<   2017年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 24日
考える息子
a0137643_21125618.jpg
改まって感謝をしたことがなかったけど、家から徒歩5分圏内に、公園3つと大きな児童館が2つあって、これってありがたいことだよなあと、ふと思いました。

週末に遠出をしてばかりだと疲れてしまうので、今日は家族3人で近所の公園へ、お砂場セットとシャボン玉を持って行ってみました。
a0137643_08315575.jpg
保育園の連絡帳に何度か書かれていた通り、息子はシャベルで砂をほじるのがとても楽しいみたいです。

かわいい姿にニヤニヤを隠せないまんま、せっせと写真撮影。もちろん目にも焼きつけました。
a0137643_08315519.jpg
a0137643_08315554.jpg
これも、いつかの連絡帳で読んだのだけど、先生が作ったお山を次々と崩しては、笑っていたらしい息子。今日父の作った山も片っ端から壊されていました。壊した後の少し悪そうな笑顔がたまりません。
a0137643_08315650.jpg
a0137643_08315680.jpg
土の感触が気持ち良いのか、ご機嫌でした。お砂場の真ん中で転んで、口の中まで砂だらけになった瞬間はさすがに泣いたけど…。


大好きな滑り台にも挑戦。
a0137643_08315626.jpg
a0137643_08315711.jpg
a0137643_08315753.jpg
お腹を下にして滑ることの多い息子が、今日は普通に座って滑っていました。ひゅーん。
a0137643_08315734.jpg
2回やってみて、でもなんか怖かったのか、3回目はまたお腹滑りに戻っていました。

そういうところも、かわいいです。
a0137643_08535496.jpg
お兄ちゃんお姉ちゃんたちみたいに滑ってみたい、やってみよう。やってみたらきもちいい。でもやっぱり少しこわい。いつもの滑り方に戻そう。

自分のいろんな気持ちが自分でわかるようになって、それで彼なりにあれこれ考えてるんだなと想像すると、いじらしいというか、なんというか。


「赤ちゃんが成長する」、そんな、ほぼ全員の赤ちゃんに起こる当たり前のことだけど、自分の子となると、いちいち感慨深くなってしまいます。
a0137643_08535470.jpg
これからも、すくすく育ってね。

-----
■なぜか朝5時前、元気に起床
■絵本に出てくる単語どんどん吸収
■何度もテレビ台に頭をぶつけてしまった

[PR]

by yo54321yo54321 | 2017-06-24 19:06 | 日記
2017年 06月 23日
よく寝る子だけど
a0137643_21124452.jpg
#生後15ヶ月 471days
息子が『ねないこだれだ』を好きで、いつも保育園の先生のところに、読んで欲しそうに持ってくると教えて貰ったので、せなけいこさんの絵本セットを買ってみました。
a0137643_09164642.jpg
早速、予想をはるかに超える食いつき。エンドレスで読むことを求められ、ちょっと疲れるやら、嬉しそうな息子を見てこっちまで嬉しくなるやら。


この中で『もじゃもじゃ』だけは、なんとなく初見っぽい顔で聞いています(今度先生に確認してみよう)。
他の3冊、『にんじん』は「じんじん」、『いやだいやだ』は「やだやだ」、そして『ねないこだれだ』のことは「いえいえ」と言いながら差し出してくる息子。
どうして「いえいえ」と呼ぶのかというと、恐らくおばけが出てくるページが、こんな風だからです。

“…それとも どろぼう?”
“いえいえ よなかは おばけの じかん”
a0137643_22145911.jpg
この、おばけ登場のところでページをめくると、息子も一緒になって「いえいえ!」と張り切って言います。どうやら、おばけの名前が「いえいえ」だと思ってる様子。おばけの名前というか、おばけそのもののことを?

まあとにかく、ほんっとに夢中になっているので、買って良かったです。
絵本を持って私に近づいてきて、ソバまで来たらクルッと後ろ向きになり、ちょこんと私の膝に腰掛ける息子。小さな王様みたいに。

なんだか威張っているようにも見えるその、愛情を一身に受けて、しかもそれを当然だと思っている安心しきった顔に、私はたまらなく癒されます。


“親を癒してくれる存在として”子供を愛する、というのは間違っていると、私が1番感銘を受けた育児書には書いてありました。確かにその通りだと思う一方で、だけどそうは言っても、実際私は日々息子に癒され、そしてだからこそ、より一層息子が愛しい、というのがほんとのところです。

息子と一緒にいる時間はもちろん、離れている時でも、息子のかわいい行動をふと思い出して元気になったり、幸せになったりして、癒されるってこういうことなんだなあと、しみじみ思う毎日です。

-----
■夕飯久々、気持ち良く完食
■最近疲れてるのか1人でスッと寝る
■体重がなかなか10キロいかない

[PR]

by yo54321yo54321 | 2017-06-23 19:23 | 日記
2017年 06月 22日
うちのポンポコ
a0137643_08460931.jpg
#生後15ヶ月 470days
息子のお腹ぽっこりがスゴすぎて、いろんな角度から撮ってみました…。
これは夕食後、母がお風呂の準備をする間に「はらぺこあおむし」の動画を見て待機しているところです。
a0137643_08460952.jpg
a0137643_08461048.jpg
a0137643_08461086.jpg
普段、移動中や家事をしている時にYouTubeを見せることはほぼなく、毎日夕方、歯磨きするタイミングでのみ「はらぺこあおむし」の動画を見てOK!という“特別感”を演出し、おとなしく仕上げ磨きをさせて貰っています。

で、その動画が5分あるので、歯磨きを終えてしばらく息子がYouTubeに釘付けになっている隙に、お風呂とベッドの支度をパパっとする流れです。
いつまでうまくいくかわからないけど。
a0137643_08461057.jpg
今日また図書館で借りた育児書を読んでいて「ほーん」と思ったことがありました。

段階を踏まずにポジティブを押しつけない、ということ。

例えば、すごくお散歩に行きたかったのに雨が降って行けなくなって、子供が泣いて駄々をこねているとします。
その時に良かれと思って「お散歩に行けないけど、家で遊べばいいでしょ。泣かないで」と言うんじゃなくて、その前にワンクッション「そうだね。お散歩に行きたかったね。行けなくて悲しいね」と置くということです。

これについては、私もモヤモヤしたことが何度もあって、ブログにも度々書いた記憶があります。

何か嫌なことがあって、悔しくて、怒りが湧いてきて、それなのにそういうネガテイブな発言は一切しない。それって前向きなのか。
極端な例だけど、病気になって入院をして、痛い思いをしたのに弱音も吐かず、「でもこの病気のおかげで健康の大切さに気づけた」って笑ってる、みたいな。


それは確かに、最終的にはそうなれたら理想的なんだろうけど、じゃあそこで、痛いとか嫌だとか辛いと感じた自分は、どこに行ってしまうのか、といつも思います。ネガティブな自分は「なかったこと」にしてしまうのが、正しいのか。

「なかったこと」にし続けていたら、そのうちポジティブな人間になれるのか。


私には、いったんその悲しみをちゃんと悲しんで、その痛みをちゃんと痛がって、それから立ち直った方が良いように思えるのです。

まあ1歳児に当てはめると、そんなにオーバーな話ではなくて、ちょっと転んで泣いたりした時に「これくらいで泣くんじゃない」って言うことが、たくましく育てるってことではない。「痛かったね。泣いてもいいんだよ」って一緒に立ち止まって、泣きやんだらまた前に進めばいいじゃない、ってことです。
そうしているうちに人間は、いつの間にかたくましさを身につけているのです。


痛みを乗り越えることと、痛みを「なかったことにする」ことは、上辺だけ見たら似ているけど、実際には全然違って、子育てする上では当然、痛みを乗り越えられる子を育てられた方が良いわけです。


そうだよ、そうだよな。と思いながら、ページをめくりました。考えてみると私の人生には何人かそんな風に、優しくて大きなお母さんみたいに、私の悲しみごとを包んでくれる友達がいました。
その人たちのおかげできっと私は、こうして大人になれたんだなと、はっきり感謝しています。ありがたいです。
a0137643_09075927.jpg
本日のランチは、俺の焼肉でした。美味しかったー!

-----
■自力鼻水吸引器は初日以降怖気づく
■先生に肩車され「パパ、パパ!」
■夕飯おかず完食、ご飯半分残す
[PR]

by yo54321yo54321 | 2017-06-22 19:20 | 日記
2017年 06月 21日
ありがとうT田さん
a0137643_20113618.jpg
#生後15ヶ月 469days
信頼している保険屋のおねえさまが家に来てくれて、息子にもお土産を頂きました。毎回毎回、嬉しいやら申し訳ないやら。
ボールはとっても気に入ったようで、さっそく遊んでいます(というか遊ばれてる)。
a0137643_09174167.jpg
a0137643_09174151.jpg
最近息子が突然とんでもなく大きな声を出すので、その都度「シーっだよ」と鼻の前で指を立てていたら、その一連の流れが何かの遊びだと思っているらしく、自分で大声を出し自分でシーをするという、わけのわからない行動を楽しそうに繰り返しています。

「わーー!…シーっ、わーー!…シーっ」

全力のわーー!の後、シーの時には私の真似なのか、やけに神妙な面持ちになるから、ついつい呆れて笑ってしまいます。
a0137643_09174131.jpg
ところで本日、私が今期見ていたドラマがすべて終了しました。
スマホでテレビドラマが見られることを世間からかなり遅れつつも知り、息子を寝かしつけた後にベッドでゴロゴロ見るというのが習慣になってきました。

前クールは、『東京タラレバ娘』『カルテット』『アライフ』の3本。
a0137643_21343663.jpg
内容はともかく役者さんみんな良かった
特に大島優子見直した
a0137643_21343715.jpg
芝居がかった台詞ぞわぞわしたけど
途中から慣れてきて
最終回直前までかなりの吸引力だった
a0137643_21343778.jpg
医療ものって好き
松ケンのキャラ良すぎた



ドラマって見始めたら意外と楽しくて、今クールは毎晩なにかしら見ていた気がします。まあ合う合わないがあるので、タイトルに惹かれて見始めたものの「このノリ苦手だ」で視聴をやめたものもいくつかありましたが。

『貴族探偵』
『緊急取調室』1話で脱落

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』
『女囚セブン』2話で脱落

『フランケンシュタインの恋』4話で脱落

『あなたのことはそれほど』
『母になる』
『人は見た目が100パーセント』
『リバース』
『ボク、運命の人です。』
『小さな巨人』
この6本はどれも面白く見て、無事に最終回を迎えました。

加えてその合間に、『夜行観覧車』『Nのために』という古いドラマを全話見るドラマ漬けな日々。この2作は『リバース』と原作者が同じで、最終回には各主人公がカメオ出演すると知ったため、「そういうことなら過去作品も見ておこう」と思い立ったのでした。
結果、カメオ出演自体は数十秒とあっけなかったけれど、どちらも良作で面白かったです。


テレビドラマなんて見なきゃ見ないで生きていけるし、熱中するほどのものではないかもしれないけど、今期、最初から最後まで見た6本はそれぞれ胸を打たれる台詞があったり、心に残るシーンがあったり、役者さんに魅入ったりして、日々のちょっとした楽しみになりました。
a0137643_21343762.jpg
恋に恋する中学生くらいのメンタルのまま大人になった
ミツのクズっぷりにイラっ
でも続きが気になって見てて
最後まあまあスッキリした
a0137643_21343899.jpg
1話目のユイがとにかく良かった
途中からホームコメディみたいなノリで困惑
a0137643_21343893.jpg
3人と國木田さんのやり取り大好きだった
あと、ブルゾンの声が個人的に好み
a0137643_21343855.jpg
藤原竜也がちゃんとダサくて感心した
ミステリーとしては…うーん?
リバースのおかげで見ることにした
過去の湊かなえ作品の方が良かった
a0137643_21343986.jpg
登場人物全員魅力的で応援したくなった
実在する人物を応援するみたいな気持ち
みんなに幸せになって欲しい
小ネタ満載、伏線回収も楽しかった
a0137643_21343936.jpg
脚本がビックリするくらい酷い
これ…どうすんのさ…
って展開なので逆に毎回気になって見てた
失笑と役者さんへの尊敬の念が入り混じった


以上。
備忘録がてら一言感想を書いておきました。私もずいぶんTVっ子になったものです。

-----
■なんでも「あか」という
■靴を片方なくした→保育園にあった
■帰り際のハイタッチかわいい


[PR]

by yo54321yo54321 | 2017-06-21 19:30 | 日記
2017年 06月 21日
近頃の「うーん」
a0137643_17233102.jpg
#生後15ヶ月 468days
お風呂上がりの一杯…ぷはーっ!
a0137643_09185034.jpg
まだ赤ちゃんだった頃に頂いたジェラピケのポンチョをバスローブがわりに、水分補給にいそしんでいるところです。
このぷはーっ!の流れが楽しいらしく、私が止めるまで何度も繰り返していました(それを連写する母)。
a0137643_09185046.jpg
a0137643_09185021.jpg
普段は保育園から帰宅してまずご飯を食べ、その後30分くらいゆっくりしてからお風呂に入るのを、今日は順番を逆にしてみました。

お風呂の後にご飯だと、手や顔を汚してしまう可能性が高くて悩ましいんですが、ご飯の後にお風呂だと…ここのところ湯船で便意を催してしまうことが続いているので、ちょっと困っているのです…うーん。


ついでにもうひとつ、最近の「うーん」は、息子がことあるごとに玩具を踏んづけてしまうことです。玩具の上に乗るというか。
やるたびに「玩具から降りようね。壊れちゃうよ。玩具が痛がってる。駄目だよ」と真剣に伝えているんだけどなかなか通じません。

というか、親の顔を見て「あめー(駄目)」と言いつつ手をバツにして玩具に乗るので、駄目というのはわかっていて乗っているようなのです。なぜ。

もしかして、私にもっと構って欲しいんでしょうか。構っているつもりだけど。

たいていのことはちゃんと聞き分けてくれるのに、玩具に乗るのは頑なにやめてくれないので、保育園の連絡帳で先生に相談してみました。

すると、その相談に関しては「そうなんですね笑」くらいの軽い扱いで、代わりに息子の良いところが何個か挙げられていました。
曰く、息子は「ナイナイ」と言いながら進んでお片付けをする“優等生”である。泣いているお友達がいると「いいこいいこ」をして慰めてくれる。

息子の良いところを見て、正の言葉をかけてあげましょうよ、というアドバイスでした。

そっかー…。

息子が良い子だっていうのは十分わかっているし、褒めてもいるし、感謝もしています。たくさん良いところがあるのだから、ひとつかふたつ、してはいけないことをしても、そこは大目にみた方がいいのでしょうか。
私が深刻に考え過ぎなのかな?

単純に、悪いことだからやめさせたいという以外に、これはまだうまく言葉を話せない息子からの、なんらかのメッセージかもしれない、真意を読み取りたい!とも思ってしまいます。
それこそ深読みし過ぎ?


「育児に正解ナシ」の言葉通り、まだまだ手探りの日々は続きます。

ぷはーっ!
a0137643_20190729.jpg
-----
■キウイ大好き
■蛇と人参の絵を指差して名前を言う
■お迎え時荷物を用意してくれる笑

[PR]

by yo54321yo54321 | 2017-06-21 09:11
2017年 06月 19日
とんとんとんとん髭じいさん
a0137643_20254266.jpg
#生後15ヶ月 467days
朝のヨーグルトを食べてた息子からちょっと目を離した隙に、ヒゲじいさんになっていました。
朝ご飯はバナナとオートミールを混ぜたヨーグルト、それにスティックパンというのが定着してきて、すっかり息子が自分で完食できるようになったものの、まだまだ口の周りや手やテーブルを汚してしまいます。
a0137643_09102405.jpg
食後に息子を洗ってやる余裕がないほど忙しい朝は、夫がヨーグルト担当なのですが、息子からすれば「自分でできるから、自分でやりたい!」となって、少し不満気です…、大人の都合でごめんよ。もう少し上手に食べられるようになったら任せるからね。
a0137643_09102417.jpg
さて今日は有給をとって、病院ハシゴをしてきました。

先月の人間ドックで要精密検査の項目がいくつかあったのです。眼科(緑内障疑い)・呼吸器科(喘息、肺年齢93歳)・婦人科(子宮頸がん疑い)・それに加えて母乳外来で「気になるシコリがあるから」と勧められた乳腺外科にも行ってきました。


加えて、妊娠出産のタイミングで患ったらしい、痔。産後2週間くらい痛くて塗り薬を貰っていたのですが、それ以降特に痛みもなく、ただ異物感がずっとあるので、どうにかならないかと診て貰ってきました。

すると驚いたことに、この異物感は痔ではないとのこと。出産の時に何らかの原因で腫物ができてそれが治り、伸びた皮膚が元に戻らないせいで出来物みたいになっているんだそうです。

気になるようなら切除できる、それも、部分麻酔をしてチョンと切るだけだから5分で済むと聞き、この機会に手術(?)して貰うことにしました。病院行ってみて良かったー!


今日はせっかく有給をとったのだからと、病院ハシゴの合間にクリーニングを出したり郵便局に行ったり薬局に行ったりしていたら、結局バタバタしてしまいました。

でも、ちょっとした不安は解消できたし、とても有意義な1日でした。
a0137643_20404780.jpg
武膳 ゴボ天うどん

-----
■「どぅじょー、どぅどー」
■ちょこん椅子がお気に入り
■またしても…お風呂で…

[PR]

by yo54321yo54321 | 2017-06-19 19:50 | 日記
2017年 06月 18日
お父さんありがとう
a0137643_21475989.jpg
#生後15ヶ月 466days
新米お父さんを祝う、父の日。
息子が保育園で作ってきてくれたリバーシブルのネクタイと共に記念撮影です。
a0137643_22120594.jpg
a0137643_22120690.jpg
たくさんスタンプが押されて、模様になっています。

思えば去年の父の日には生後3ヶ月だった息子はまだゴロゴロ寝ているばかりで、私が足型をとって、似てない似顔絵をプレゼントしたのでした。
a0137643_22585259.jpg
a0137643_22585324.jpg
a0137643_22585346.jpg
a0137643_22585398.jpg
それが今年はいきなり、息子自身がふんだんにスタンプを押したネクタイのプレゼントですよ。くー!
成長ってすごい。これ本当に毎日思うから、なんかブログがワンパターンになるけど。


昨日も公園で、しみじみ思いました。私の記憶の中の0歳の息子は、いつも行く児童館のほんの小さな滑り台すら、最初はまったく滑れませんでした。階段がたった2段くらいの、なんでもない高さだったのに、そもそもそこに上るなんて発想も出てこなくて、周りをハイハイで回るだけでした。

それが1歳3ヶ月ともなると、親がビックリするような普通の高さの滑り台に、ガンガン上っていくわけです。いや、昨日も同じこと書いたし、しつこいですがね。


さらに来年には…、あるいは小学生になったら…、息子はどんな風に成長してるでしょうか。楽しみです。でも少し怖くもあります。

昨日の公園にも、小学校低学年くらいの男児のグループが来ていて、ちょっと危なっかしいゲームをしたりしてて、いつか息子もこうやって子供だけで遊びに出かけるんだなあと考えたら、複雑な気持ちになりました。


そういう自分が彼らくらいだった頃は、毎日幼馴染たちや姉弟と近所の公園で大騒ぎしていましたが、大人がいない時に限って滑り台から落ちて怪我をしたり、動いているブランコに突撃して出血したりといったアクシデントがやたらに起こっていました。
当時は子供の立場だったので、そんなことはいつでもすぐに笑い話にしていたけれど、親の視点からすると、たまったもんじゃありません。
いずれは、息子だってそうなるんだろうな。やだ怖い。本音はずっとソバにいたいです。
でもそれじゃ過保護ですね。子離れせねば。

小学校なんてまだかなり先の話だけど、息子が0歳の時の父の日と、1歳になった父の日がだいぶ違う気がして、いや案外、あっという間に成長するのかもなあなんて、ふと思ったのでした。

-----
■言葉がどんどん出てきた
■昼寝中のヨダレ半端ない
■へっぴり腰みたいなポーズかわいい

[PR]

by yo54321yo54321 | 2017-06-18 19:20 | 日記
2017年 06月 17日
土器土器
a0137643_21451601.jpg
#生後15ヶ月 465days
今日はいつもよりちょっと足を伸ばして、大きな滑り台のある公園まで行ってきました。
a0137643_21302311.jpg
a0137643_21302489.jpg
これ、結構高さがあったのにピューっと滑ったので感心しました。そっか、いつの間にかこんなことも平気でやっちゃうんだね。まあ最後に頭をゴツンしてしまったんですが。

普通に座った状態で滑ると、まだどうしても倒れて頭を打つし、さらに最後のところで飛び出してお尻を地面に打ってしまいます。
誰に教わるでもなく、何度も滑っているうちに自然とできるようになるんでしょうか。そしてある日突然、何食わぬ顔で滑ってるんでしょうか。
a0137643_21302425.jpg
隣の広場にあったこちらの小さな滑り台の方は、安心して遊ばせることができました。
a0137643_21302413.jpg
a0137643_21302473.jpg
エンドレスで楽しむ息子。
a0137643_21302571.jpg
a0137643_21302589.jpg
a0137643_21302503.jpg
a0137643_21302657.jpg
こういう瞬間の子供の、好奇心でキラキラしている顔って大好きです。生きるエネルギーを感じて、私の方まで気分が高揚しました。
a0137643_22070210.jpg
a0137643_22070376.jpg
高揚ついでに息子を誘って乗った遊具で、あからさまに嫌な顔をされる母。どうやら彼にはこの前後に揺れる遊具の楽しさをまだ理解できないみたいです。

ちなみに先日別の公園で、このタイプの遊具におじいちゃんが乗って、盛大に後ろにひっくり返っていました。一緒に来ていたおばあちゃんと孫に助けを求めていたのが微笑ましかったです。
a0137643_22070389.jpg
a0137643_22070307.jpg
さてこの公園は5つの広場からできていて、さらに進んで行くとなんと竪穴式住居があります。突然の古代感。
中には昔の人々を模した人形が家族で暮らしています。息子の反応を楽しみにしていたんだけど、スルーでした。
a0137643_22070470.jpg
思ったよりずっと遊べて、大満足で公園を後にしました。それから普段歩かない道を通って、普段行かない大きなスーパーに寄り、アイスを買い食いして帰りました。スタバのフラペチーノがどんどん高騰する中で、クーリッシュのコスパの良さに脱帽です。

-----
■「へび(蛇)」「あめ(亀)」認識
■たくさん歩いた
■明け方の咳、喘息かも?

[PR]

by yo54321yo54321 | 2017-06-17 20:20 | 日記
2017年 06月 16日
世界一のクッキー
a0137643_21460276.jpg
#生後15ヶ月 464days
息子が保育園でつくってきてくれた、世界一美味しいクッキーを食べました。

息子が通っているのは小規模保育所で、0・1・2歳クラスまでしかありません。そんなに小さな子達でも、クッキーを作れるんだということにまずびっくりしました。

先生方、大変だろうなあ。でもちゃんと焼けていて、ちゃんと美味しいクッキーでした。お母さん感動。
a0137643_21033822.jpg
これはもう何度も何度も思っていることですが、息子を保育園に入れて本当に良かったです。最初は育休が終わるのが寂しかったけど、結果的には保育園のおかげで、私1人では味わわすことのできなかったであろう経験をたくさんして、息子は日々目覚ましく成長しています。

まさか1歳3ヶ月という早い段階で、息子の手作りクッキーを食べられるなんて…私はなんという果報者なのでしょうか(大袈裟)。

中には明らかに先生の手による、形の整ったクッキーもありましたが、息子がコネコネしたであろう、道端の小石みたいにイビツなカタマリが愛しくて、ピカピカに輝いて見えたのでした(大袈裟)。
a0137643_21033873.jpg
クッキーの入れてあった、紙コップを利用した容器にもまた、息子のセンスがキラリと光っていました。

-----
■お友達とバイバイ&ハイタッチ
■保育園帰り支度してくれる
■夕飯前にお風呂入ってみた

[PR]

by yo54321yo54321 | 2017-06-16 20:00 | 日記
2017年 06月 15日
つかめそうでつかめない
a0137643_21134400.jpg
#生後15ヶ月 463days
TVの中のタワーがなかなか掴めなくて、カツンカツンと何度かトライしている息子。

そういえば彼にとって、TVってどんなものなのでしょう。最近は朝のEテレの、ピタゴラスイッチとかなんだこれ商会とかをまあまあ熱心に見ていて、その時は黙って座っています。
でも今日みたいに、TVの中のものを触ろうとして手を伸ばすってことは、ソコニナニカガアルって感覚なのかな?

よく、世の中にTVが出回り始めた頃の笑い話なんかで「箱の中に小さい人が入ってお芝居をしていると思った」なんて、嘘だかほんとだかわからないようなエピソードを聞きますが、赤ちゃんにとってTVって、そんな感じなのかな?
まだそこまで考えてないか?
a0137643_20394484.jpg
さて本日の連絡帳。読んでニヤニヤが込み上げてきました。

▷テントウ虫を見つけると「アー!」とジェスチャー付きで教えてくれました。

ここまでは、わかります。

▷虫みたいな葉っぱを見つけ、他の子をびっくりさせて遊びました。

って、なにその遊び。かわいい。私もコッソリ見たいです。いいなー、先生w

-----
■保育園でお別れの時たくさん泣いちゃった
■食べたくないものは食べない強い意志…
■咳と鼻水ちょっと気になる

[PR]

by yo54321yo54321 | 2017-06-15 20:00 | 日記