<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2014年 10月 31日
ハロウィン2014
a0137643_23114614.jpg
ハロウィン本番です。

先週と同じようにまずは原宿の美容院に集合。
a0137643_23114858.jpg
会社が終わってから行ったら、もう軽く仮装して営業している可愛い夫婦。

奥様ヤチクンのハロウィンメイクの腕前が、
この一週間でさらに上達していることに驚かされました。
試合の真っ最中に強くなり出す少年ジャンプ的飛躍です。
a0137643_23115147.jpg

a0137643_23115488.jpg
今日の私は顔の真ん中に大きくバツをしてもらいました。
a0137643_23115799.jpg

a0137643_23115970.jpg
これに、数年前のハロウィンのとき買った、
ロングヘアのウィッグをかぶります。
今日はマリオスーツをスカートにリメイクしたため、
ちょっとガーリーにまとめてみました。
a0137643_2312541.jpg
そこから神泉にある行きつけの居酒屋を目指し、とりあえず渋谷までお散歩。
a0137643_2312897.jpg

a0137643_23121027.jpg
これも先週と同じ流れです。

途中、コンビニで飲み物を買って、
仮装した人々とすれ違って挨拶を交わしたり、写真を撮ったり撮られたり。
a0137643_23121512.jpg

a0137643_23121825.jpg

a0137643_23122055.jpg
と、渋谷に到着するまでは先週と同じような感じでわいわい行ったのですが、
丸井を過ぎた辺りから、もう先週の渋谷とはまったく別物でした。
ハロウィンの規模。

さすが当日、しかも金曜日だったこともあって凄まじい人だったのです。
もう、なかなか前にも進めないし、かと言って戻れないし。
私たちは今夜もマリオとルイージをやっていたので、
マリオやルイージを見つけては、声をかけ合い、確かに楽しいには楽しいのですが、
やっぱりなんか、コレジャナイ感。

ただどうにかこうにか歩いてるだけ、というより流されているだけ。
ぐっちゃぐちゃでした。
a0137643_2324168.jpg
思えば、美容院でわいのわいのメイクして、
平和にお散歩してる時が一番楽しかったです。

あとはただ、巻き込まれるまま・・・
a0137643_23123314.jpg

a0137643_23123963.jpg
何年か前からハロウィンに仮装はしているけど、個人的には数年前の、
「ちょwwなに、あのひとwなにやってんのwwww」
みたいな扱いで完全に周りから浮いてたくらいが気楽で面白かったなあなどと思いました。
今や日本でもすっかり浸透して、
「あー、はいはい、ハロウィンね。そういうのが流行ってるのね、はいはい」
という今年の空気はなんだかイタかったです。


さて、私は昔、お台場で働いていた時に、
コミケの度に駅が大混雑して大変だった経験があります。
いつも通りに出勤したいだけなのに、駅に規制がかかったり、トイレが混雑したり、結構影響がありました。
だから今夜の渋谷でも、普通に渋谷に住んでいる方や、
ハロウィン関係なく渋谷で働いてる方などに対して、申し訳ないなと思いました。
こんな混雑は自分もまったく予想できなくて、つい渋谷に集まってしまったのだけど、
故意ではないにしろ迷惑をかけてごめんなさい。


我々が原宿から渋谷に向かう途中、宮下公園の付近で怒れるサラリーマンとすれ違いました。
恐らく彼は渋谷駅からハロウィンの馬鹿騒ぎの中を辟易しながら歩き続け、
明治通りの時点でかなり頭にきていたのでしょう。
持っていたビジネス鞄を高々と掲げて、
なるべく人にぶつかるようにして歩いてきました。
仮装をした人の顔や肩を、鞄で殴るように歩いていたのです。

私は黙ってよけましたが、殴られた友達もいました。

あれ、なんなんでしょう。
ハロウィンで騒いでいるクズに迷惑をこうむってる。
だから殴ってもいいのでしょうか。
クズどもは、殴られても仕方ないのでしょうか。
それなんて世紀末。


渋谷のハロウィンは例えばサッカーのW杯の時と同じように、
一般の人々の通行の邪魔をし、警察を出動させ、
どこからどう見ても、決して褒められたものではありませんでした。

そこに参加していた私自身でさえも、
「なんだこれ」って思いました。
ディズニーランドで働いていた頃から、ハロウィンは1年の中でも好きなイベントだったのにな。


3年くらい前からハロウィンをやり始める人が目に見えて増えておりますが、
最初は仮面とか軽くかぶって恐る恐るハロウィンしてみた人→
周りを見るとみんな結構本気でやってるな→
翌年リベンジ!気合い入れてメイクと仮装!より派手に!よりリアルに!
という感じで、年々本格的になっていくのでしょう。
来年は地方でも盛り上がるのかもしれません。
でもここらでちょっと軌道修正をして、
もういっかい皆、「あれ、うちら、ハロウィンで何したかった???」って考えようよ、
と私は言いたい。
今年感じた、コレジャナイ感がなくなればいいなと切に思います。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-10-31 23:11 | 日記
2014年 10月 30日
アーノルド/ドーナッツ
a0137643_22433412.jpg
吉祥寺に美味しいドーナツ屋さんがあるのです。
見た感じ、かのクリスピークリームと大差なく思えるかもしれませんが、
食べてみるとまったくの別物。

ふわふわで、もちもちで、さっぱりしていて、2つくらいペロっとなくなります。

------------------

アーノルドのオリジナルドーナツは
フィンランドの伝統的な揚げ菓子であるMunkki(ムンキ)と
アメリカンドーナツを組み合わせた独特な食感のドーナツです。
甘さをひかえたドーナツといろいろなフレーバーの甘いグレーズがひとつになって、
他にはない美味しさを生みだします。

・独自の製法により、生地内部の多数の空気層がもちもちとした柔らかい独特の食感を実現

・生地には牛乳と卵を一切使用していないため、アレルギー体質の方にも安心

・生地自体は甘さ控えめで、さまざまなトッピングにより生地本来の旨味を引き立たせるので、
 Arnolds独自の上品な味わいになっています。
----------------

実は最寄り駅に期間限定のテナントが出ていたので何の気無しに買ってみたのですが、

あ!おいしい!

と驚いて数日連続で出勤前に購入。
今朝、ショップに立つお姉さんから「今月いっぱいでこのブースは終わりなんですよー」
と聞き、たぶんあからさまに衝撃を受けた挙動をしたところ、
「あ、でも店舗が吉祥寺にありますので!」
というお姉さんの一言で冷静さを取り戻した私でした。

あんまりにも美味しいので主人にも買って帰りたいなと思い、
ハロウィン限定のパックがあって、それなんかまさにお土産にうってつけなんだけど、
こんな時に一週間の出張中という、アンラッキーな主人なのでした。

今月いっぱいてことは明日までか。
明日は一番好きな、ホワイトチョコのやつを最後に買おう。
a0137643_22433619.jpg
Arnolds ; 東京都武蔵野市吉祥寺本町2−13−1
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-10-30 22:41 | 日記
2014年 10月 29日
怠惰
a0137643_22484436.jpg
主人が一週間の出張に出かけた朝以来、
ひとりで久しぶりにレイジーな生活を送っています。

THE・TA I DA!

どのくらい怠惰かと言いますと、
あれは確か日比谷の野音での待ち合わせに遅刻をした日のことだから土曜。
土曜のお出かけ前に届いたお米、これがまだ手付かずで放置してありました。
ガムテープでしっかり閉じられたままの段ボールが、
土曜からずっとキッチンの床に佇んでいたのです。

これは普段の私だったら絶対に有り得ないことで、
買物から帰ったり、或いはネットで購入したものが到着したら、
すぐに開封し然るべき場所にそれぞれのものをきちんと片付け、
段ボールは即座に解体して翌日には捨てられています。

ところが現在、絶賛怠惰な私は今日の今日まで段ボールには目もくれず、
したがってお米がないため夕飯も作らずに、
ビオラを弾いたり、本を読んだり、裁縫に精を出したりしているのです。


最近FBをやっていて気が付いたのですが、
私の好きな作家さんが、どうやら友達の友達らしくて、
ニュースフィードで名前を見かけてなぜか嬉しくなる、ということがありました。
別に自分が彼女の友達になったわけでもないのだけど。
謎の親近感。

それで、彼女の作品が読みたくなってエッセイを手に取りました。

そうしたらなんとなんと、
そのエッセイの中に、私の古い知人、Nちゃんが登場していたのでした。
それはとある酔っ払いエピソードだったのですが、
もうコレ、絶対Nちゃん!Nちゃんしかいない!
と、昔、我が家に泊まりに来た時のNちゃんのこととか、
恵比寿のクラブに行った時のNちゃんの暴走のこととか、
懐かしく思い出したのでした。そうかNちゃんも、西さんのお友達なんだな。

そしてまた謎の親近感。

エッセイの内容はというといろいろ面白かったのだけど、
お酒の場での失態系の話を読むとどうしても、
「ああ私、お酒弱くてよかったー。お酒に酔って記憶なくすとか、ほんとにいや」
と思ってしまう下戸な私なのでした。
a0137643_2333478.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-10-29 22:48 | 日記
2014年 10月 28日
夏も近づく
a0137643_2212253.jpg
八十八夜です。

日ごとに寒さは増しておりますが、
「野にも 山にも 若葉がしげり」の、童謡『茶摘み』を頭ん中で歌いながら、
気になっていた吉祥寺のカフェへ行って参りました。
a0137643_22122862.jpg

a0137643_2212266.jpg
吉祥寺界隈に棲息するOLが好きそうなこの、オーガニック感。
「どんな味?」と質問されたならば、
「優しい味!」とかいう、わかったようなわかんないような答えを言ってしまいそう。
何味だよ、優しい味って。
いや、私、よく言っちゃうんだけど。
a0137643_2212663.jpg
静かで、のんびりとしていて、
1人で来ている女性客も多かったです。

釜飯が食べきれなかった分は、
特別におにぎりにして下さいました。

自分が飲食店で働いていた頃には、
お客様からお持ち帰りのご要望が何十回あろうとも、
食中毒などが怖いため、「食品衛生上の都合で」すべてお断りしておりました。

でも実は私自身も、余った分はお持ち帰りが出来たらいいのに。
と常々思っております。
私はすぐにお腹がいっぱいになってしまうのですが、
無理して食べるのもしんどいし、残して帰るのももったいないし。
今夜は駄目元でお姉さんに聞いてみてよかったです。
わーい、明日のランチにでもしよう。
a0137643_2212434.jpg
八十八夜 : 東京都武蔵野市御殿山1−2−1 御殿山デュープレックスR'S 2F
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-10-28 22:11 | 日記
2014年 10月 27日
ソーイング
a0137643_2155117.jpg
さて一昨日、
10月最後の土曜ということで一足お先にハロウィンナイトアウトを楽しんだ私ですが、
今年は31日が金曜日。
もう1度ハロウィンナイトアウトが出来るんではないか?
いや、むしろソッチが本番なんですけど!
というわけで、また美容院に集合することとなりました。
「ハロウィン、卒業するする詐欺」も甚だしいです。

マリオナイトが好評だったため、
じゃあまたマリオで集まろうとの連絡がきましたが、
せっかくだからマイナーチェンジしとこ、と思い、せっせとお裁縫をしております。

オーバーオールをスカート仕様に作り変え。
嗚呼ミシンが欲しい。ミシンがあったら10分くらいで出来そう。
金曜に間に合いますように。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-10-27 21:55 | 日記
2014年 10月 26日
スカビル2014
a0137643_252710.jpg
マイガールからワンダフルワールドの流れで、
完全に時計が10年巻き戻るスカビル日比谷野音!

今日はお天気にも恵まれ、野外でスカのライブです。
a0137643_252461.jpg
まさかのオイスカ始まり。
いつもはもっと会場が酔っ払った頃に始まるので、
スタートがオイスカというのがなんとも変な感覚でした。
ちょっと客側もノリ切れず、「ライブ」よりはむしろ「コンサート」みたいな印象。
うまく言えないけど。
a0137643_2372010.jpg
オイスカが終わって後ろの方でちょっとお喋りしていると、
偶然にも美人親子に遭遇しました。きゃー!

そういえば自分史上スカ全盛期だった頃には、
イベントに行けば友人知人にたくさん会えて楽しかったのでした。
その感覚をちょっと思い出しました。
a0137643_25564.jpg
知らないバンドが続いたので、
いったん野音を出て、近くのカフェでのんびりします。
後からもう1人増えて、これで全部で5人。
私はそれぞれとお茶したり、連絡を取ったりしていたけど、
みんなが一同に集まることってすごく珍しい。実は貴重なひとときでした。
a0137643_25891.jpg
さて、秋の日はつるべ落とし。

野音に戻るとあっという間に日が暮れてしまいました。
後ろの方でまったり聴いたり、
好きな曲がかかったときだけしゃしゃり出て踊ったり、
割と自由な感じで最高でした。
a0137643_251117.jpg
オールスターも終わって最後のDJ、
昔いつも一緒にイベントで踊ってた大好きな2人の姿を見ていたら、
思わず半べそかきました。
a0137643_251315.jpg
そして、私は思ったのです。

曲自体も演奏自体も、そりゃイイにはイイ、すごくイイんだけど、
冷静に考えると何も泣くほどイイわけじゃありません。
でもその曲とかそのバンドとかその場所とか一緒にいる友達にもうたくさん思い出が詰まってて、
それで、私、懐かしくて涙が出たんです。

彼女たちが馬鹿みたいに踊ってるのを見て、
馬鹿みたいなんだけど胸打たれた。

あの20代の日々があったからこそ、
他のひとにとってはただの音楽が、
自分にとってはなんか泣けちゃうくらいの価値もってんだな、とか思ったら、
何か得たいの知れないものに、圧倒されてしまいました。ああ楽しかった。本当に。


帰りがけに撮った写真を後から見たら、
私はもう随分とへろへろになっておりました。
今日という日を全力で楽しんだのでした。
a0137643_252181.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-10-26 00:27 | 日記
2014年 10月 25日
ハロウィンまで一週間
a0137643_22283924.jpg
さて、もうすぐハロウィンです。

実のところ前回もそうだったのですが、「もうハロウィンの仮装はしないぞ」
と、ぼんやりと思っていた私です。
ハロウィンにパーティをするようになって数年が経ち、
ある程度やりたいメイクや仮装もやって満足したし、歳も歳だし。

いつもの美容院仲間から、25日にハロウィンパーティをする旨連絡がありましたが、
当初、ちょうどその日に別の用事があって、パーティには参加できそうにありませんでした。
どうせ仮装やめようって思ってたとこだし、
ちょうどよかったと言えばちょうどよかったんだ、などと自己完結していたところ、

仮装テーマがマリオに決定!
→私のマリオ好きを考慮してくれていたと知る。
→25日会う予定だった友達の都合がたまたま悪くなる。

という流れで、結局今年も仮装をしてきました。
何気に初めての、マリオです。私のヒーロー。
a0137643_0151882.jpg
すぐにさらわれてしまう姫のために日々きのこや亀と戦い傷ついた戦士です。
a0137643_2226920.jpg
仕事を終えたメンバーが続々と美容院に集合し、
順番にメイクをして貰っています。
a0137643_22252934.jpg

a0137643_22253230.jpg
美容師ヤチ君の、特殊メイク。
使うのはボンドと絵の具ですが、出来栄えはなかなか本格的です。
a0137643_22253536.jpg

a0137643_2225387.jpg

a0137643_22283460.jpg
集まってクラブに繰り出すとかではなく、
美容院のある原宿から、行きつけの居酒屋のある渋谷まで、
ただ皆で楽しくお散歩をするという、なんとも和やかなハロウィンナイトアウトです。
さあ出発。
a0137643_22254163.jpg

a0137643_22254479.jpg
缶ビールを片手に、マリオとルイージになった皆で、
わいわい渋谷を目指しました。平和だわ。

途中で漫画ワンピースの仮装をした集団に遭遇。
全員すごいクォリティでした。どうやら美容師さんの集団で、毎年やられているようです。
a0137643_222550100.jpg

a0137643_22255254.jpg
あとは、とっても美人なウォーリーを見つけました。
3つ子です、って言い張ってました。キュート。
a0137643_22255968.jpg
なんだかんだ写真を撮ったりしてたらもう22時を回っており、
次の用事がある私はいったん皆とバイバイしました。

仮装をしたまま、いざ、六本木へ。
友達がシンガポールで就職が決まったとかで、今日がフェアウェルパーティなのです。

最後だし、顔だけでも出そうかな、と地下鉄を乗り継ぐ際、
ひとりマリオのゾンビ姿で微妙に浮いておりましたが、
六本木が近づくに連れて仮装人口が増えていく様が面白かったです。さすがパーティの街。
a0137643_021064.jpg
フェアウェルには70人くらい集まったそうで、
結局お別れする本人とはちょこっとしか話せませんでした。
でも彼つながりで出会った友達と久々に会えたりして、
びっくりの近況報告が幾つかあって、
やはり顔を出してみてよかったです。

いつか皆でシンガポールに遊びに行こうっと!
a0137643_021281.jpg
帰りもまたゾンビマリオのまんま帰ったのですが、
クリボーのぬいぐるみを片手にとぼとぼ歩く私を見て、
「マリオー!めっちゃやられてるやんー!がんばれ!」
と応援してくれる人々や、
「おーい」と手を振られて、こちらも手を振り返すと、
「うわっ、マリオ、手ぇ振ってくれたー!」
と喜んでくれる子がいたりして、なかなか楽しかったです。
a0137643_019596.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-10-25 22:25 | 日記
2014年 10月 24日
sing sing sing
a0137643_216098.jpg
会社帰りに駅まで歩いていると、
途中にある大きな公園からジャズが流れてきました。
疲れていたけど気になってちょっと寄り道。

フェスティばるーん・・・・
a0137643_2155440.jpg
ゆ、ゆるい!ゆるすぎる!ゆるゆる!!

地域のお祭がやっていて、ビールや焼きそばが売られる中、
公園の中に設置されたステージからはスタンダードなジャズが聞こえてきます。
a0137643_2155189.jpg
それがまたね、なんというか、ゆるい。
すっごく、ゆるい。

ジャズといえば以前通っていたヨガ教室の友達がジャズバンドをやっていて、
ちょくちょくライブに足を運びましたが、
メンバーの中に芸大出身のトロンボーン奏者がいたり、
現在プロで活躍中のクラリネット奏者がOBとして参加したりで、
全体的に、本当に演奏の上手なバンドでした。

彼女らの出演するイベントに行っても類は友を呼ぶというのか、
対バンには上手いバンドが多かったように思います。

で、今日のようなゆっるいジャズ演奏は久しぶりに聴きました。
トランペットの、プッペッペー!みたいな音。ああ・・・

しかしここで俄然発揮される、ジャズの不思議な魅力。
上手い演奏はもちろん最高ですが、
スタンダードなジャズのナンバーでは、
調子っぱずれのラッパの音も、なんだか妙に、良いのです。うん。

いいね!

ちょっと乾いたような、力み過ぎちゃったような、あるいは勢いが足りなかったような、
酷い言い方をするならば「残念」な音、惜しい音程、
でもそれすらも魅力的に聴こえたりします。
ジャズ・マジックです。

というわけで散々な書き方をしておきながら、
ちょっと楽しんでしまいました。
オジサマ、オバサマの奏でるお馴染みのナンバー。

余談ですがこれがクラシックだと悲惨です。
下手な演奏はただの下手な演奏だし、
味があるとか、そういう評価には繋がりません。
むしろクラシックで音程がうまく取れずに不協和音を出せば、
ガラスを爪で引っかいた音のように人々に不快な思いをさせるだけなのです。
ゆるくても、ゆるいなりに、キマる。とか、そんなことはないのです。たぶん。


フェスティばるーんの会場を後にしてからもずっと頭に幾つかのフレーズが残って、
ヨガ友達の流れるような、そしてファンキーなピアノが聴きたくなった帰り道でした。
久しぶりに連絡してみようかな。
a0137643_2155662.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-10-24 21:02 | 日記
2014年 10月 23日
I have some good news.
a0137643_202816.jpg
今日はビオラのレッスンがありました。
基礎練習のおかげでだんだん譜読みが楽になってきたので嬉しいです。
楽器の腕前なんて、上を見てもキリがない、下を見てもキリがない。
ただ去年の自分や、先週の自分と比べると、
そりゃもう明らかに上達しているので、単純に嬉しいです。

今夜はさらにとんでもなく嬉しいことがありました。

レッスンが終わってから、ビオラの先生やバイオリンの先生、
時にはピアノの先生もいらっしゃってお喋りをするのが、
レッスンそのものと同じように楽しいのですが、
今夜もわいわいとお喋りに花を咲かせていたところ、
次の演奏会に先生も一緒に出て下さるかも!?という話になりました。

エキストラとして、私の隣で弾いて下さるという、
なんとも胸躍るお話。
先生はブラームスの1番がお好きとのことで、
ブラ1だったら乗ってもいいなあ、と仰っていました。

オーケストラで弦楽器は、2人1組になって並んで座るのですが、
上手なひとの隣で楽器を弾くのはすごく楽しいのです。
楽譜を目で追うだけでなく、
耳からもヒントを貰えるので、演奏がしやすいというのもあります。
本当はそんなんじゃ、いけないのだけど。


ああでも、プロの音楽家の方だし、ギャラとか、どうなるんだろう。
その辺りは私にはちょっとわからないので、
謝礼の折り合いがつかず結局先生は出演しない、ということも十分考えられますが、
もし先生と一緒に舞台に上がれるなら、
今よりもっともっともっと気合を入れて練習を頑張るのになあ!
と、にやにやしながら思いました。

今夜のピザは格別に美味しかったです。へへへ。
a0137643_20275964.jpg

a0137643_2028335.jpg
RIGOLETTO : 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目14−25
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-10-23 20:28 | 日記
2014年 10月 22日
ランチデート
a0137643_2005588.jpg
今朝したくをしていたらソファに主人のスマホが置いてありました。

私の会社はフレックスなので朝は比較的のんびりしていて、
目が覚めた時間に起き、したくをしながら時計を見ることもあまりありません。
コーヒーを飲んだりシリアルを食べたり、気まぐれに髪を巻いたりして、
必要であれば洗濯をして掃除もしてから出かけることができます。

翻って主人の方は、
毎晩ほとんど終電で、酷い時には終電を逃してタクシーで帰ってくる割に、
朝は朝で早くに出勤せねばならない程仕事が立て込んでいるそうで、
見ていて体調を崩さないかと心配になります。

よく身体が持つなあと感心してしまいますが、
たっぷり睡眠時間を取らないと翌日頭痛で辛い35歳の私も、
今の主人と同じ27歳の頃には朝から晩まで働いていたんでした。
あの頃の体力ならそれが可能だったんだなあ。

ということはですね、
そこまで心配し過ぎなくても今はまだ大丈夫なのかもしれません。
でも世の中には30歳になっても35歳になっても、
睡眠時間を削って馬車馬のように働いている人もいるので、
主人がそうならないといいな、と思います。

話がズレにズレましたが、そんなわけでソファで見つけたスマホ。
主人はとっくに出勤している朝の9時。

会社携帯に連絡をするとどうやら忘れて困っているようなので、
私が持って出勤し、お昼休みに受け渡すということになりました。
職場が2駅隣でよかったです。

スマホを無事に渡し、少し時間があったのでランチを食べました。
主人が新橋にいて、昼休みを一緒に過ごしていることが新鮮です。
仕事をしている私と、家にいるときの私は全然違うので、
仕事の合間に主人に会うということが、うまく言えないけどなんだか変な感じでした。
大久保さんという芸人に似ている女性が働いていることで有名な、四季ボウボウへ。
何度も来ていますが、今のところ何を頼んでもいつも美味しいです。

素早く割り箸を割る主人。
a0137643_201667.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-10-22 19:57 | 日記