タグ:ライブ ( 33 ) タグの人気記事

2015年 05月 09日
そばにいよう
a0137643_20291034.jpg
本日のオーケストラの練習は、
指導者が久しぶりのコンミス様でした。

実は彼女はなんと高校生の頃から、
うちのオケのコンミス兼トレーナーをされているのですが、
いよいよプロとなり多忙を極めておられるようで、
これまでみたいに毎週毎週練習に参加、というわけにはいきません。
それで、今日はかなり久しぶりの彼女のご指導の日だったのでした。
ちょっと緊張して練習に臨みます。

ずいぶん年下なのに、やっぱり感心してしまう、
彼女の指導の仕方、彼女の話し方、彼女の出す音色。

まあ音色に関しては、もちろん背負ってきたものが違うのだから当然としても、
普段、自分が仕事をしている時によく思うのだけど、
ひとに何かを説明して、理解して貰うのって、なかなか難しいことです。
だから彼女が、
ド素人の私にもわかるように作品の解説をしてくれたり、
音の作り方や弾き方のコツを教えてくれたりする時の、そのスキルの高さに驚きます。

よくあんなに、ぴったりの単語がぱっ、ぱっ、ぱっと出てくるなと思います。
単語の選択を間違えない、
だから、彼女の指導は聞いていて気持ちが良いです。
(技術的に、それが出来るかどうかはまた別の問題ですが)


練習が終わって急いで家に戻って楽器を置き、
今夜はそのまま立川に向かいます。

大好きな太鼓叩きのムッチャンから、
「友達が立川でお店をオープンしたからライブするよー」
とのお誘い。
a0137643_2029470.jpg
お客さんの半分以上が知った顔で、
いつものように乾杯に乾杯を繰り返します。

酒豪の皆が3杯、4杯、とグラスを空けていく間、
私は最初の1杯で最後まで乾杯をし続けておりました。

くだらない話をして、くだらなくない話をして、
楽しい気持ちでいっぱいになりました。
ずっと音楽の、そばにいよう。
a0137643_2029713.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-05-09 20:28 | 日記
2014年 10月 26日
スカビル2014
a0137643_252710.jpg
マイガールからワンダフルワールドの流れで、
完全に時計が10年巻き戻るスカビル日比谷野音!

今日はお天気にも恵まれ、野外でスカのライブです。
a0137643_252461.jpg
まさかのオイスカ始まり。
いつもはもっと会場が酔っ払った頃に始まるので、
スタートがオイスカというのがなんとも変な感覚でした。
ちょっと客側もノリ切れず、「ライブ」よりはむしろ「コンサート」みたいな印象。
うまく言えないけど。
a0137643_2372010.jpg
オイスカが終わって後ろの方でちょっとお喋りしていると、
偶然にも美人親子に遭遇しました。きゃー!

そういえば自分史上スカ全盛期だった頃には、
イベントに行けば友人知人にたくさん会えて楽しかったのでした。
その感覚をちょっと思い出しました。
a0137643_25564.jpg
知らないバンドが続いたので、
いったん野音を出て、近くのカフェでのんびりします。
後からもう1人増えて、これで全部で5人。
私はそれぞれとお茶したり、連絡を取ったりしていたけど、
みんなが一同に集まることってすごく珍しい。実は貴重なひとときでした。
a0137643_25891.jpg
さて、秋の日はつるべ落とし。

野音に戻るとあっという間に日が暮れてしまいました。
後ろの方でまったり聴いたり、
好きな曲がかかったときだけしゃしゃり出て踊ったり、
割と自由な感じで最高でした。
a0137643_251117.jpg
オールスターも終わって最後のDJ、
昔いつも一緒にイベントで踊ってた大好きな2人の姿を見ていたら、
思わず半べそかきました。
a0137643_251315.jpg
そして、私は思ったのです。

曲自体も演奏自体も、そりゃイイにはイイ、すごくイイんだけど、
冷静に考えると何も泣くほどイイわけじゃありません。
でもその曲とかそのバンドとかその場所とか一緒にいる友達にもうたくさん思い出が詰まってて、
それで、私、懐かしくて涙が出たんです。

彼女たちが馬鹿みたいに踊ってるのを見て、
馬鹿みたいなんだけど胸打たれた。

あの20代の日々があったからこそ、
他のひとにとってはただの音楽が、
自分にとってはなんか泣けちゃうくらいの価値もってんだな、とか思ったら、
何か得たいの知れないものに、圧倒されてしまいました。ああ楽しかった。本当に。


帰りがけに撮った写真を後から見たら、
私はもう随分とへろへろになっておりました。
今日という日を全力で楽しんだのでした。
a0137643_252181.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-10-26 00:27 | 日記
2014年 06月 30日
そこは地球屋
a0137643_14483967.jpg
昨日の夜は国立へ行きました。

大好きなむっちゃんの太鼓や、
みちこちゃんが「人妻に」といってくれた塩、
自分のめでたい話と、友達のおめでたい話、乾杯、ナンのピザ。
a0137643_14484118.jpg

a0137643_14484269.jpg
あたたかな夜でした。

さて、いよいよ2014年の上半期が終わります。
今日は暦の上では月末ですが、
会社のカレンダーでは月初、という扱いで、
ばたばた仕事をしていたらイライラするくらい空腹でした。
お腹が空いて苛立つなんて初めての経験ですw

ストレスもあるのかな?

家に辿り着くまで辛抱できず、
東京駅でカレーを食べて帰りました。
a0137643_14485343.jpg

a0137643_14485141.jpg

a0137643_14485018.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-06-30 14:47 | 日記
2014年 05月 27日
ヤバディヤバダ
a0137643_2334299.jpg
友達に声をかけてもらって、行く行くー!と、
いつものようにたいして詳細も確認せずに即答し、
集合場所に到着したらグリーンルームのアフターパーティーでした。わーい。
a0137643_2334525.jpg

a0137643_233476.jpg

a0137643_23341086.jpg

a0137643_23341163.jpg

a0137643_23341415.jpg
GREENROOM FESTIVAL'14 AFTER PARTY @渋谷クアトロ
a0137643_23341693.jpg

a0137643_233418100.jpg
スカを聞いて最高に気分がよくなって、
最高の季節がやってきたことを確信しました。

既にご存知の方も多いかと思いますが改めて広報します。
みんなー!!!夏がきたよー!!!
a0137643_23342677.jpg

a0137643_23342452.jpg
ヤバディヤバダー、ヤバディーディーヤー
a0137643_23342884.jpg
最後にこれは、
センター街の外れで良い年をした大人たちが車座でお酒を飲み、
クアトロ前で「ちょっと尋常じゃないくらいかっこつけて写真を撮ってみよう」
と言って撮った何枚かの写真のうちの2枚です。

尋常じゃないくらいかっこつけるはずが照れてお茶目だったりして、
なんだかそういうキメきれない具合もひっくるめて、大好きな仲間たち。
a0137643_23343783.jpg

a0137643_23343153.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-05-27 23:33 | 日記
2014年 04月 26日
また逢いましょう
a0137643_23282935.jpg
ヨガ友達がピアノを叩く陽気なジャズを聴きに、ミントンハウスへ。

ハロバンド最後のライブでした。
最後のセッションを観ていて、
音楽っていいなあとしみじみ思いました。

ありがとうハロバンド。


We'll meet again,
don't know where,don't know when,
but I know we'll meet again, some sunny day.

Keep smiling through just like you always do,
till the blue skies drive the dark clouds, far away.

So will you please say hello to the folks that I know,
tell them I won't be long(i wont be long)
They'll be happy to know that as you saw me go
I was singing this song.

We'll meet again,
don't know where, don't know when.
but I know we'll meet again some sunny day.
Keep smiling through just like you all ways do.
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-04-26 23:28 | 日記
2014年 03月 23日
THE WILD ROVER
a0137643_1515457.jpg
新木場コーストで、セントパトリックスデーのお祭。

先週末、代々木公園では緑のビールで乾杯しましたが、
今日はアイリッシュよりのバンドが集まって音楽でセントパトリックスデーをお祝いします。

トリはチェリーコークス。
思えばチェリコ結成当時、よく遊びに行ってたバンドと対バンをしていて、
まだ初々しい彼らの音楽でわあわあ踊ったものでした。
まさかこんなに息の長いバンドになるとは正直思いませんでした。
こんなに大きなイベントで、
ワントラやジュニアも出るイベントで、
トリをつとめるとは。

一緒にたくさんのライブに行った、チェリコが好きだったナアチャンは、もうママになったよ。
最後に会った時、保育園の役員さんをやっていたよ。しみじみ。


さて、今日は他にも好きなバンドがたくさん名前を連ねていて、
ジャポニカンズやら、フォギーやら、リトルファッツやら、
タイムテーブル片手にステージを移動して、てんやわんやの大忙しです。

そして今日はバンドの他に、昼間まだ暖かい時間帯の野外ステージでは、
王道のアイリッシュミュージックが心地よく流れてもおりました。
a0137643_1511185.jpg

a0137643_151366.jpg

a0137643_1513439.jpg

a0137643_151791.jpg
一応弦楽器奏者としては、バイオリンに目を奪われます。
今さらですが、弓の持ち方が全然違うんだなあと、ガン見。

演奏を終えたバイオリンの女の子に話しかけると、
普段はクラシックと民俗音楽を半々ぐらいでやっているんだそうです。
あんなに上手に弾けたら気持ちが良さそうだなあ。
a0137643_151944.jpg
ラスティック、スカ、メロディックパンク、ちょっとジャズ、時にポップス、
な感じで今日は久しぶりに踊ります。
a0137643_1513298.jpg
激しめの音楽にも関わらず、
花粉症が酷いのかマスク姿だったのがなんだか微笑ましい。
a0137643_154465.jpg

a0137643_1543164.jpg
久しぶり過ぎることも手伝って、
もう楽しくてたまりません。
イベントに通いまくってた頃のようにはカラダが動かないけれども、
いや、だって、あの時は本当に赤い靴の呪いみたいに踊ってたんだもの。
たまに休んで、たまに飛び跳ねて、
そして良い感じで本日の私的メイン、ジュニアの時間がやって参りました。
a0137643_1514094.jpg
ふおぉぉぉおぉぉおおぉ!
渋い。渋い渋い。
私が20代の頃に既にオトナだったわけだから、
もういいオジサンのはずなのに、なんであんなに色あせないのでしょうか。
a0137643_1514699.jpg

a0137643_151489.jpg

a0137643_1515088.jpg
洗濯機の中みたいにぐるぐると音に翻弄されているうちに前の方にたどり着き、
一番前にかぶりついていた女の子がちょうどその場を離れるところだったらしく、
わざわざ私の腕を掴まえて「ここ、いいよ」と交代してくれる優しさ。
a0137643_151523.jpg
おかげで野郎共のモッシュからもダイブからも安全圏で、
間近のジュニアを楽しむことができました。ありがとうありがとうありがとう。
a0137643_1515685.jpg

a0137643_1515865.jpg

a0137643_1541981.jpg
ふーぅ。
褒め言葉としての厨二病という単語がこんなに似合うバンドは他にいないぜ。

ところが実はこの時、
ステージ前のバーに内臓を押し付けて「ん・・・むぐぅ!」となる一瞬がありまして、
以降、どうもお腹が痛くなってしまいました。

その後のフォギーはなんだか昭和歌謡ロックのような変貌を遂げており、
「~~~なストォリィー、ベイビー」
みたいな歌詞に呆然とし、あまりノル気にもなれず、
ステージ脇で体育座りをして聴くというまさかの状況。

でも最後にやってくれた『月になんて』はさすがの名曲でした、相変わらず。

まあ私の好みが時代についていけてないだけだもしれないし、
今はああいうのが流行なのかもしれないので別にいいんですが、
お腹の痛みによる苦痛を持ち直すような“いい波”が、その後訪れず・・・

実はチェリコを見れないまま、新木場に別れを告げてしまいました。
無念。そして、友人に申し訳ない。
後にひとり残して来てしまった彼女いわく、
「チェリコもヴィジュアルロックバンドみたいな歌い方になっちゃってた」
とのことでした。
時代の変化なのかなー!

そういえばもう一つ、イベントの最中にふと思ったのだけど、
昔はこういう大き目のイベント(DBRとか)に行くと、
少し歩くと友達に会い、また少し行くと友達に会い、「おおお!」とか言って乾杯し、
どこのステージに行っても誰かがいて、一緒に踊って、
音楽聴きに行くのと、友達に会いに行くのと半々だったな、なんて。
まあこれも時代の変化ってことで。

よっぽどの大ファンか、もしくは自分が演者とか、スタッフだとかじゃない限り、
ある程度の年齢になったら足が遠のいて当たり前だもんね。
「楽しいこと」「楽しみ方」って自然にシフトしていくものだからね。

ってなんか、まとまりもなく。


最後は腹痛により不甲斐ない感じになってしまいましたが、
全体的に見てなかなか素敵な日曜日でした。
a0137643_1511358.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-03-23 14:59 | 日記
2014年 02月 20日
その夜、とびらの中で起こった出来事
a0137643_2334563.jpg
下北とびらで、インダスアンドロックス。
とびらいぶ。
a0137643_2334742.jpg
ラムチャイ、出逢い、テキーラ。
a0137643_23324736.jpg

a0137643_23333163.jpg

a0137643_23333330.jpg

a0137643_23333511.jpg
ジョンちゃんの隣で辛いタイ料理をたいらげて、
その不思議な音の世界に身を委ねます。
a0137643_2334174.jpg
変態的ギターに心をぎゅいんぎゅいん奪われながら、思い出しました。
こういう音楽を全身に浴びながら、
そういえば両耳を手で塞いだり開放したり、高速でするのが大好きだった。

ぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁ


代々木公園のトランスのイベントでやったら魂が飛び出しそうなくらい気持ちよくて、
いつもしてたやつ。
a0137643_2334329.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-02-20 23:27 | 日記
2014年 01月 05日
おと遊び
a0137643_23044907.jpg
連休最終日。

高円寺でみんな集まるよ、と呼ばれて顔を出すことにしました。 
a0137643_23045283.jpg
しかし出かける準備をしようと化粧道具を探すと、
なぜかどこにも見当たりません。

どうやら昨日、伊東に忘れてきたようです。
いろんなところに電話をして結局化粧ポーチは見つかり着払いで送って頂けるとのこと。
下地から何から何まで、アイラインもマスカラも眉毛もなく数日過すのは辛いですが、
まあ見つかってよかったです。

とりあえず、この数年まったく出番がなく家に放置してあった、
やたらにゴールドのラメが入った黒いアイライナーを太めに引いて、家を出ました。
高円寺で友達と落ち合い、みんなの集う地下の扉を開けると、
あとはもういつもの騒ぎでした。
a0137643_23045582.jpg
a0137643_23050077.jpg
a0137643_23050303.jpg
a0137643_23050808.jpg
しばらく喋ったり飲んだり食べたり浮かれたりしていると、
そのうちにバリトンサックスの音が流れ始めました。

楽器でも歌でも踊りでも写真でもDJでも、
なにか出来るひとが集まって、
出来ることをして楽しもうという、そういうやつ。
a0137643_23051175.jpg
a0137643_23051416.jpg
a0137643_23051750.jpg
a0137643_23052035.jpg
バリトンサックスがあり、パーカッションがあり、ディジュリドゥやジャンベがあり、
写真が壁を彩り、ベリーダンサーが空間を舞って、DJがあの曲をかけ、みんなで歌い、
そのうちにギターを抱えてまた友達が現れて歌い、
私はその時のみなの顔をとても好きだと思う。
a0137643_23052350.jpg
ただ居酒屋でお酒を飲んで騒ぐのよりも、
ずっと安心する。
ただ居酒屋でお酒を飲んで騒ぐのも、それはそれで楽しいのに、
そうじゃない自分がどこかにいて、
まだ20代前半の頃に出会った古い仲間とあの頃みたいに音楽で遊んでいると、
私はとても安心する。
a0137643_23052624.jpg
そんなわけで、パワーが充電できた夜だったのでした。
a0137643_23053077.jpg
a0137643_23053381.jpg
みんな、今年もよろしくね。
a0137643_23053750.jpg



[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-01-05 23:04 | 日記
2013年 12月 20日
一番あがったのはランシド
a0137643_14221920.jpg
ケムリのライブのためマユとお台場に集合しました。

もう開始時間は過ぎていたけど、
アメリカンイーグルで可愛いパンツを見つけていそいそと漁る。
きゃぴきゃぴして楽しい。
a0137643_14222625.jpg
ライブは最初真ん中辺りにいたのだけど、
1曲目の途中でマユと顔を見合わせて頷き、前へ前へ。

気づいた時には私はモッシュピットで汗だくだくのもみくちゃにされていました。

大袈裟じゃなく頭上を100人くらいのダイブキッズが流れていき、
後ろからダイブしてきたみんなの靴で顔面を蹴られるんだけど、
そんなことは本当にどうでもよくなってしまうくらいただただ楽しい。

最近めっきり行かなくなったけれど、
これまで行ったたくさんのイベントやライブや大小様々ななんやかやを思い出して血が騒ぎ、
とっくに体力の限界を越えたはずの運動不足の両足も、
なぜかいつまでもぴょんぴょん動いておりました。
(後で筋肉痛に苦しむ)

そしてくさい言い方をするならば
「変わってくものと変わらないもの」のことなんかを考えたりして、
自分やっぱりこういうのが好きっす!
とアザだらけの身体でマユに熱く語りました。
a0137643_14222321.jpg
外でガンダムに遭遇し、
興奮さめやらぬまま記念撮影をして帰宅。素晴らしい夜。
a0137643_14222177.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2013-12-20 14:22 | 日記
2012年 11月 10日
100050歳の誕生日
a0137643_23245241.jpg
デーモン閣下の聖誕祭でした。

100050歳の誕生日をお祝い、もとい、お呪いするため、
渋谷のライブハウスへと行ってきたのですが、
まぁ今日は長い一日だったので順を追って話すことにしましょう。
a0137643_23245813.jpg
昼下がり、新宿でなんだかんだありまして、
ナウマンの写真展に顔を出すことにしました。

建物の場所はフライヤーを頼りに向かうつもりが、
肝心のフライヤーをうっかり忘れてきてしまったため、
適当に見当をつけて大きな通りを歩き続けること30分以上。

全然到着しません。
そしてお腹だけがどんどん減っていきます。

もう駄目だ・・・と思いかけた頃、
新宿通りと靖国通りをずぅっと間違えてたことに気づき脱力。
折れそうになる心をなんとか建て直し、
とりあえずラーメンを食べました。

ラーメンの写真をFB にUP したら何人かの友達から、
ラーメン屋さんの名前を当てられました。
すごい。見ただけでなんでわかるんだろう。

そんなわけで心も体も温まり、
また元気に富士フォトギャラリーを目指したものの、
歩き続けていつの間にか代々木に辿り着いてしまい、
どうやら通り過ぎてしまったようだと後戻り。
交番で道を尋ね、やっとの思いでナウマンの写真展に到着したのでした。
a0137643_2325268.jpg
「ビルって綺麗だな」と、
思わず感心しちゃうような写真たちでした。
そう、ビルって綺麗なんですね。

ナウマンとぺちゃくちゃお喋りし、
後から来たお友達ともぺちゃくちゃお喋りし、
もうギャラリーも閉まってしまう時間なので、
じゃあ今から皆でご飯でも・・・なんてお誘いに乗りかけて、
「いや、今日は閣下の誕生日だし!」
と、急いで渋谷に向かったのでした。

ものすごく長いこと迷子になってしまったせいで、
全ての予定が後ろ倒しになっている・・・反省!
a0137643_23251236.jpg
遅刻しつつやっとライブハウスに着きました。

先に来ていた友人とトイレにこもって、
せっせとお化粧です。
なんか高校時代を思い出します。
a0137643_2325812.jpg
放課後になるといそいそとお化粧してさ、
街に繰り出して行ったあの頃。るんるん。

手持ちのお化粧品(ハロウィンの残り)でパパパっとお化粧をした我々は、
聖飢魔Ⅱファンの皆様のメイクと比べてどうも歌舞伎っぽく、
まぁ浮いていましたが気にしない気にしない。
a0137643_23251579.jpg

a0137643_23252689.jpg
一見怖そうに見えなくもないオジサマ方ですが、
馴れ馴れしく話しかけたらちゃんと優しくお話してくれました。
a0137643_23252940.jpg
交流を楽しんでるうちにマー閣下のライブが始まり、
その魅惑の歌声に度肝を抜かれました。
かっこいいー。
a0137643_23253861.jpg

a0137643_23253550.jpg

a0137643_23253242.jpg
正直、予想をはるか斜め上に上回るかっこよさでした。
良い声が出るように、前日は早めに眠るんだそうです。
a0137643_23254012.jpg
全てのライブ終了後は、
悪魔たちの撮影大会が始まりました。

今日のイベントは閣下風メイクをすると500円OFFだったらしく、
あっちにもこっちにも悪魔がうようよしています。
なんて楽しげな光景なんでしょうか。
a0137643_23254832.jpg
閣下、おめでとう。
我々は勝手に集まって、勝手にあなたを祝いました。

これからも長生きしてくださいね。
a0137643_23255172.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2012-11-10 23:20 | 日記