<   2016年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2016年 11月 30日
鼻水吸引器
a0137643_22461651.jpg
起きたら鼻水ガビガビだったので、お薬を貰いに小児科へ行って来ました。熱はなく、咳なども出ていないので、ひとまず鼻水止めのシロップを処方されて終了。

家に帰って、ママ友さんのススメで購入した電動鼻水吸引器、その名も「スマイルキュート 」の出番です。
これ、本当に素晴らしいです(変な名前だけど)。

自分で鼻をかめない赤ちゃんもスッキリだし、鼻水をいっぱい吸えるから母の達成感もすごいし。
我が家は耳鼻科の隣だからよく吸引に行っておりますが、休診日とか夜中でも楽にしてあげたいので、買って良かったです。

最初、マシンでズビズビやられるとも知らずに、新しいオモチャを見つけたみたいなキラキラした瞳で近づいて来た息子…(そして何でも口に入れて味見)。

捕まえて吸引する時にはやはり泣いて嫌がりますが、それでも頭のどこかで、「これをすると呼吸が楽になる」ということがわかっているような素振りも見せます。

鼻水はどんどん吸引した方が、風邪を引いても長引かないんだそうです。おまけに中耳炎のリスクも減らせて、大人でも使えて、メンテナンスも楽で、言うことなしに良い買い物でした。
a0137643_23025968.jpg
a0137643_23030022.jpg
さて、相変わらず息子は、シスコーンの空き箱を見つけると嬉々として“かわいがり”を開始します。これ、ケロッグオールブランの空き箱だと、こうはいかないのです。シスコーン坊やにご執心な様子。
a0137643_23030133.jpg
a0137643_23030106.jpg
あとは有名な“赤ちゃんあるある”、スーパーのレジ袋にも夢中になります。キッチンのストック棚の隅に、息子用の箱を用意してあって、そこには息子がいじってもいいものを入れてあります。囮です。
箱の中身は袋入りキャンディと、紐と、レジ袋のセット。これを1日何十回もひっくり返して遊んでおります。かわいいなあ。
a0137643_23030286.jpg
そして気分が高揚してくるとスクワットスタート。かなりのアスリート気質です。ただただスクワットをします。
a0137643_23030383.jpg
いつかこの子が何かのスポーツをやり始めた時に、この乳児のうちに積み重ねた日々の基礎練習(?)が必ず役に立つんではないかと思います。

-----
■パン粥好きになったようでパクパク食べた
■遅い昼寝、謎の空腹のコンボでお風呂号泣
■耳に指を入れる仕草が気になる
■髪を切りたい

[PR]

by yo54321yo54321 | 2016-11-30 22:36 | 日記
2016年 11月 29日
オヤツの時間
a0137643_20171240.jpg
みちこちゃんがくれたオシャレなシャツと、みちこちゃんがくれた手作りマフィン(激ウマ)。このシャツがめちゃくちゃツボです。合わせるボトムスがないんだけど…。
a0137643_22294192.jpg
a0137643_22294208.jpg
はー、かわいい。


手作りマフィンは卵やバターを使っていないとのことで、息子と一緒にちびちび食べながら「あ、これ絶対レシピ聞かねば〜!」って思う美味しさでした。

同じように作れる保証はありませんが、LINEで詳しく教えて貰ったので、近いうちに挑戦しようと思います。お菓子作りがどうも苦手なので、この機会に克服し、ゆくゆくは息子のオヤツなんかをちゃちゃっと作ってあげられる母になりたいです。


さて、息子が誕生してから、“こちゃれ”ことこどもちゃれんじを始め、いろんなところから育児系のカタログやら冊子が送られてきます。捨てる前にじっくり目を通してみると、無料の割には意外と(?)タメになることが書かれている気がします。

最近一番「ほう!」と感心したものを備忘のため要約。


親子のスキンシップが大事と言って、赤ちゃんの気分はお構いなしに、やたらとさわるのは逆効果。大切なのは「さわる」ことではなく、赤ちゃんから「さわられる、さわらせる」こと。

ベビマ教室に行った時、「赤ちゃんは、とにかくママに触られるのが大好きですから〜」と言われて、以来ほぼ毎日マッサージをしていたし、ふと思い立っては、さすったり抱きしめたりしていましたが思うような反応は得られず、上のコラムを読んで妙に納得してしまいました。

そうそう、どうも「ママに触られるのが大好き」って雰囲気じゃないんだよ、うちの子。私のやり方が変なのか?と思っていたけど、私のタイミングで、たださわれば良いってもんじゃないんだな、むしろ、彼がさわりたい時にさわらせてあげればいいのか。と、目から鱗でした。

ヨダレべたべたのお手手で顔中撫で回されたりすると、うへーぇとなってしまいがちでしたが、大事なスキンシップだと捉えて楽しもうと思います。

-----
■ら行が増えてきた
■またまた夜中に頻繁に起きて泣く
■離乳食、早くも出汁には飽きた様子


[PR]

by yo54321yo54321 | 2016-11-29 20:33 | 日記
2016年 11月 28日
木のおもちゃ
a0137643_21215073.jpg
東京おもちゃ美術館へ行って来ました。
結婚して今は新潟で暮らす友達と、その息子君。たまたまこちらに帰って来たタイミングで、会えることになりました。

何度か遊びに行ったことのある無印良品の木育広場は、こちらのおもちゃ美術館の監修なんだそうです。
足を踏み入れる前から、高まる期待!
a0137643_07134163.jpg
駅出口を出た途端、逆方向にズンズン進むというミスを犯して迷い、だいぶ遅刻してしまいましたがそれでもトータル2時間弱は遊べたでしょうか。居ようと思えばいくらでも居られそうな、楽しい空間でした。
a0137643_07134125.jpg
とっても広い、木のボールプールや、
a0137643_07134294.jpg
a0137643_07134234.jpg
木馬や、すべっこい木の椅子(?)、息子が好きなトンネルもあって、そちらも木で作られておりました。
a0137643_07134381.jpg
a0137643_07134426.jpg
今日遊んだのは2階の広いスペースと、1階の赤ちゃんのためのスペース。優しいぬくもりの木のおもちゃがたくさんありました。そんで帰りにお土産コーナーで見るとどれも良い値段がして、納得。よく考えられているし、触り心地も抜群だし、飾っても遊んでも素敵です。
a0137643_07134488.jpg
会いたかった友達とやっと会えて嬉しかったですが、息子達はまだまだ個人プレー。もうすぐ9ヶ月の我が子と、1歳4ヶ月になる友達とでは、出来ることも、動き方も全然違うので一緒に遊ぶのは難しいのかな。

移動手段がハイハイで、つかまり立ちと、ほんの少しの伝い歩きをする息子と比べ、友達の方はもうどこへでも歩いて行けるし、いやむしろ、走ったり、「どーぞ」したり、とっくに赤ちゃんを卒業している雰囲気でした。感動!
a0137643_11261646.jpg
あと数ヶ月後には息子も彼みたいになっているのかしら。寂しい気持ちと、ワクワクする気持ちの両方が胸を締めつけます。

-----
■移動中行きも帰りもぐっすり
■四谷三丁目エレベーターなく地獄の階段
■離乳食、きな粉クリア(好きっぽい)
■父と似た背格好の男性にぐいぐい絡む
■「アパ!」


[PR]

by yo54321yo54321 | 2016-11-28 21:16 | 日記
2016年 11月 27日
ボールは友達
a0137643_22393247.jpg
主人が会社の先輩方とやっている、ほぼ月1サッカーの日。
息子は興奮気味な笑い声をあげて、小さなサッカーボールで遊んでおりました。主人に似て、運動が得意だといいなあと思います。むしろ、願います。男子なのに私並みの運動音痴では本当に可哀想です。
a0137643_22364552.jpg
a0137643_22365216.jpg
a0137643_22365532.jpg
ボールを抱えてポーズを取る姿は、一丁前にサッカー少年のようではないですか。私の通っていた高校はサッカー部が強くて、なんか校内でも威張ってる感じがして苦手でしたが、息子が爽やかスポーツマンになるのは悪くないなあ〜などと能天気に妄想しています。

でもでも、サッカークラブかなんかに通うとなったらまた話は別で、子供達の送り迎えとか、土日は試合があるとか、保護者間の付き合いとか…、考えただけで色々億劫になる、気の早い母なのでした。息子はまだ0歳だというのに。
a0137643_22365604.jpg
今朝は久々に主人がフレンチトーストを焼いてくれました。私の大好物です。新婚旅行で行ったブルガリアで買った、蜂の巣入りの蜂蜜をかけて頂きました。蜂の巣の美味しいこと!サクサク、カリカリ、甘っ。でした。何枚でも食べられそうです。

もうひとつ、私の大好物は主人の作る炒飯なのですが、彼によれば、私は炒飯の日だけは1度に一合くらい米を食べているとのこと。普段はそこまで食べないんですけど。

主人の炒飯は美味しくて美味しくて、それこそ、いくらでも食べられちゃうーとか言いながら何回もお代わりしてしまいます。でも、まさか、一合も食べている自覚はありませんでした。
a0137643_22365733.jpg
午後はジャパンカップがあって、なんと三連単が当たったお祝いにドーナツがズラリ。わーい!馬券で儲けたらドーナツ、これが最近の我が家の流れです(定着させたい)。
a0137643_22365717.jpg
a0137643_22365884.jpg
a0137643_22365800.jpg
興味津々で手を伸ばす息子が可愛いったらありません。
カメラの練習でとりあえず撮影してみたものの、ドーナツにピントが合ったり、はたまた何にも合っていなかったり、相変わらずちっとも使いこなせておりません。一応の目標は、息子の保育園の運動会までに最低限ピントなど合わせられるようになることですが、どうなることやら。
a0137643_22365901.jpg
-----
■頭突き痛いが、本人はなぜか平気そう
■緑の鼻汁が出始めてちょっと心配
■離乳食、久々にたくさん食べてくれた


[PR]

by yo54321yo54321 | 2016-11-27 22:37 | 日記
2016年 11月 26日
待ち人来らず
a0137643_22365903.jpg
会社の先輩が、息子と同い年の娘ちゃんを連れて遊びに来てくれる予定だった土曜日。会うのは夏のBBQぶりでとっても楽しみにしておりましたが、なんと“とびひ”にかかってしまったという連絡があり、急遽キャンセルになりました。

写真も送ってくれたのだけど、見るからに痒そうだし痛そう(実際は、痒くも痛くもないそうです、不思議!)でした。早くよくなりますように。
a0137643_22365928.jpg
それじゃあ今日は親子3人、のんびり過ごしましょうかってことで、古い映画を観たりしました。


ところで、虫歯0本の主人は人生で2、3回しか歯医者に行ったことがないそうですが、たまには歯のクリーニングくらいはした方が良いよと勧めて歯石・歯垢除去へ。
ちなみに私は歯の半分くらいが銀歯でして、そんな私が言うのもなんですけど、やっぱメンテナンスって大事ですよね。
a0137643_22370007.jpg
息子は本当に主人が大好きで、珍しくずっと家にお父さんがいることが嬉しいのか、主人を追いかけ回している姿が微笑ましかったです。この2人が遊んでいるのを見てる時間がほんとに幸せ。


近所の図書館にかなり設備の整った乳幼児コーナーがあって、夕方3人でそこへ行き、息子の好きそうな本をあれこれ言いながら選んだ時間も幸せでした。
それからスーパーへ行って、何が食べたいー?とか言って、息子の離乳食用の食材やアイスやなんやかや、買い出しをした時間も幸せでした。

つまるところ幸せのハードルが低すぎることがきっと、私がこんなに幸せな原因なんだろうな。
a0137643_21433410.jpg
a0137643_21433530.jpg
-----
■夜泣きっぽいのを時々するようになった
■右の脛に、小さくぶつけた痕?発見
■窓におでこ、壁に後頭部を打ちつける遊び


[PR]

by yo54321yo54321 | 2016-11-26 09:23 | 日記
2016年 11月 25日
ぼくの椅子
a0137643_20361611.jpg
今日は息子用の椅子が届いたので早速組立ててみました。
こちらは大和屋のもので、まずとても良かったのが、部品の精度が高いことです。普段、激安の組立て家具(IKEAとか…)ばかり買っているせいか、たまーにネジとネジ穴の大きさが微妙に合わなかったりしてストレスを感じるんですが、今回それがまったくなくて、1人でもスムーズに出来ました。
a0137643_06302889.jpg
今まで離乳食は、コンビのロアンジュ(ハイローチェア)か、ベビービョルンのバウンサーで食べさせていたんだけど、足置き場があって踏ん張れる方が、ちゃんと力が入るし姿勢良く食べられるんだとか。

先日の離乳食講習会では、保健師さんが「バンボで食べさせてるお母さん、やめて下さいね〜」って言っちゃってました、商品名名指し…。まあ確かに大人でも、足がブラブラしてると食事しにくいかも。

最近、食べムラが出てきた息子。新しい椅子になったことを機に、またもりもり食べてくれると嬉しいです。
a0137643_06302973.jpg
a0137643_06303085.jpg
a0137643_06303021.jpg
座らせてみた感じ、満更でもなさそうです。

「息子君のお椅子だよ〜。一緒に組立てよ〜」と言って母が作業を進めている間、とにかく各パーツをはむはむ、舐め舐め。彼なりの検品作業に余念がありませんでした。小さな部品は触れないように隔離しておいて、息子と2人で(?)ものをつくる、というのが楽しかったです。
a0137643_06303128.jpg
よっ!


ハイチェアといえば、ストッケかリエンダーが有名ですが、ネットで評判を調べたところ、二児のお父様が書かれたレビューがあって「上の子がストッケ、下の子は大和屋を使用。値段が半額の割に遜色なし」とのことだったので、大和屋に決めました。

早速本日の2回目食から使ってみた結果…

椅子の座り心地関係なく、恐らく献立のせいで息子が泣いてしまい食事になりませんでした。ちーん。なんとなく苦手っぽい納豆を食べさせようと躍起になってしまったのが原因か…。ごめんごめん。そういやお母さんも、納豆好きになったの大人になってからだったわ。
a0137643_09213651.jpg
-----
■お粥玉ねぎ納豆→大号泣…
■色んな物の空き容器でひとり遊びに没頭
■夜、元気に遊んでなかなか寝ない


[PR]

by yo54321yo54321 | 2016-11-25 20:29 | 日記
2016年 11月 24日
泣くパンダ
a0137643_21340221.jpg
東京に初雪が降りました。こういう時、育休って最高です。来年からはこんなお天気の日だって、子供を保育園に連れてって自分は会社へ行かねばならないのですね。出来る気がしません。
a0137643_20270814.jpg
今日は一歩も外に出ずにぬくぬくしていよう…と思ったのですが、なんだか息子の鼻がグズグズしていたので鼻水吸引をして貰いに耳鼻科へ。

徒歩30秒の距離なので、とりあえずモコモコのアウターを着て行って来ました。
a0137643_20271416.jpg
スープの冷めない距離ならぬ、涙の乾かない距離、です。本日も鼻をズブズブ吸われて大暴れのギャン泣きでした。息子よお疲れ。でもなかなかの量が吸い取られていたので、行って良かったです。
a0137643_20271849.jpg
a0137643_20271894.jpg
この寒いのに、なぜか窓際でばかり遊ぶ息子。雪が気になっているというよりは、結露で濡れた窓に興味がある様子でした。

窓につかまって(?)立ち上がるんだけど、濡れて滑って派手に転倒して泣く、という流れを少なくとも5回は飽きずに繰り返していました。
a0137643_20271941.jpg
それにしてもこのパンダ、新生児の時に貰ったのですが、久々に着たら足が微妙につんつるてんでした。産まれた病院から退院する時に着たもので、あの時はすっぽり収まっていたのに。

確かあの日はベビードレスも用意していたのだけど、雨が降って寒かったからこれを着たんでした。懐かしいな、生後1週間の息子…。だいぶ成長した今ではもう、伝い歩きがひっそり始まっております。
a0137643_20272005.jpg
とにかく赤ちゃんのうちは、たくさんハイハイをした方が良いと聞くし、歩くのはまだちょっと早いと思うんだけど、まあそれはそれで頑張れ。
a0137643_20272046.jpg
a0137643_20272115.jpg
a0137643_20272182.jpg
午後は写真の整理をしたり、思い立ってピーマンの肉詰めを大量にこしらえたり、息子がハイハイするようにけしかけながらテーブルの周りをぐるぐる何周も回ったりして過ごしました。

年末に向けて、大掃除も少しずつ始めていかないとなー!

-----
■ちゃんとした伝い歩き、やっと目撃
■お風呂のドアに指を挟まれ号泣(反省)
■暗闇は意外と怖がらない


[PR]

by yo54321yo54321 | 2016-11-24 21:31 | 日記
2016年 11月 23日
また来年!
a0137643_19361540.jpg
外大の学園祭は他よりちょっと長くて、今日までやっていました。

FBの“過去を振り返る機能”みたいなやつで、5年前とか6年前の外語祭の写真があがってきて(あの頃はマメに投稿してたなあ)、とても懐かしかったです。

今年は息子がいたので、いつもとは違った楽しみ方になりました。これまでのように、色んな国のお酒を飲んだり、色んな国の衣装に身を包んだり、色んな言葉の語劇を観賞したり、というのも面白かったけれど、家族でのんびりピクニックみたいなのも、いいもんです。
来年はこの落ち葉の道を、息子が駆けまわっているでしょうか。また親子3人で行こうね。
a0137643_19361674.jpg
さて、明日の東京は雪予報なので、外に一歩も出たくありません。買い出しは今日のうちに済ませて、なんならまたしてもハーゲンダッツをおやつに2つ買って、引き篭もりの準備は万端です。


最近、3歳の子持ちママさんのブログを読んだんですが、今は3歳の娘さんが0歳だった頃を思い出して、「会いたいなあ、抱っこしたいなあ」と書かれてました。
見ず知らずの方のその文章を読んで、なんだか非常にじーんとしてしまって、今この時間のかけがえのなさを痛感しました。

3歳だって世間的にはまだ十分小さいだろうけど、確かに0歳の小ささとは全然別物です。いつか私も、ちっちゃな息子を懐かしむんだろうな。「会いたいなあ、抱っこしたいなあ」って、思うんだろうな。

と、そんなことを考えて、今日からはこれまでよりもたくさんたくさん抱っこをすることに決めました(単純)。今だけだもんね。小さな身体で私にしがみつく息子。抱っこされて安心すると、私にすっかり身を委ね、温かいおでこを首元にぐりぐりしてくる息子。はー、今日も愛しいです。

-----
■謎のジャンピングハイハイしてた
■「アトェ、アートゥェッ、アテャ」
■ドライヤーしてると飛びかかってくる
■バスチェア、息子の身体が冷たくなり過ぎて待機には使えず


[PR]

by yo54321yo54321 | 2016-11-23 19:07 | 日記
2016年 11月 22日
ふた
a0137643_06043732.jpg
ランチ中に息子が軽くぐずった時、ママ友さんが「赤ちゃんてハーゲンダッツのフタ好きなんですよ〜」と言って息子君のコレクションを貸してくれました。
ほんとにすごく食いつきが良くて、しばらく離しませんでした。

早速、主人にその旨報告。
「自分がアイス食べたいだけなんじゃ…」と疑われつつ笑、2枚手に入れて息子に渡してみたところ、やはり興味深そうに遊んでいました。
a0137643_06443213.jpg
a0137643_06443241.jpg
a0137643_06443336.jpg
a0137643_06443315.jpg
ハーゲンダッツおすすめです。
フタは赤ちゃんに♡
アイスは母の胃に♡
a0137643_06443422.jpg
2つあるのでぶつけてパチパチしたり、噛んだり、転がしたり、あと、床に置いておくと少し取りにくいのが逆に良いみたいで、その取りにくいヤツを取ることに集中して、何度もやっていました。
a0137643_06443438.jpg
a0137643_06443532.jpg
a0137643_06443531.jpg
私自身は、実はハーゲンダッツよりもスーパーカップ派という安上がりな女ですが、久しぶりにスーパーのハーゲンダッツコーナーを真剣に見てみたところ、期間限定のそそられるフレーバーをちらほら発見しました。今っていろいろな味があるんですね。これを機にハーゲンダッツにも手を出してみようかな。

ちなみに主人は、出張中に自分へのご褒美(?)でよくハーゲンダッツを食べているらしいので、きっと息子のコレクションはすぐに溜まるんじゃないかと思っています。


先日息子が夜と朝、2回続けて嘔吐するということがあって、その際にお医者さんの指示で離乳食を減らしました。で、そろそろ元に戻そうと思うのですが、めっきり離乳食の食べっぷりが悪くなってしまいました。

今日も用意した離乳食の半分をどうにか食べて貰うので精一杯。息子が食事を楽しいと思ってくれるように、笑顔で、急かさず、気持ちにゆとりを持って臨んでいるつもりですが、終盤に差し掛かると唇を思いっきりブブブブーッとされてしまい、あまりにもそれが続くとちょっと心が折れそうになったりします。

今日の2回目食は特に大変で、途中で泣いて身体をそらしたり、口の中のものを飛ばしたり。何かが本当に嫌なのか、ただ遊んじゃってるのかわからず、ひとまず授乳をして落ち着かせました。そのまま膝に抱いて食べさせ、結果的には完食してくれましたが…。


レパートリーが少ないせいで飽きてしまったのかもと思い、食べたことのない食材を色々買い込んできました。明日からはしばらく、新しい食材に挑戦の日々となりそうです。アレルギー、出ないといいな。

-----
■昼寝前は縦抱っこをされたい様子
■寝ながらふと泣くことが増えた
■ヨダレが本当にすごい


[PR]

by yo54321yo54321 | 2016-11-22 19:04 | 日記
2016年 11月 21日
古い街で
a0137643_07521488.jpg
用事があって、昔住んでいた街へ行きました。
あの安い八百屋はまだあるのかな〜って駅前をぶらぶらしながら、うっかり感傷的になるのは年のせいでしょうか。

チャリンコで通った冬の銭湯とか、夜中よく行った線路沿いの中華とか、バーとか古着屋とか牛乳ラーメンとか…

ここでいろーんなことがあって、私はカナダに旅立ったんでした(3月のとある朝、半ベソで実家の母にした電話をよく覚えています)。

そんでバンクーバーで主人と出逢い結婚し、愛しい愛しい愛しい息子を授かったのです。
だからあの時、なんかやけくそだったけど、カナダに行くって決めて良かったな〜って改めて思いました。

ベビーカーをコロコロ押して、懐かしい高円寺を歩きながら、「そうだ、この街がすべての始まりだったんだ!」みたいな気持ちになりました(大袈裟)。


今日は午前中に保育園の見学へ行き、午後は後期離乳食講習会でした。
息子、ちょっと疲れたかなーと心配していると、夕方帰宅した途端に元気になって、目をキラキラさせながら私の後を追ってハイハイしていました。なんて可愛いんだろう。

私を追いかけ、私の脚につかまって、あるいは私の指を握りしめて、なにやらずっとお喋りしています。

そのうち息子と、普通に意思の疎通ができるようになって、それが当たり前のことになって、もちろんその方が良いに決まってるけれど、今とにかく一生懸命に私を見つめながら「あーあー!あーうー!」って言っている小さな息子にはもう会えなくなるんだな、と思ったら急に変な気分になりました。

それはいわゆる、“嬉しいような寂しいような複雑な心境”というわかりやすいものでもなくって、本当にすごく変な気分でした。

なんだろうこれ。いつか、しっくりくる言葉を見つけたら、書いておきたいと思います。

-----
■昼寝を中断されて不機嫌(ごめんね)
■第一希望の保育所、朝の会を見学
■ハーゲンダッツの蓋お気に入り


[PR]

by yo54321yo54321 | 2016-11-21 21:21 | 日記