呼んでいる相手とは、
じゃあどんな付き合い方をしているのか、知りたいぐらいです。

上記以外にも、よく挙げられているFBの欠点がありますがそれについて、
私は未だに、ひとつも思い当たる節なく毎日利用しています。
通勤電車の中が暇なせいもあるけど。


そんなわけで、FBには世間に叩かれる要素を増やして欲しくないのに、
この広告スペースの大きさや、表示されるしつこさは、なんだかなあ・・・と、思う今日この頃。
実際に使用する上で広告の表示がそこまで邪魔というわけではないけれど、
「ユーザーの為に」という体で、本当はユーザーの為を思ってないことをし始めると、
なんとなく、船が沈む前兆、のようなものを感じてしまうのでした。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-03-26 15:08 | 日記
2014年 03月 25日
あなたが私にくれたもの
a0137643_125736.jpg
お誕生日っていうのはいくつになっても嬉しいもので、
ただ誰かに「おめでとう」を言っていただくだけで単純な私なんかは心が躍り、
贈り物を贈られようものならそれが飴玉1つでもきっと幸せで舞い上がってしまうのに、
昨日の日記に書いたように、
今年のお誕生日には抱えきれないぐらいのいいものを頂戴しました。
もうね、本当になんかこう、ありがとう、
という備忘録。
冒頭は、オケのお友達に頂いた黒い名刺入れです。
a0137643_1251340.jpg
さて、今朝の朝ご飯に頂いた、某有名パン屋さんのパン。
「他の皆と比べて、パンなんかでごめんね、恥ずかしいw」と本人は苦笑していたけれど、
このベーグルの他にあと2つパンが入っていて、
ふかふかで本当に美味しかったです。ありがとう。
a0137643_12515100.jpg
粘土。ふなっしーあんまりよく知らないけど、
贈り主にとってはふなっしーがヒーローなんだそうです。ありがとう。
色見も似ているし、私のヒーロー、マリオでも作ろうかしらと思っています。
a0137643_1252346.jpg
大好きなAKIRA全6巻。
私は引越しが多いので身軽でいたかったことと、所有欲があまりないことが相まって、
この漫画は大好きだけど自分で持ってはいませんでした。
まさかプレゼントでAKIRA全巻を頂けるなんて、大興奮です。ありがとう。
重たいから宅急便で送るよと申し出てくれたのだけど、
すぐに読みたかったので持って帰ることにしたのです。

しかもね、「今日どうせたくさんプレゼント貰うだろうから」と、
大きくて丈夫なビニールのバッグまでくれました。
素敵な心遣いも、ありがとう。
a0137643_1252579.jpg
これは「海賊に必要なもの」ということで、銃。

そんじょそこらのちゃっちい玩具とは違い、持つとずっしり重たくてかっこいいのです。
一昨年ぐらいに飲みの席でひょっこり誕生した「太陽に愛される前髪海賊団」の船長として、
武器を手に入れますますパワーアップしていきたい所存です。
a0137643_1252818.jpg
もうすぐ結婚式を控えた、
忙しい夫婦からのプレゼント。
薔薇のシロップですが、「ヨウちゃんは薔薇っぽい」と思って~、
と選んでくれたとのこと。ありがとう。
a0137643_1253082.jpg
そして、お菓子たち。
今日参加できなかった仲間がくれた林檎のパイと、
マカオ帰りでちゃんとしたプレゼントを買う時間がなかったというM&M's。
甘いものはやっぱり嬉しいです。どちらも、ありがとう。
a0137643_125316.jpg
女性らしいルームシューズ。
自分だったらチョイスしなさそうなものですが、
こうして頂くとくすぐったいトキメキを感じます。ありがとう。

私はいろんな種類の自分がいることが楽しくて、
自由奔放だったり生真面目だったりパーティ好きだったり根暗だったりやけに乙女だったり逆に腕白だったり、
その全部が合わさって合わさりきれてない混沌がまさに自分だと思っているので、
こうして普段の自分なら買わないようなものを手に入れた時、
「これは自分のスタイルじゃないから使わないなあ」
と思うことがまずありません。
たぶん、スーパーマリオのパーカーに破れたデニムかなんかを履いて、
ピンクのおリボンのついたルームシューズを合わせてしまうのが私なのです。
a0137643_1253383.jpg
袋を開ける時ちょっとどきどきした、
スワロフスキーのボールペンです。ありがとう。
こういうものを誕生日に贈られるような大人に、いつの間にかなったんだなあ、
と、変なところで感無量になってしまいました。
大切に使います。
a0137643_1254074.jpg
メキシコからの贈り物、
ヒゲのグラスと珈琲、それにとぼけたバッグ。
宮本さん@任天堂好きが転じてマリオ好き、さらに転じてヒゲ好き、
となった私にとって、とても嬉しいプレゼントでした。
「これを見つけた時、絶対ヨウチャンにって思ったの」
という素敵な言葉もひっくるめて、ありがとう。
a0137643_1254494.jpg
関西出身のキングから頂いたのはたこ焼きセットです。
たこ焼き焼き器の他に、容器や専用調理器具までセットになっておりました。
包みがあまりにも大きいので何が入っているんだろうと思って開けたら、
中からたこ焼きの文字が見えてなんか笑ってしまいました。ありがとう。
これでいつでも、たこ焼きパーティができます。
a0137643_1255450.jpg
お洒落なパスタは、仕事帰りにわざわざ来てくれた美女から。ありがとう。
今って、こんなに素敵な色や形のパスタがあるのですね。
お料理するのは好きだけど、こういう部分には疎くて知りませんでした。
鮮やかですが、着色も野菜でしてあるので安全なんだそうです。
何かの記念日には是非これらを駆使して、
豪華なディナーをこしらえたいと思います。
a0137643_1261242.jpg
箱を開けた瞬間、
「わあ、お茶碗、持ってないから嬉しいー!」と叫んで、
ヨウチャン、それお茶碗じゃないよ、と突っ込まれた可愛いココット達。
そうか、ココットか。
でも本当にお茶碗を持っていないから、恐らく今後こいつにご飯をよそると思います。ありがとう。
せっかくどの色も可愛いので、1つたりとも割らないように気をつけます。
a0137643_1263365.jpg
スタバのタンブラー。
蓋がこういうタイプのものが、実は前々から欲しかったのでした。
毎朝出勤前に、準備をしながら珈琲を飲む習慣のある私は、
既に仕度が終わっていようとも、一杯の珈琲が飲み終わるまで家を出ません。
でも時々、もう全部仕度出来たんだから、珈琲持って出勤できればいいのになあ、
と思っていたのです。
家にも何個かタンブラーやサーモスの水筒があるのですが、
蓋がゆるかったり、携帯には重かったりと難ありで、
この実用的なプレゼントがひそかにすごく嬉しかったです。ありがとう。
a0137643_1261699.jpg
それから、こんな可愛いものものの詰め合わせ。

この素敵なプレートに何を盛ろうか楽しみです。
それからこちらも、大好きなヒゲの、靴下。
それにマリオのぬいぐるみのキーホルダーを頂きました。ありがとう。

私は普段からマリオ好きを公言しているので、
誕生日プレゼントにマリオの玩具やグッズを頂くことが多かったのだけど、
自分の年齢が上がるにつれ、いったい何歳までマリオを貰えるんだろう、
とちょっと思うところがあったのです。
友達も、私のマリオ好きは知ってはいるけど、あえてそこは外してくるんじゃないかと。
だって、あの子もう大人だし。
マリオが好きなのは知ってるけど、プレゼントにマリオは違うだろ、みたいな。

そんな感じで私がマリオをもらって「うわーい、うわーい」なんて言えるのも、
いつまでなんだろう、っていうところがね、なんだかあったわけですが、
(なんというくだらない葛藤w)
でも35歳の今年は、まだ、貰うことができたようです。やったやった。


この全部を大きな大きな紙袋に詰め込んで、
運動不足で筋肉不足な私は、えっちらおっちら家に持って帰ってきました。
貰った時には気づかなかったけれど、
ひとつひとつ開封してみたら中には手紙が入っていたものもあって、
本当に、心があったかーくなったのでした。
a0137643_1254879.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-03-25 12:04 | 日記
2014年 03月 24日
白熊と鹿と海賊
a0137643_11384912.jpg
渋谷に、良い感じの剥製になった白熊がいるお店がありまして、
かおちゃんと2人でぺちゃくちゃお喋りに行ったはずなのに、
いつの間にかそれはサプライズのバースデーパーティでした。
a0137643_11385368.jpg

a0137643_11385577.jpg

a0137643_11385738.jpg
白熊部屋は貸しきりの予約がしてくれてあり、
大好きな人たちが大集合をしてくれました。
a0137643_11385967.jpg

a0137643_1139331.jpg
毎月誰かの誕生日があるので、
俺ら「お誕生日を祝うサークル」みたいになってるなw、
というヒヤチャンの言葉に笑いました。

もともとはダイバー達のグループで、友達が友達を連れて来て、
そのうち都内近郊で飲むのが主な活動になり、
ダイビングの他にもスノボ行ったり旅行に行ったりするようになり、
なんだか最近は、誰かのお誕生日を祝ってばかりいます。ははは。
a0137643_1139660.jpg
かおちゃんも一緒におめでとうをして、
持ちきれない程のプレゼントは冗談じゃなく総重量が10キロを超えていて、
えんやこらえんやこらと帰りました。

とっくに終わった誕生日を祝ってくれてどうもありがとう。
a0137643_1139787.jpg
conceal cafe SAKURAGAOKA : 渋谷区桜丘町 2−12 8F
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-03-24 11:38 | 日記
2014年 03月 23日
THE WILD ROVER
a0137643_1515457.jpg
新木場コーストで、セントパトリックスデーのお祭。

先週末、代々木公園では緑のビールで乾杯しましたが、
今日はアイリッシュよりのバンドが集まって音楽でセントパトリックスデーをお祝いします。

トリはチェリーコークス。
思えばチェリコ結成当時、よく遊びに行ってたバンドと対バンをしていて、
まだ初々しい彼らの音楽でわあわあ踊ったものでした。
まさかこんなに息の長いバンドになるとは正直思いませんでした。
こんなに大きなイベントで、
ワントラやジュニアも出るイベントで、
トリをつとめるとは。

一緒にたくさんのライブに行った、チェリコが好きだったナアチャンは、もうママになったよ。
最後に会った時、保育園の役員さんをやっていたよ。しみじみ。


さて、今日は他にも好きなバンドがたくさん名前を連ねていて、
ジャポニカンズやら、フォギーやら、リトルファッツやら、
タイムテーブル片手にステージを移動して、てんやわんやの大忙しです。

そして今日はバンドの他に、昼間まだ暖かい時間帯の野外ステージでは、
王道のアイリッシュミュージックが心地よく流れてもおりました。
a0137643_1511185.jpg

a0137643_151366.jpg

a0137643_1513439.jpg

a0137643_151791.jpg
一応弦楽器奏者としては、バイオリンに目を奪われます。
今さらですが、弓の持ち方が全然違うんだなあと、ガン見。

演奏を終えたバイオリンの女の子に話しかけると、
普段はクラシックと民俗音楽を半々ぐらいでやっているんだそうです。
あんなに上手に弾けたら気持ちが良さそうだなあ。
a0137643_151944.jpg
ラスティック、スカ、メロディックパンク、ちょっとジャズ、時にポップス、
な感じで今日は久しぶりに踊ります。
a0137643_1513298.jpg
激しめの音楽にも関わらず、
花粉症が酷いのかマスク姿だったのがなんだか微笑ましい。
a0137643_154465.jpg

a0137643_1543164.jpg
久しぶり過ぎることも手伝って、
もう楽しくてたまりません。
イベントに通いまくってた頃のようにはカラダが動かないけれども、
いや、だって、あの時は本当に赤い靴の呪いみたいに踊ってたんだもの。
たまに休んで、たまに飛び跳ねて、
そして良い感じで本日の私的メイン、ジュニアの時間がやって参りました。
a0137643_1514094.jpg
ふおぉぉぉおぉぉおおぉ!
渋い。渋い渋い。
私が20代の頃に既にオトナだったわけだから、
もういいオジサンのはずなのに、なんであんなに色あせないのでしょうか。
a0137643_1514699.jpg

a0137643_151489.jpg

a0137643_1515088.jpg
洗濯機の中みたいにぐるぐると音に翻弄されているうちに前の方にたどり着き、
一番前にかぶりついていた女の子がちょうどその場を離れるところだったらしく、
わざわざ私の腕を掴まえて「ここ、いいよ」と交代してくれる優しさ。
a0137643_151523.jpg
おかげで野郎共のモッシュからもダイブからも安全圏で、
間近のジュニアを楽しむことができました。ありがとうありがとうありがとう。
a0137643_1515685.jpg

a0137643_1515865.jpg

a0137643_1541981.jpg
ふーぅ。
褒め言葉としての厨二病という単語がこんなに似合うバンドは他にいないぜ。

ところが実はこの時、
ステージ前のバーに内臓を押し付けて「ん・・・むぐぅ!」となる一瞬がありまして、
以降、どうもお腹が痛くなってしまいました。

その後のフォギーはなんだか昭和歌謡ロックのような変貌を遂げており、
「~~~なストォリィー、ベイビー」
みたいな歌詞に呆然とし、あまりノル気にもなれず、
ステージ脇で体育座りをして聴くというまさかの状況。

でも最後にやってくれた『月になんて』はさすがの名曲でした、相変わらず。

まあ私の好みが時代についていけてないだけだもしれないし、
今はああいうのが流行なのかもしれないので別にいいんですが、
お腹の痛みによる苦痛を持ち直すような“いい波”が、その後訪れず・・・

実はチェリコを見れないまま、新木場に別れを告げてしまいました。
無念。そして、友人に申し訳ない。
後にひとり残して来てしまった彼女いわく、
「チェリコもヴィジュアルロックバンドみたいな歌い方になっちゃってた」
とのことでした。
時代の変化なのかなー!

そういえばもう一つ、イベントの最中にふと思ったのだけど、
昔はこういう大き目のイベント(DBRとか)に行くと、
少し歩くと友達に会い、また少し行くと友達に会い、「おおお!」とか言って乾杯し、
どこのステージに行っても誰かがいて、一緒に踊って、
音楽聴きに行くのと、友達に会いに行くのと半々だったな、なんて。
まあこれも時代の変化ってことで。

よっぽどの大ファンか、もしくは自分が演者とか、スタッフだとかじゃない限り、
ある程度の年齢になったら足が遠のいて当たり前だもんね。
「楽しいこと」「楽しみ方」って自然にシフトしていくものだからね。

ってなんか、まとまりもなく。


最後は腹痛により不甲斐ない感じになってしまいましたが、
全体的に見てなかなか素敵な日曜日でした。
a0137643_1511358.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-03-23 14:59 | 日記
2014年 03月 22日
Catch up
a0137643_13331423.jpg
三連休の中日の今日は、図らずもアチコチの友達に会いました。

上京したての頃からの友達であり、大好きなアーティストでもある兄弟が、
ライブペインティングをしているというので昼から二子玉川へ。
改札を抜けるとすぐにでかでかとしたブースが見えて、
2人の活躍ぶりに感動です。
特設ショップもありました。相変わらず素敵。
a0137643_1333165.jpg

a0137643_13331995.jpg
サーフボード可愛い。サーフィンやったことないけど。
a0137643_13332473.jpg

a0137643_13332612.jpg
いつ見ても、不思議などうぶつたちの世界です。

初めて目にした時にすごい幸せになって感動して小さな声で「うわぁーあ!」って言って、
「あ」の口を閉じるのをしばらく忘れて絵の前に立ってました。
その時の感動を、なんだかずっと覚えています。
a0137643_13334856.jpg
今日はちょうど名古屋から遊びに来ていた昔の同僚せんちゃんと、
同じく昔の同僚であり、我々姉妹がお世話になりっぱなしの先輩でもあるせっちゃんと、
久々にランチをして、いろいろ話せて、大好きな友達も紹介できて、
自己満足ではありますが、大満足でした。
a0137643_13332862.jpg

a0137643_13334986.jpg
夕方にみんなと別れて、次は原宿へ向かいます。

先日美容院にお邪魔した時に、傘を忘れてしまったからです。
「こんにちはー!」と言いながらいつもの木の扉を開けると、
おいでおいでをされて、奥にはすごく久しぶりのタミゾさんが!

彼こそは、私にこの美容院を紹介してくれたひとなのです。
(正確に言うと、彼とタッキーの2人)
あれはそう、秩父に向かう電車のなか、
「良い美容院があるんだよ。俺が行ってる美容院なんだけどね。今度行ってみてよ」
って、2、3年前のことかなあ。懐かしいなあ。

その後めでたく私もこの美容院を自分のお気に入りと心に決め、
カットでもパーマでもなく「一緒に飲む」という目的で足しげく通っているわけですが、
反対に紹介者タミゾさんは多忙のためなかなか会う機会がなくなってしまい、
去年中央線の中でほんとに偶然会ったぶりでした。

そこから3時間ちょっと話し込み、
お仕事を終えた森川夫妻から美味しいラーメンに誘われて、
お店に電話で確認すると8時半ラストオーダーとのことで、
原宿から渋谷までタクシーを走らせました。

なんという情熱。

ちょうどクラブエイジアの辺りへタクシーで乗り付け、
そこら辺にたむろしていたキッズ達から、
「え、もしかして・・・」
という好奇心の目を向けられつつ、
いえいえ我々は今日の出演者とか関係者とかじゃないんです、
ただラーメンを1杯食べたくてここにこうしています、
みたいな申し訳ない雰囲気を出しながら坂をヒールで駆けました。
a0137643_13335535.jpg
ま、まにあったー。

ここは喜楽という中華食堂です。
美容師の森川夫妻がお客さんに「美味しいラーメン知らない?」
と尋ねると、よくこのお店の名前が出るため気になっていたんだとか。
a0137643_13335754.jpg
確かに美味しい。
鼻水が鼻の入り口辺りに湧き出てくるのをほんのり感じながら、
黙々と頂きました。
店内ではどんどん閉店の作業が進められておりました。

もうね、お構いなしで椅子とかがんがん上げてく感じ。キライじゃない。
a0137643_13335961.jpg
ラーメンで満腹になった私達は、
一部のタイマーズ行きつけのバー、めがねへ。

ちょうど数日後にお誕生日を迎える常連さんがいたようで、
ラッキーなことにシャンパンがふるまわれたのでした。かんぱーい!
a0137643_1334155.jpg
すんごい可愛い熊のケーキが出てきたかと思えば、
図々しくそのケーキも一切れずつ頂いてしまったり、
わいわいがやがや飲んでるうちに突如始まる劇団四季てきななにか。
a0137643_1334318.jpg

a0137643_1334640.jpg
え!え!


つまりはハッピーアニマルズと、
ハッピーな僕たちわたしたち。
a0137643_1334897.jpg
喜楽 : 渋谷区道玄坂2−17−6
.megane : 渋谷区神泉町2-9 シャルム神泉B1
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-03-22 13:32 | 日記