タグ:新宿 ( 83 ) タグの人気記事

2016年 01月 22日
いちご!いちご!いちご!
a0137643_21444176.jpg
新宿ヒルトンの、イチゴブッフェに行って参りました。
毎年行きたかったのだけど気づくと予約が埋まっており、
なかなか実現しなかった、夢のイチゴづくしです。
もうね、イチゴのゲシュタルト崩壊。
a0137643_21444164.jpg

a0137643_21444150.jpg
どうせ食べ切れないくせに全種類お皿に取りたくなる誘惑に必死で抗い、
ひとまずこのような感じで私とセッちゃんの宴がスタートしました。
a0137643_21444201.jpg

a0137643_21444280.jpg
スポンジでパサパサの喉を飲み放題のコーヒー、紅茶で潤し、
甘いものに飽きたらサンドイッチやチーズフォンデュで塩気を補給。
頑張ればエンドレスでいけそう…、
頑張れなかったけど私は。
a0137643_21444243.jpg
一応、全力を尽くすべくワンピースは着て行ったんですがね。
最後の方ちょっともう、嗚呼フライドポテト食べたい、みたいな心境になってしまいました。

そのくせやっぱりイチゴが大好きで、
帰りがけに立ち寄った地元スーパーのイチゴ売り場でふと足を止め、
さっき死ぬ程イチゴ食べたはずなのに、既にイチゴを欲している自分に呆れたのでした。

今日は、イチゴに対して100%の力を出し切れたかは甚だ謎ですが、
でもイチゴと同じぐらい大好きなセッちゃんとのんびりアレコレ話せたので、良い日でした。

marble lounge : 新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京

[PR]

by yo54321yo54321 | 2016-01-22 21:26 | 日記
2015年 07月 10日
Moana
a0137643_18382584.jpg
新宿高島屋のハワイアンでディナー。

「ご飯、何にする?」
という質問に食べたいものがなーんにも思い浮かばず、
「スムージーが飲みたい!」
とかろうじて答える、蒸した夏の夜でした。

こちらのお店には、数種類のヘルシーなスムージーがあって、
食欲の落ちる夏には絶対おすすめ。
自分もきっと、また近いうちにすぐ訪れると思います。

Moana Kitchen Cafe : 渋谷区 タカシマヤ タイムズスクエア 千駄ヶ谷5丁目24−2
[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-07-10 18:38 | 日記
2015年 06月 29日
夏のはじまり
a0137643_2262242.jpg
ここ数年、私の夏の始まりを告げるのは、
この顔ぶれではしゃぐビアガーデンです。
a0137643_2262548.jpg

a0137643_2263213.jpg
去年も一昨年も来たけれどメニューがパワーアップしておりました。
お酒の種類もスイーツも充実しているし、
“ガーリッシュビアガーデン”を名乗るだけあって、
女子には嬉しい、清潔感のある小奇麗な雰囲気です。

みんなでひたすら冗談を言い合って、

明日絶対頬骨痛くなってんで!
そんなわけあるか!

とケラケラ笑って、実際まあ痛くなったりはしないのですが、
でも今年もほんとに楽しかったです。
a0137643_2262991.jpg
しかし昨日も今日も、梅雨の割には良いお天気だけど、
夕方になると一気に冷えます。

ビアガーデンでも遭難者のごとくガタガタ震えながらビールを流し込み、
BBQはお肉を焼いて食べるというよりは、もはや焚き火感覚。
手のひらをかざし、暖を取っておりました。


うっかり半袖な自分を恨みつつ、
真夏の蒸し蒸しとうだるような暑さが恋しい、初夏の夜です。
a0137643_226203.jpg
Botanical Terrace : 新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿店屋上LUMINE garden9
[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-06-29 22:06 | 日記
2015年 06月 28日
ランチ イン ギョエン
a0137643_1961152.jpg
御苑でピクニックをしてきました。

雨かも~なんて言っていたのに、
夏のようなお天気で、朝から気分も上がります。
私達が20代だった頃、好きな音楽のイベントに行くと、
約束していなくても必ず誰かがいて乾杯して一緒に踊りました。
a0137643_196821.jpg

a0137643_196617.jpg
今日集まったのはそんな、古い、大好きな仲間です。

子供たちと一緒になって走り回っていたら即効で疲れてしまった。
朝まで踊ったあの元気はいったいどこへ消えてしまうんだろう。

たくさん話せて楽しくて、
また絶対に次回も集まろうよ~と言い合ってバイバイしました。
頻繁に会えるわけじゃないけど、ほんとに友達って財産だなあと思いました。
a0137643_196345.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-06-28 19:05 | 日記
2015年 03月 07日
散弾銃の会Vol.1
a0137643_001481.jpg
女3人寄ればくちびるから散弾銃。

大好きな岡崎京子の話でもしようよって集まってお茶を飲んだら、
どこが好きか、とか、なんで好きか、とか、三者三様で面白かったです。
a0137643_001173.jpg
本日のドレスコードは、オカキョンにちなんで80年代。
それぞれの思う80'sエッセンスを取り入れております。


さて、私の一番好きな作品は断然pinkですが、
好きな台詞はというと、リバーズエッジの吉川こずえ。
世の中みんなキレイぶって、ステキぶって楽しぶってるけどざけんじゃねえよって。
ざけんじゃねえよ、いいかげんにしろ。
あたしにも無いけどあんたらにも逃げ道ないぞ、ザマアミロ。


例えば私自身が、ステキぶって楽しんでる時にも、
心の中のこずえが毒づいています。いつも。
a0137643_002041.jpg

a0137643_001670.jpg
ピーク・ラウンジ : 新宿区西新宿3-7-1 パークハイアット東京 41F
[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-03-07 00:00 | 日記
2015年 03月 06日
ブラームスのごほうび
a0137643_23314186.jpg
TRIBEKS で、先日の定期演奏会の後夜祭をしました。

そもそも今回の演奏会は、
しばらく基礎練習に集中したいので休団をする、と最初は言っていたのを、
同期の団員さんと指揮者の先生が熱心に止めて下さって、
考えに考えた結果、参加することにしたのでした。

クラシックに疎い私はブラームスの交響曲第一番なんて聴いたこともなく、
試しにYoutube で「どれどれ・・・」と聴いてみたところで、
1度や2度聴いたぐらいで良さがわかるハズもなくて、
周りの団員さんが、「ブラ1乗らなかったら後悔するよ」なんて忠告してくれるのを、
「ふぅ~ん、そういうもんかな?」と半信半疑でいました。

でも、今は本当に、乗ってよかったと思います。

弾けば弾くほどブラ1が大好きになりました。
a0137643_23312852.jpg

a0137643_23313243.jpg

a0137643_23313742.jpg

a0137643_23411416.jpg
私は、指揮者の先生は、私のことを認識していないと勝手に思っていました。
だってオケには団員が何十人もいるし、
その中でも自分なんてまだまだペーペーだし、
先生はうち以外にもたくさんのオケを指揮しているからです。

だけど先生はちゃんと覚えて下さっていて、
「どうだった?ブラームス、楽しめた?楽しかった?乗ってよかった?よかったでしょう?」
と、大きな優しい目で私の目をしっかり見て笑って下さいました。

休団しなくて良かった。
コンミスさんにも、
「もう二度と休団するなんて言っちゃ駄目だからね。
 誰でも引き止めてもらえるわけじゃないんだよ。
 先生に止めてもらえたってことをありがたいと思いなさい」
と言われ、ああそうか、そうだよな、頑張ろうって、
この素敵なオケと出会えたことに心から感謝をしました。

来期も、少しでも良い音楽を創れるように、たくさん練習をしよう。
a0137643_23314512.jpg
TRIBEKS : 渋谷区代々木2-2-1 小田急ホテルセンチュリーサザンタワー20F
[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-03-06 23:30 | 日記
2015年 03月 05日
She is HERE!
a0137643_2321394.jpg
ダヨンと東京で再会。

人生初の海外旅行がカナダへのワーホリで、
当時はもちろん英語も話せず、いろんなことにドキドキしていた私の、
向こうで初めてできた韓国人の友達です。

お互い帰国をしてからもFBで連絡は取っていましたが、
会うのは5年ぶりだし、次に会えるのはまた数年先になるかもしれません。
そんなことを考えると、会えて嬉しい気持ちに混ざって、
いきなり寂しかったり、切なかったりしました。


今日は絶対泣かないって約束をして、
だけどお互い顔を見てたらうっかり泣きそうになるから、
2人で並んで前を向いたまんま、
長いことお喋りしてました。

なんだか夢みたいだね?夢じゃないよね?
夢でもいいから、目がさめてもずっと覚えていたいよと、
言い合って笑いました。

Hugged my Korean lil sis Dayoung for the first time in 5 yrs. We promised not to cry and chatted without seeing each other at the hotel lobby (cuz I was close to tears).
It was like a dream.
OK if it was just a dream, I wouldn't care about it and never forget the beautiful dream.
[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-03-05 23:20 | 日記
2015年 02月 14日
つぼ焼き
a0137643_0185472.jpg
演奏会本番を一週間後に控え、ビオラ三昧です。
星飛雄馬か私かってぐらい熱血しております。
なんらかのビオラ養成ギプスなどがあれば、もちろん装着したいです。

今日の練習は、主にピアノコンチェルトでした。
圧巻のピアノ!
そして練習後はお腹が空き過ぎて、ロシア料理をぺろりとたいらげました。
a0137643_0184936.jpg
尊敬してやまないビオラの先生に、
「あー、先生の隣で弾けたら、本番もっともっと頑張れるのに~」
などと軽い気持ちで甘ったれた発言をしたところ、
その後紆余曲折あり、一緒に出演して下さることになりました。

ブラームスの交響曲第一番を、先生の隣で弾きます。ひー。

こんな光栄なこと、もう二度とないと思います。
プロオケの演奏を鑑賞することはあっても、
プロの隣で演奏するなんてまさに生れて初めて。
例えばレッスン中に私が上手に弾けなくて、
「そこは、こうだよ~」
なんつってササっと弾いてみせて下さることはあるけれど、
本日含め、ここ数回の熱い練習で先生が奏でる音は、
本当に豊かで、やっぱりプロって違うなー、なんじゃこりゃー!と、
隣で弾きながら激しい感動に襲われています。

音が、全然違う。
もうね、私なんてね、持ち前のボキャブラリーの貧困さをここぞとばかり発揮して、
心の中で、「すごっ…え、すごっ…まじすごっ…」って、
50分間やたらに“すごっ”しか出てこないです。

次の日曜はいよいよ演奏会本番。
引き続き練習を頑張って、きっと、良い演奏会にしてみせます。
a0137643_0185240.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2015-02-14 00:18 | 日記
2014年 12月 20日
エディる?
a0137643_142039.jpg
2014年最後の、オケの練習でした。

オーケストラ関係の短い文章を書く機会があったので、
過去のブログを「ビオラ」というキーワードで縛って振り返ってみたのですが、
練習のたびにもがいてて、落ち込んでもいるのだけど、
ビオラが好きって気持ちがどんどんどんどん大きくなっているのがわかって、
じーんとしました。

ビオラに、このオケに、出会えてよかったなあ。


今年の練習納めを無事に終え、エディアールに向かいました。
a0137643_1420965.jpg
普段私は、同じご飯屋さんにそう何度も行かない性質で、
もちろん、特別なコンセプトがあったり、友達が働いていたり、
“そのお店で集まること”に意味がある場合は別ですが、
基本的には、まだ行ったことのないお店に足を運びます。

そんな中、ここエディアールは珍しくお気に入りで、
先月訪れたばかりなのにまた来てしまいました。
とっても私ごのみです。
a0137643_1420690.jpg
今日はこの後、吉祥寺でクリスマスパーティがあります。

毎年恒例、カナディアンの友達が、
七面鳥を丸焼きにして待っていてくれるのです。
最後には20人くらいで丸くなってプレゼント交換をする、
彼の人柄があらわれるような、温かなパーティです。

もう少しだけ、家が、駅から近いと嬉しいのだけど。
[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-12-20 14:20 | 日記
2014年 12月 17日
Carriera
a0137643_93558.jpg
ヒルトンの地下に潜って、
オケの友達とクリスマスディナーを頂きました。

あちこちに飾られたツリーとか、イルミネーションは、
いくつになっても私をうきうきさせてくれます。
a0137643_935848.jpg

a0137643_934763.jpg

a0137643_935084.jpg

a0137643_934383.jpg

a0137643_934011.jpg
前菜の盛り合わせからスタートして、
バーニャカウダ、カルパッチョ、魚、お肉、
最後にウニのパスタとデザートの盛り合わせ。豪華!贅沢!
こ、これは大人数じゃないときついです。でも、どれも美味しかった。
a0137643_933789.jpg
今年も1年お疲れ様でした。


私達のオーケストラにも変化の時期が訪れていて、
そのことを考えると、頭ではわかっていても、やっぱり寂しい気持ちになります。
主に社会人が、趣味でやっているアマチュアオケなので、
若い実力のある人は時期がくれば抜けていくし、
ましてやどんどん忙しくなるプロの方が、いつまでも在籍してくれるわけもないと、
うん、理解はしてるんだけど。

自分自身も、2月の演奏会が終わったら、
今度こそ休団をして基礎練習をばっちりやろうと思っています。
本当は今期休団する予定だったのですが、
「せっかくの10周年だから」ということで、とりあえず先延ばしにしておりました。

でも今考えたら、先延ばしにして本当に本当によかったです。

どうやら2月の演奏会は、
特別なものになりそうです。


ああボウイングつけなきゃ、とか、ピアコンの16分音符が弾けないやとか、
週末の練習に向けて最後の最後までボヤきながら解散。
今日は電車の中で阿川佐和子の短編集を読んでいたのだけど、
「偉大な作曲家も皆、その時代の日常を持った一人の人間だったのだ。」
という一文が最後の方に出てきて、あたたかい気持ちが胸に湧きました。

クラシックのことなんて、今もわからないけど今以上にわからなかったオケ入団当時、
トレーナーの方々や、先輩や、先生や、指揮者の方が、
音楽に纏わるたくさんの話をして下さって、
ある瞬間から、これまでとは決定的に違うイメージでもって、
ベートーベンやブラームスに向き合うことが出来るようになりました。

その時に私を捉えたのも、彼女と同じ気づきでした。
偉大な作曲家が、一人の人間だったこと。


あの新鮮な発見が連れてきた豊かなイメージ、
最初にそれを考えた時の、目の前が明るくなるような感動を、
思い出してまた感動しました。
a0137643_935248.jpg

[PR]

by yo54321yo54321 | 2014-12-17 09:03 | 日記