タグ:ビオラ ( 126 ) タグの人気記事

2016年 08月 07日
ビオラと息子
a0137643_20411542.jpg
育休中のオーケストラの、サマーコンサートの日です。今回の演目はモーツァルト。
聴きには行きたいなと思っていたものの、主人が週末泊りがけのお仕事になってしまい、息子を預けることならず。残念〜。
けど土日返上の主人は比べ物にならないくらいしんどい思いをして働いてるんだよね、いつもお疲れ様です。

そんな今朝、6時に起きて片っ端から窓を開けるとなんとも良い風が入ってくるではありませんか。
これは、完全に洗濯日和です。
ちょうど主人は不在だし、チャンスを逃すまいと、主人の布団を洗濯機へ。それから汚れが気になっていたレースカーテンも外して洗濯機へ。やはり大物は、よく晴れていて尚且つ風がある日にやらないと。
あとはマリオの仲間たちを全員ベランダに連れて行き、日光浴をさせました。
a0137643_20411679.jpg
これね、テレサを干すのがまあまあ大変でした。
なんといっても我が家のテレサは腕が短すぎるのです。照れ屋なのでマリオが振り向くと顔を覆う、というキャラクター設定もあえなく崩壊です。
a0137643_20411649.jpg
腕くらいしか洗濯バサミで止められる部位がないのにこんなに短いもんだからすぐ落ちちゃって…

でもまあ、最終的には全員ちゃんとお日様の光を浴びてふかふかになりました。
a0137643_20411635.jpg
ズラリ。

あ、集合写真にマリオが入っていない。
a0137643_20411686.jpg
やり直し。


さて、冒頭の我が子とビオラのショットは、本日本番を控えたオケ仲間に激励のラインをするために撮ったものです。
なんと我が子、弦を指で弾いて、ボンボンボーンと音を奏でておりました。コントラバスみたいになってたけど。
a0137643_20411720.jpg
a0137643_20411715.jpg
もう少し大きくなった時、楽器に興味を示してくれたら嬉しいなあ。

ちなみにこのビオラはものすごく昔に買った安物ですので、なんの躊躇いもなく我が子に触らせています。
オケ仲間の中には、車が買えちゃうくらいの値段がするバイオリンを弾いている方もいますが、そんな素晴らしいもの、保管とかかなり神経質になってしまうだろうなあ。
と思いながら、安物ビオラの私はと言えば、我が子を楽器ケースに入れてみたりして遊んだのでした。やりたい放題です。
a0137643_20411795.jpg
a0137643_20411756.jpg
a0137643_20411834.jpg
a0137643_20444256.jpg
それにしてもビオラが松ヤニでカピカピですね。たまにはメンテナンスをせねばね。

-----
■ラグ敷かない方が過ごしやすそう
■室温32度まで上がるも風が吹いて汗かかず
■入浴の流れ、要検討

[PR]

by yo54321yo54321 | 2016-08-07 20:50 | 日記
2015年 11月 24日
"オーケストラがやって来た"
a0137643_2193096.jpg
久しぶりにオーケストラ仲間と会ってご飯を食べた夜。
美味しいイタリアンをシェアしてお腹いっぱいです。

故・山本直純氏の音楽エッセイを一冊読了しました。

『斎藤メソッド』で有名な、かの齋藤秀雄氏に師事した指揮者で、
小澤征爾氏ともご学友だったようです。
新日本フィル指揮者団幹事、日本作曲家協議会理事、日本音楽著作権協会評議員、
と何やら厳めしい経歴が書かれておりましたが、
なんとあの『歌えバンバン』や『こぶたぬきつねこ』を作ったのはこの方だったそう。
わおー!
a0137643_2193495.jpg

a0137643_2194047.jpg
さて、私ときたら体調不良だ引越しだおまけに仕事も忙しいだなんだかんだで、
ビオラを押し入れに仕舞い込んだまま、触れることすらしていません。
所属しているアマオケを休団して半年以上が経ち、
はっきり言ってオーケストラが、クラシック音楽が、恋しいです。ものすごく。
たまに無性に、みんなと一緒に演奏したい衝動にかられます。
渇望。

その渇望を癒すべく手に取ったこのエッセイ集でしたが、
正直、思っていた内容とは全然違ったのでした。
私が求めていた、クラシックに関するありがたいお話、というよりは、
陽気なおじさんのちょっとした雑談のノリ。

ただ最後に、というか、随所に、
プロとしてではなく、アマチュアで音楽に携わるのであれば、
楽しく味わい、楽しく親しむことが何よりだ。
ということが書かれていて、嬉しかったです。
こういうエライ方が、こういうことを言って下さると、
私のようなアマチュアはとても嬉しい。

頭では、「プロじゃないんだし、下手だけど、まずは楽しもう」
と思っているつもりでも、実際に演奏しているとそうはいかないことばかりです。

アマオケの中には、
それこそプロを目指していたようなものすごく上手いアマチュアも、
大人になってから軽い気持ちでバイオリンを始めてみました、というレベルの方も、
ごちゃまぜにいます。

もちろんみんな音楽が大好きで、
でもだからこそ、意見がぶつかることだってあります。
ただただ純粋に楽しみたい人、
やるからには少しでも洗練された音楽を奏でたい人、
すぐに音を外してしまう人を許せない人・・・

自分なんかはオケの中でも一番下手な人間だったので、
むしろみんなに優しくしてもらいましたが、
時々誰からも責められていないのに、
一人で勝手に申し訳ない気持ちでいっぱいになって気おくれしてしまったり、
どうしてこんなことも出来ないんだろう、みんなの演奏を台無しにしてごめん、
と委縮してしまって、音楽を楽しめなくなったりもしました。

下手でもいいじゃんなんて思ってない、
下手なまんまでいいなんて思ってない、
でも練習しても練習してもなかなか上手に弾けない、
どうすればいいのー!もっと上手になりたいよー!
と、もがくことはしょっちゅうでした。

だけど根本には、音楽を楽しみたい、
ねえ私、楽しくて楽しくてたまらないよ!って思いながら、
オーケストラの隅っこでビオラを弾いた、
初めての演奏会の、あの時の気持ちを忘れたくない、という想いがあります。

それをなんだか、改めて思い出しました。
全部が落ち着いたらまた、きっとビオラを背負って練習場所へ行こう。
自分がオーケストラの一員であるということは、本当に素晴らしいです。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-11-24 21:09 | 日記
2015年 08月 21日
新しい楽譜
a0137643_18552914.jpg
8月も後半に突入し、
いよいよ9月になれば、所属しているオケの練習が再開します。

チャイコフスキーの5番の楽譜を貰ったけれど、
まだまったく楽器を出してもいなくて、
果たしてどうなることか、心配です。

うーん、でも、
オケに復帰するとなったら、
本番演奏する以外にもいろいろな役割があるし、
裏方作業も皆で分担してやらなければいけないし、
とりあえず合宿はきっと参加できないだろうし、
考えれば考えるほど、休団するのがベストな気がしてきました。

ただYoutubeでモーツァルトを聴くと、
ものすごくものすごーーーく後ろ髪を引かれるのです。
(ちなみにチャイ5は、現時点でそこまで好きな感じではない・・・)

ああ、どうしよう。

どうせ出ても出なくても大した戦力にはなっていないおかげで、
「ゆっくり考えて決めていいよ」
と言ってもらってはいるのだけど。

ああ、どうしよう。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-08-21 18:55 | 日記
2015年 08月 11日
次はチャイコ
a0137643_16423061.jpg
さてそろそろ、来期の演奏会について考えねばなりません。
このまま体調が元に戻らなければ休団だし、
頑張って出るなら出るで、すぐにでも練習を始める必要がありそうです。
なんせ、もうずーっと、楽器を触ってさえいません。

オケ友達と久しぶりに会って、
ご飯を食べながら色々話しました。

行きの電車では、「次回はチャイコフスキーの5番だし、ぜひ出よう!」
と思っていたにも関わらず、
その後食事の途中からどんどん具合が悪くなってしまって、
バイバイして帰りの駅のホームでは、堪えきれずしゃがみ込んでしまうという体力の衰え。

電車でもクラクラしながらどうにか家に辿りついた時には、
すっかり弱気になり、や、やっぱり休団しようかな・・・
と思ったのでした。

チャイ5と、モーツァルトのフルートコンチェルト。
是非是非、出たい!とは思うのですが、どうなることやら。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-08-11 16:42 | 日記
2015年 08月 08日
ベト4
a0137643_161141100.jpg
本日は所属しているオーケストラのサマーコンサートがありました。

と言っても、体調をずっと崩していたため出演することが出来ず、
主人に付き添って貰ってどうにか聴きに行けた、という感じでした。
たくさん練習をしたし、練習をしていくうちにどんどん惹き込まれて大好きになった曲で、
皆が演奏をしている瞬間に客席にいる自分がもどかしく、
途中でくやし涙が溢れてしまいました。

旋律のバイオリンや、よく響くチェロコントラバスの音や、堂々とした管楽器の迫力に紛れつつ、
私の耳にはやっぱりビオラの内声がよく届いて響き、
頭の中で一緒に演奏させて貰いました。

ステージの上の仲間たちはとてもキラキラとしていて、
早くまた、この仲間と一緒に演奏したいなあ、と強く思いました。
a0137643_16114449.jpg
久しぶりに外出をしたので、
主人とラーメンを食べて帰りました。
荻窪といえば!の、春木屋。
私としてはどうしても、AKIRAの春木屋を思い出してしまうけれど。
a0137643_16114710.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-08-08 16:11 | 日記
2015年 07月 22日
交通会館にて
今日は所属しているオーケストラの、
ビオラパートだけで練習がありました。
体調不良で欠席してしまいましたが。

パート練をやろうという話が出た時に、
日程を合わせたり、場所を検討したり、終わったら何を食べようかと話したり、
すごく楽しみにしていたのにー。

なんか最近、日記がこんな内容ばかりで「また言ってんのかよ」という感じですが、
でも、本当に、残念でなりません。
あーあ。
あーあ。

今回も頑張って演奏会の練習をしてきましたが、
この調子だと恐らく本番出られなさそうです。

オケの仲間が、心配してたくさん連絡をくれてびっくりしています。
何か必要なものない?大丈夫?と気にかけて頂いて、
ああ、良い仲間に恵まれたなあ、
ますます、このメンバーで演奏を楽しみたい気持ちでいっぱいになります。

あーあ。
あーあ。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-07-22 20:27 | 日記
2015年 07月 15日
コソ練
a0137643_2041679.jpg
退社後ビオラを背負って池袋まで行き、
バイオリンズと4人で2時間自主練をしました。

まだまだエアビオラで誤魔化してしまう箇所、多数です。
恥ずかしい。
でも少人数でアンサンブルをしていると、
中学時代の部活を思い出してきゅーんとします。
演奏する全曲を一通りやって、良い練習になりました。

辛くて美味しい麻婆豆腐を頂いて帰りました。

最近ほんとによく麻婆豆腐を食べております。
塩分やばそうだな…
a0137643_2041349.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-07-15 20:03 | 日記
2015年 07月 04日
M3
a0137643_13491550.jpg
本日のオケの練習は、東京芸術劇場で行いました。

いつもの練習場所が取れなかったため、
芸術劇場のリハーサル室を借りることになったわけですが、
音の響きも良いし、設備も整っているし、
さすが芸劇!これから毎回ここでやりたーい!と思いました。ははは。


指導は、今後のコンマス候補の音大生の方がやって下さって、
予想以上に素晴らしい4時間でした。

我々アマチュアのレベルに合わせて、
時として演奏会の曲からいったん離れ、
ちょっとした基礎練習のようなことに時間を割いてくれます。

例えば、レガートとマルカートの弓の使い方を交互にやってみたり、
簡単な音階を弾いて、左手の指がなめらかに動くようにしてみたり、
メトロノームを使った練習をしてみたり、
そして、ある程度やってから、また曲の方を弾いてみると、
さっきよりもずっと、音楽が形になっているのです。

練習が始まった直後に比べて、
最後に合わせた一楽章は、格段に成長したと思えました。
まあ気のせいかもしれないけれど。

まだ若いのに凄いなあと感心してしまいました。


さて、スーパーマリオとタワレコのコラボが、
いよいよ明日の日曜日で終わってしまいます。
今ならばタワレコのあの黄色いショッピングバッグに、
マリオがちょこんとついていて可愛いですよ。
a0137643_13491242.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-07-04 13:48 | 日記
2015年 06月 21日
ふれあいまつり
a0137643_9021.jpg
今日は、とある地域のお祭りで、
小さなコンサートをしてきました。

クラシックではなく、子供やお年寄りの方向けのプログラムで、
毎年うちのオーケストラが参加しています。

今回は例年以上にたくさんのお客様にいらして頂き、
すんごーーーく楽しかったです。

私たちの演奏に合わせて合唱曲を歌って下さったり、
手拍子をして下さったり、
とても温かい時間でした。じーん。


打ち上げはいつものピザ屋さんへ移動して乾杯。
こちらも毎年恒例の、ヒッコリーファームです。
本日指揮を振って下さった先生のお隣の席にたまたま座って、
思いがけず色々お話しすることができました。


笑顔いっぱいのお客様や、
一緒に演奏を楽しめる仲間や、
素晴らしい指導者の方に恵まれて、
今日の私達の音楽は、いつにも増して喜びに満ち溢れていました。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-06-21 08:59 | 日記
2015年 06月 20日
川の流れの・・・
a0137643_22231625.jpg
本日も元気にオーケストラの練習へ行って来ました。

実は今回の演奏会は、今までで一番、嫌などきどきが止まりません。
オケにはコンマス(=コンサートマスター、女性ならコンミス)というリーダーがいます。
うちのオケでは、芸大生のHサンという、
とっても才能のある素敵なお嬢さんが、彼女がまだ芸高生だった頃から、
長年コンミスとして我々を引っ張ってくれていました。

しかし卒業してプロになるにあたり、
今回の演奏会からはHさんがコンミスではなくなってしまうのです。

Hさんがコンミスじゃないうちのオケなんて・・・
いったいどうなってしまうのー!!

と心配と不安とをぐるぐる抱えながら練習に励んでおります。

まあとは言ってもでもやっぱり、音楽は楽しいですが。
演奏していると、いろいろ駄目なところもあるけれど、
いつも明るい光が目の前にばぁーーーっと広がります。
好きだ好きだ、音楽が好きだ!ビオラが好きだ!
という気持ちで胸がいっぱいになります。
それで、わけがわからないぐらい満たされてしまいます。


今日はビオラの見学者の方がいらっしゃって隣で一緒に弾き、
練習の合間に、どうでしたか?大丈夫でしたか?と軽く雑談をしたところ、
いやぁ、初見だったので全然弾けなくてーなんて謙遜されておりましたが、
最後に「でもやっぱり、楽しいな!」とにこにこしながら言ってくれて、
こちらまで嬉しくなりました。
そうですよね。楽しいですよね。楽しいんですよね。


さて、明日は地域のお祭で、
子供達や年配の方々の前でミニコンサートをしてきます。

毎年、ディズニーメドレーや、時代劇メドレー等を演奏するのですが、
今年はトトロと、「川の流れのように」が新たに加わりました。
ベートーベンとオベロン序曲を練習した後、
お祭参加メンバーだけで集まって、ささーっと明日の曲をさらいました。

わけあって、ビオラは私1人。

まあでも、クラシックのコンサートの時のあの緊張感はゼロです。
和気藹々と楽しむだけなので、
それほど気負わずにビオラ1人で演奏しておりました。
うんうん、私も成長したものだ。

で、「川の流れのように」の前奏が終わって歌部分が始まった途端、
周りの楽器が鳴りをひそめたのです。
え、え?私、楽譜読み間違えた?ここ、休符なの?誰も弾いてない?
と、きょとんとして指揮者を見やると、
私に向かってタクトを振って下さっている様子・・・

そこで改めて、楽譜を注視してみたら、
「Solo」って書いてありました。
い、いきなりの、ビオラ、ソロ!

何かの間違いか、と思いつつどうにかこうにか弾き切って、
内心、編曲者の暴挙に笑いそうになりました。
いや、違うか。私が油断し過ぎなだけですね。全国のビオラ弾きの方に失礼ですね。

明日の本番は、ビオラが3人に増える予定なのでまあいいのだけど、
この自分が、練習とはいえまさかのソロ、という、
貴重な衝撃体験でした。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-06-20 22:22 | 日記